MarkMonitor

【新gTLD】ドメイン名優先登録受付情報(2020/11/19)

【新gTLD】「. forum」最新情報   《サンライズ登録対象TLD》 № TLD サンライズ 申請期間 ランドラッシュ 申請期間 一般登録 申請期間 プロバイダ ブロッキング 有無 1 .contact 2020/09/29 | 2020/11/27 - 2020/12/9 Donuts Inc. あり 2 . forum 2020/11/16 | 2020/12/16 - 2021/3/2 CentralNic なし   《一般登録対象TLD /537TLD》※2020年11月19日現在 TLD .abogado .creditcard .holiday .photography .tienda (.shop) .academy .creditunion .homes .photos .tips .accountant .cricket .horse .physio .tires […]

マレーシアドメイン名「.biz.my」登録受付開始のご案内

マレーシアドメイン名「.biz.my」登録受付開始のご案内   マレーシアのサードレベルドメイン名「.biz.my」の登録受付が開始されます。 下記にスケジュール等の詳細をご案内いたしますのでご確認ください。 【一般登録】 申請期間  :2020年09月16日(水) ~   登録ルール :マレーシア現地名義での登録が必要(代理登録サービスの提供あり)   使用可能文字:ASCII文字(a~z)・数字(0~9)・ハイフン(-)   先願順での登録受付となりますため、登録をご希望の場合にはお早めにお申し込みください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。 【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ

優れたセキュリティでドメイン名を確実に保護する コーポレートレジストラ

STATTON HAMMOCK Vice President, Global Policy & Industry Development Clarivate   優れたセキュリティでドメイン名を確実に保護するコーポレートレジストラ GoDaddy、Network Solutions、Register.comをはじめとする人気の高いリテールレジストラでは、 GoDaddy、Network Solutions、Register.comをはじめとする人気の高いリテールレジストラでは、ドメイン名およびホスティングシステムのセキュリティ侵害が、それぞれ報告されています。ドメイン名は、オンラインビジネスの世界で最も重要な知的財産です。企業の知的財産を無防備な状態にさらすようなことは、決してあってはなりません。自社のオンラインプレゼンスの「重要資産」を守るため、今日の企業は、強固なセキュリティ、保護機能、そして24時間警戒を怠らないカスタマーサービスチームを備えたドメインレジストラを必要としています。 こうしたニーズに応え、より高度なセキュリティと専門知識を提供できるのが、MarkMonitorのようなコーポレートレジストラです。   ポータルの違い ドメイン名は、登録者用「ポータル」またはユーザーインターフェースで管理されます。優れたコーポレートレジストラは、セキュリティの脅威やコードの脆弱性の監視・テストを常時行う、ドメイン名管理ポータルを提供しています。ハッカーやフィッシャー、ボットネット作成者は、新しい形の攻撃を次から次へと生み出していきます。コーポレートレジストラは、システムに潜む脆弱性をあぶり出してセキュリティを強化し続けることによって、新たな攻撃に先手を打ちます。 リテールレジストラと異なり、コーポレートレジストラのプロセスとシステムには、サービス開始時から、徹底したセキュリティ対策が講じられています。   セキュアなログイン ポータルサイトには、インフラセキュリティの強靭化が不可欠ですが、同時にセキュアなユーザーアクセスの確保も必要です。MarkMonitorでは、多要素認証を必須としており、アカウントユーザーによるIPアクセス制限の設定が可能です。また、独自のIDプロバイダー経由でのユーザーアクセス制御を容易にする、シングルサインオン(SSO) も提供しています。企業のコアドメインにアクセスできる人数を制限することで、侵害行為のリスクは低減されます。 リテールレジストラでは、こうしたセキュリティ機能やMarkMonitorが提供している同等レベルのユーザーアクセス制限は、多くの企業のセキュリティ責任者が求めているにもかかわらず、ほとんどのリテールレジストラでは提供されていません。   レジストリロックで対策を万全に MarkMonitorは、レジストラ最多となる85の「レジストリロック」サービスを導入しており、.COM、.ORGをはじめとするトップレベルドメイン名および.US、.DE、.EUなど多数のccTLDがその対象となっています。 レジストリロックを適用すると、レジストリとレジストラの両者によって指定された高セキュリティプロトコルが確認されるまで、すべてのドメイントランザクションが行えなくなうようレジストリレベルでロックされます。さらに、高度なレジストラレベルのロックと組み合わせると、クライアントとレジストラ間で指定されたプロトコルの確認を求められるため、「二重」のロックがかけられた状態となり、意図しないネームサーバーの更新、ハイジャック、およびソーシャルエンジニアリング攻撃を防止するためのセキュリティが強化されます。   セキュリティのプロフェッショナル ドメインセキュリティはコーポレートレジストラの核となるサービスであるため、担当するエンジニアも、SANS、CISSP、CompTIAといった情報セキュリティ組織から認定を受けた高い技能を持つプロフェッショナルです。クラリベイトのプロフェッショナルチームは、プラットフォーム全体のセキュリティを高い水準で確保するために、社外の第三者に委託してシステムの侵入テストを毎年実施するなどし、セキュリティを可視化しています。   専任のカスタマーサービス 何百万ものドメイン名ユーザーのアカウントに関する問い合わせに対応するために、リモートコールセンターに多数の従業員を必要とするリテール レジストラと違い、MarkMonitorのようなコーポレートレジストラでは、アカウントに精通した熟練の専任クライアントサービスマネージャー(CSM)から成る小規模なチームを置いています。CSMは、お客様の第二の目として、クライアントアカウントの変化や異常な挙動を監視します。アカウントの監視は、すべてのドメインに対する変更や更新が、権限をもった担当者による適切なものなのかを確認するために、24時間体制で行われます。ドメインの変更や更新(ネームサーバーの変更など)は一瞬で行えますが、DNSの特性上、意図しない更新や悪意のある更新の修正には24時間から48時間を要することがあります。 熟練の専任スタッフが頻繁に監視を行う中で、コーポレートレジストラはアカウントの異常な変化を見つけ出し、企業が必要に応じて対策を講じることができるようすばやく通知します。 最後に、ドメインセキュリティの確保は、登録者とレジストラの両者の共同責任です。リテールレジストラはクライアントのポートフォリオを保護するためのセキュリティ機能を提供しますが、その機能は、Webサイト構築、メールマーケティング、Webホスティング、Eコマースプラットフォーム、ロゴデザインなど、多数展開するサービスの中の1つにすぎず、十分なレベルとは言えません。セキュリティに重点を置くコーポレートレジストラを使用することで、企業のオンラインアイデンティティを最大限保護することが可能になります。   原文はこちら

弊社発行のSSLサーバ証明書の有効期間変更について

弊社発行のSSLサーバ証明書の有効期間変更について   2020年9月1日より、全てのSSL証明書発行会社は有効期間が2年以上のSSLサーバ証明書の発行を停止するよう求められており、それに伴い弊社でも、2020年8月12日以降にご注文いただくすべてのSSLサーバ証明書の有効期間の上限を1年に変更させていただきます。   2020年8月12日までにご注文いただき、9月1日までに発行される有効期間2年間の証明書はその後2年間有効となりますが、8月12日以降にご注文いただく場合には、すべての証明書の有効期間が1年間となりますのでご注意ください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ

Apple社の「Safari」に適用されるSSL証明書の有効期間変更についてのご案内

Apple社の「Safari」に適用されるSSL証明書の有効期間変更について   来る2020年9月1日より、Apple社のブラウザ「Safari」は有効期間が13ヶ月未満のSSLサーバ証明書のみが適用されるよう仕様が変更されます。   2020年9月1日より以前にインストールされた証明書は引き続き「Safari」でも有効となりますが、2020年9月1日以降に発行されたSSLサーバ証明書について、有効期限が13ヶ月以上のものは「Safari」では無効となりますのでご注意ください。   「Safari」の仕様変更は、Webサイトの安全性を高めるために、業界全体で提唱されているSSLサーバ証明書のライフサイクルの短縮化の流れと一致するもので、そのほかのブラウザについても、今後適用される証明書の有効期間の上限が定められる可能性があります。   また、弊社では昨年よりSSLサーバ証明書の取り扱いを開始しております。 弊社のSSLサーバ証明書サービスをご利用いただくと、ドメイン名と同じ管理システムで効率的に管理いただくことが可能となります。 サービスの詳細内容につきましてはお気軽にお問い合わせください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ

ブラジル サードレベルドメイン名登録受付開始について

ブラジル サードレベルドメイン名登録受付開始について   下記のブラジルのサードレベルドメイン名の登録受付が開始されます。 app.br / dev.br / log.br / seg.br / tec.br bib.br / coz.br / des.br / det.br / enf.br / geo.br / rep.br 下記にスケジュール等の詳細をご案内いたしますのでご確認ください。   【一般登録】 申請期間  :2020年07月21日(火) ~   登録ルール :ブラジル現地の企業・個人が登録可能 app.br / dev.br / log.br / seg.br / tec.br 上記TLDは弊社で提供する代理登録サービスの利用が可能です bib.br / coz.br / des.br / det.br / enf.br / geo.br / rep.br […]

タイドメイン名「.th」登録受付開始のご案内

タイ セカンドレベルドメイン名「.th」登録受付開始について   毎年、期間限定で登録受付が行われているタイセカンドレベルドメイン名「.th」の登録受付が再度開始されました。 受付期間が限定されたプレミアムドメイン名のため、登録をご希望の場合はお早目にご申請ください。   【サンライズ】 申請期間  :2020年06月01日(月) ~ 2020年7月29日(水) 15時まで   登録ルール : 下記のいずれかの文字列が登録可能です ①タイ商標として登録済みの文字列 ②タイ現地名義で登録済みの商標同一文字列(商標登録国は問わない) ③2020年6月1日以前に登録済みのサードレベルドメイン名「.co.th」 と完全一致している文字列   使用可能文字:ASCII文字(a~z)・タイ語・数字(0~9)・ハイフン(-)   ※タイセカンドレベルドメイン名「.th」が登録された場合は、自動でタイ語のドメイン名(.ไทย)もバンドルドメイン名として登録されます。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   登録費用および申請方法等につきましては、下記までお問い合わせ下さい。   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ

【新gTLD】ドメイン名優先登録受付情報(2020/04/16)

【新gTLD】「.compare」「.select」最新情報   《サンライズ登録対象TLD》 № TLD サンライズ 申請期間 ランドラッシュ 申請期間 一般登録 申請期間 プロバイダ ブロッキング 有無 1 .dealer 2020/03/25 | 2020/06/17 - 2020/06/24 Uniregistry – INC なし 2 .compare 2020/04/06 | 2020/05/01 - 2020/05/07 NeuStar, Inc. なし 3 .select 2020/04/06 | 2020/05/01 - 2020/05/07 NeuStar, Inc. なし   《ランドラッシュ登録対象TLD》 № TLD サンライズ 申請期間 ランドラッシュ 申請期間 一般登録 申請期間 […]

キプロスドメイン名「.cy」登録受付開始のご案内

キプロスドメイン名「.cy」登録受付開始について   キプロスのセカンドレベルドメイン名「.cy」の登録受付が開始されました。   登録ルール :制限なし ※同じ文字列のサードレベルドメイン名(.com.cy等)が登録済みの場合、サードレベルドメイン名の登録者のみ同じ文字列のセカンドレベルドメイン名「.cy」の登録申請が可能   使用可能文字:ASCII文字(a~z)・数字(0~9)・ハイフン(-)   先願順での登録受付となりますため、登録をご希望の場合にはお早めにお申し込みください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ

Apple社のブラウザ「Safari」のSSLサーバ証明書適用についてのご案内

Apple社のブラウザ「Safari」のSSLサーバ証明書適用について   この度Apple社は、自社で提供しているブラウザ「Safari」に関して、これまで有効期間の上限が設けられていなかったSSLサーバ証明書について、2020年9月1日より有効期間が13ヶ月未満の証明書のみが適用となる旨の発表を行いました。 これは、Webサイトの安全性を高めるために、業界全体で提唱されているSSLサーバ証明書のライフサイクルの短縮化の流れと一致するもので、そのほかのブラウザについても、今後適用される証明書の有効期間の上限が定められる可能性があります。   2020年9月1日より以前にインストールされた証明書は引き続き「Safari」でも有効となりますが、今後新規で発行するSSLサーバ証明書については、有効期限が1年間のものを購入されることを推奨いたします。   弊社では2019年7月よりSSLサーバ証明書の取り扱いを開始しております。 弊社のSSLサーバ証明書サービスをご利用いただくと、ドメイン名と同じ管理システムで効率的に管理いただくことが可能となります。 サービスの詳細内容につきましてはお気軽にお問い合わせください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ