counterfeit

ブランド保護が損益に与える影響

ブランド保護が損益に与える影響 Chrissie Jamieson Global Head of Marketing, MarkMonitor   2018年11月26日 オンライン上に潜む詐欺は貴社ブランドを傷付け、大切な顧客の信頼を失うことになります。そしてそれは売上にもマイナスの影響を与えます。   現代のオムニチャネル環境において、ブランド侵害の脅威はかつてなく増大しています。なりすましメールやサイトの脅威も特定の業界に限られた話ではありません。これまで、なりすましの対象は高級ブランドに限られていました。しかし現代では、あらゆる業界のあらゆるブランドが標的にされています。特に、知的財産がブランド価値となっているものは危険です。例えば玩具、医療機器、香水、化粧品、電子機器や装置の分野が、最大の危険にさらされています。   MarkMonitorでは、マーケティング部門の意思決定者600人を対象とした調査を実施しました。回答者の3分の2近くが、過去12カ月間でブランドの侵害が増えたと考えています。特に、化粧品や医療機器関連の安全性を考慮すると、模倣品の問題は深刻です。また脅威の規模について調査するため、回答者に、過去12カ月間で侵害や不正の標的とされたチャネルについて尋ねました。その結果、Webサイトの侵害率が最も高く、それに僅差でeメールの侵害も多数報告されました。さらに、大多数の回答者が、サイバー脅威の蔓延を受け、ドメイン名戦略を強化していると回答しています。   このような背景から、企業は一様に、ブランド保護戦略を進めていると述べています。セキュリティ脅威が拡大するに伴い、主な業務関係者から取締役に至るまで、オンラインブランド保護に関わる人は増えています。御社のブランド保護戦略は万全でしょうか?   MarkMonitorのブランド保護ソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

DNSで急増するブロックチェーン関連ドメイン

DNSで急増するブロックチェーン関連ドメイン Chris Niemi Manager, Domain services, MarkMonitor   2018年9月6日 ブロックチェーンテクノロジーや個人情報保護ポリシーの拡大に伴い、.BIT、.ETH、.COIN、.LIBなど、ブロックチェーンテクノロジーに基づく分散型のドメインは更新されてきました。これらの 「ドメイン」 は、本当の意味のドメイン名ではなく、ICANNのDNSを取り入れていません。しかし「ウォレット」 に直に接続するなど、仮想通貨保有者の活動をサポートしています。元々、これらのドメインの使用は最低限の範囲に留められていましたが、最近では、新gTLDのネームスペースや、「本当のDNS」にさまざまな影響を与え始めています。   先日、新レジストリオペレーターであるThe Best SASが、「クラス最高の製品やサービスをレビューするとその報酬として仮想通貨『.BEST』を与える、分散型SEOソーシャルネットワーク」 に使用する.BESTというトップレベルドメインを取得しました。これは、侵害監視を行うべき新たなネームスペースです。値下げを意図して取得されたものですが、これによってTLDにおける商標侵害のリスクが上がります。   現在、サンライズ期間にあるEthereumブロックチェーン関連のTLD「.LUXE」は、「Ethereumブロックチェーンのイノベーションとセキュリティに、現代社会向けの利便性を組み合わせて開発」されました。このドメインは、従来の方法(ウェブサイト、メールなど)に加え、.ETH(Ethereum)の仮想通貨ウォレットや分散型アプリアドレスとして使用することができます。2018年9月21日までに.ETHドメインを確保済みの既存.ETH所有者に限り、サンライズ直後の10月9日~25日にかけて.LUXEドメイン名を取得できる限定登録期間がありますので、ブランド保有者の皆様には留意いただければと思います。   .ETH 「ドメイン」 は、従来のドメイン名をIPアドレスに変換するDNSのように、Ethereumブロックチェーンの暗号化アドレスを、ランダムな数字と文字から成る長い文字列ではなく、人間が判読できる 「ドメイン」 に変換するための手段に過ぎません。ただし、.ETHドメインにアクセスするには、特殊なブラウザを使用するか、通常のブラウザにブラウザ拡張機能をインストールする必要があります。.ETHという 「TLD」 は、ICANNによって保証も管理もされておらず、仮想通貨そのもののように、元々は政府の規制や、ハッキング、ウェブサイトのサイジング、検閲などを免れるドメイン名を登録する手段として作られたものです。   現時点において、MarkMonitorは分散型ドメインを提供していませんが、.LUXEネームスペースで登録する可能性がある方は、.ETH所有者が.LUXEの始動とともに競って登録を行う可能性があることを認識しておきましょう。そのため、MarkMonitorは、サンライズ期間中(現在から10月8日まで)に、Trademark Clearinghouse(TMCH)のSMDファイルを利用して登録申請することを提案いたします。.ETHドメイン所有者の方は、MarkMonitorまでご連絡ください。   TMCHやドメインポートフォリオの検討、またそれらのTLDの戦略開発にサポートが必要な場合は、至急、担当の、ドメインクライアントサービスマネージャーまでお問い合わせください。また、MarkMonitorは、引き続き.ETHや分散型ドメインのネームスペースを監視し、お客様に最新情報をお届けしていきます。ご質問がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。     MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

モバイルコマース ブランド保護の戦いが始まる

モバイルコマース: ブランド保護の戦いが始まる Akino Chikada Portfolio Marketing director, MarkMonitor   2018年5月16日   現代のスマートフォンは、メールや通話などの基本的な機能の域を遥かに超えて使用されています。アンケート調査に参加した消費者の80%以上が、商品やサービスを購入する際、コンピューターよりもスマートフォンを使用したいと回答しています。購入作業には、商品の検索、価格の比較、店舗の確認が含まれます。これと同時に、世界的なモバイルコマース(mコマース)の収益は、2018年だけで6,690億ドルという、新記録に達することが見込まれています。   ところが、特に忙しく動き回る消費者にとって、mコマースでのオンラインショッピングが簡単かつシンプルになったことは、模倣品業者にとってみれば、模倣品を売り、消費者を狙うチャネルが新たに開かれたということにもなるのです。問題は、一部のブランドがまだこのモバイルファーストの動きに追い付いていないという事実を利用し、模倣品業者が多くの消費者を騙しているということです。どの企業にとっても、効果的なブランド保護を実現するにはいくつもの障害を乗り越える必要があり、大変困難かつ不透明な情勢なのです。   モバイル専用アプリやマーケットプレイスは、特に難題です。モバイル専用のマーケットプレイスにしか存在しない商品もあれば、その逆もあります。ブランド側は模倣品に対抗するため、さらに多くのチャネルやタッチポイントの対策を強化しなければなりません。また、極めて限られた範囲内で商品やサービスを販売するローカルマーケットプレイスとして、ソーシャルとモバイルコマースが明らかに融合していることもわかっています。これにより、大規模な組織による取り締まりが難航しています。このようなマーケットプレイスは、販売者と購入者に直接やり取りすることを奨励しており、ブランド側が監視を行い、模倣品業者を発見することはほぼ不可能です。   上に挙げた問題に立ち向かうことをあきらめてしまうと、他にもいくつかある長期的な課題を無視することになってしまいます。たとえば、毎日のように登場する膨大な数の新アプリを把握するだけで、非常に多くの時間やリソースが奪われることになります。検討すべきチャネルやタッチポイントがあまりにも多く、その多くがデジタルエコシステム内で重なり合うことでオンラインショッピング体験が容易になり促進されていきます。そのため、ブランド保護には包括的なアプローチを取り入れることがこれまでになく重要になっています。ウェブベースのマーケットプレイスやウェブサイト全体を監視すれば十分な時代は終わりました。すべてのブランドが、あらゆるデバイスとシステムのすべてのデジタルチャネルを包含した戦略を開発実行する必要があります。   モバイルコマース環境における保護のベストプラクティスとして、積極的な監視、特定、必要に応じた法的処置を確実に行い、これらをサポートするテクノロジーを活用してください。価値が最も高い対象を特定し、貴社ブランドに最も有害な脅威に優先的に対応してください。また、消費者を教育して問題を認識させ、正規の商品を購入できる場所へと誘導することも忘れてはいけません。   MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら