Cortellis

2019年第4四半期のバイオ医薬品のM&Aは前年同期に比べ47%増加

ELISABET CRUCES AND PAUL D’SOUZA Clarivate   英語原文ページ   2020年3月10日 開示されたバイオ医薬品のM&A総額は2019年第4四半期においては増加しました。バイオ医薬品M&Aの上位10件の開示総額は、2018年第4四半期の169億ドルから47%増加して249億ドルとなりました。 2019年第4四半期のライセンス取引は171億ドルで、2018年の同四半期の220億ドルから22%減少しました。主要な取引に関するインサイトを以下に示します。   Top Deal & Deal Maker 第4四半期におけるバイオ医薬品に関する戦略の多くは、初期臨床段階または前臨床開発段階に資産を持つターゲットを獲得することに焦点が合わせられていました(図1)。Novartisは最高額のM&A契約を結び、The Medicines Co.(TMC)に97億ドル(1株当たり85ドル)を拠出しました。TMCは潜在的ブロックバスターであるインクリシラン(プロタンパク質転換酵素スブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)遺伝子を阻害するRNAi)によりNovartisの心臓血管系パイプラインを強化しました。   さらに、アステラスは米国企業のAudentesとXyphos(AvidBioticsからスピンオフ)をそれぞれ30億ドル(1株あたり60ドル)と6億6500万ドル(前払金1億2000万ドルを含む)で買収し、遺伝子調節とがん免疫療法ポートフォリオを強化しました。Merck&Co.は、複数癌種に対する臨床AKT阻害剤であるmiransertib(フェーズI / II)およびARQ-751(フェーズI)ならびにBTK阻害剤ARQ-531(フェーズI)を持つArQuleと引き換えに27億ドル(1株当たり20ドル)を拠出しました。   ロシュは、Promediorに対して13億9,000万ドル(前払金3億9000万ドルおよびマイルストーンの10億ドルを含む)を拠出し、自己免疫疾患領域における利益を高めました。最後に、AlexionはAchillionを買収し、発作性夜間夜間ヘモグロビン尿症(PNH)およびC3糸球体症に対してフェーズIIにある第一世代ファクターD阻害剤のACH-4471(danicopan)、PNHを含む補体介在性疾患に対するフェーズIにある第二世代ファクターD阻害剤の経口薬であるACH-5228を含む複数の臨床候補を手に入れました。 図1. 2019年第4四半期のM&Aトップ10 出典: Cortellis Deals Intelligence   アジア太平洋地域のM&A活動は日本に集中 2019年第4四半期のアジア太平洋地域における顕著なM&A活動は日本企業によるものでした(取引に関与している10社のうち7社は日本に本社を置いています)。前述のとおり、アステラスは37億ドルでAduentesとXyphosを買収し、旭化成は13億ドルでVeloxis Pharmaceuticalsを買収しました。   武田は、シャイアーの買収後もリストラ活動に積極的であり、非中核資産の売却を継続しています。インドの製薬会社Lupinは、日本の子会社である協和ファーマをプライベートエクイティ企業のUnison Capital Partnersに5億2500万ドルで売却しました。日本に本拠を置く東和薬品は、スペインにおるEsteveのジェネリック部門であるPensa Unvestmentsに約356百万ドルを拠出し、欧州および米国市場での存在感を強めました。   疾患分野にまたがる高価値のライセンス取引 総取引額のトップ10をリードしたBeiGeneは、Amgenの抗体blinatumomab(Blincyto)とdenosumab(Xgeva)ならびにプロテアソーム阻害剤(Kyprolis)に対する地域販売権​​を獲得することにより、中国のがん市場におけるシェア拡大を目指しました。ロシュはトップ10(図4)の中で最大数のライセンスを保有しており、それぞれ異なる取引相手との2つのディールではバイヤーとなり、その合計予測値は46億ドルでトップ10ライセンスの全体価値の27%です。 図2. 2019年第4四半期のトップ10ライセンス取引 出典: Cortellis Deals Intelligence       編集者注:この分析に用いた全データは、Cortellis […]

コロナウイルスに関する世界中の研究と最新情報を提供

英語原文   この急速に進行する公衆衛生上の緊急事態に関する世界有数の研究と最新ニュースへのアクセスを提供しています。 現在、急速に広がるコロナウイルスの発生に見られるように、世界的な公衆衛生上の緊急事態発生の可能性は常にあります。科学者は増大するニーズに応えるべく、ワクチンと治療法の迅速な開発に努めています。また医学研究者と医療専門家は、病気をより深く理解し対処するため精力的に取り組んでいます。クラリベイトはこれらの取り組みを支援します。 クラリベイトのチームは、医療研究者・政策立案者・ジャーナリスト・医療専門家が、この日々進行する公衆衛生上の緊急事態に関して、世界中で進められている研究と最新ニュースに迅速かつ簡単にアクセスできるようなツールとリソースのコレクションを提供します。   リアルタイム更新 Cortellis、Web of Science、BioWorldなどのクラリベイトのデータおよびインサイトツールから選んだ最新のコロナウイルスニュースを提供するリソースセンター。これらは、コロナウイルスとの戦いのあらゆる段階をカバーします – 数十年前に遡るすべてのコロナウイルス株に関する文献から、創薬および臨床開発、規制当局への申請、商業化、特許までを網羅します。 詳しくは、こちらのウェブサイトをご覧ください。 弊社の中国チームが発信しているリソースセンター(中国語)は、こちらからご覧いただけます。   「Disease Insights: Coronaviruses」疾患概要 この包括的なレポートは、原因や症状から、罹患率、死亡率や伝染などの疫学情報、さらに治療や予防など、コロナウイルスのさらなる研究と分析を開始し進めるための強固な基盤を提供します。 無料のレポートはこちらからダウンロードしてください。

2019年第3四半期バイオ・医薬品業界のライセンシングは前年同期比51.8%増加

ELISABET CRUCES PHARMACEUTICAL INDUSTRY ANALYST   バイオ・医薬品業界のライセンス総数は、2019年第3四半期には世界的に支出の大幅な増加がみられ、2018年の同時期の245億ドルから51.8%増加して372億ドルとなりました(図1)。2019年第3四半期には、1,377件の新規ディール(M&Aおよびダイベストメントを除く)が登録され、これは2018年第3四半期の1,116件から23.4%増加しました。   原文サイトはこちらから 原文サイトのフォーム入力で完全版レポートのダウンロードが可能です。   Total disclosed biopharma licensing exhibited strong growth in worldwide spend during the third quarter of 2019, driving a 51.8% increase to $37.2 billion from $24.5 billion in the same time period in 2018 (Figure 1). 1,377 new deals (excluding mergers & acquisitions and divestments) […]

製薬業界における混乱と要因、そしてビジネスチャンス

CHARLOTTE JAGO SENIOR EDITOR, CORTELLIS FORECAST TEAM   直近のFinancial Times Global Pharmaceutical and Biotechnology Conferenceにおいて2日間にわたり議論された、製薬業界における興味深いインサイトと、直面している主要な課題や要因、ビジネスチャンスに関するハイライトをご紹介いたします。 原文サイトはこちらから 原文サイト内のフォームに記入いただき、完全版レポートのダウンロードが可能です。   The recent Financial Times Global Pharmaceutical and Biotechnology Conference provided two days of fascinating insights into the pharma industry, with discussions around the key challenges, disruptors and opportunities it is facing. Covering topics ranging from artificial intelligence […]

2019年第3四半期のM&Aハイライト

PAUL D’SOUZA PHARMACEUTICAL INDUSTRY ANALYST   Clarivate Analyticsでは、2019年第3四半期における世界のM&Aに関するレポートをまとめました。以下がそのハイライトです 原文サイトはこちらから 原文サイトのフォームに必要情報入力いただくとレポート完全版のダウンロードが可能です。   We’ve recently wrapped up analysis of Q3 2019 M&A activity around the world.  Here are a few highlights:Q3 2019 new M&A volume and total deal value increased by 4% and 10%, respectively Total disclosed biopharma mergers and acquisitions (M&A) volume increased slightly in the third […]

ブロックバスター候補が続々登場

JOAN TUR TORRES     今年の初めにClarivate Analyticsが発表したDrugs to Watch 2019レポートの中で、2019年に上市されると予測された7つの品目を2023年までのブロックバスター候補として注目しました。 このうち、現在の市場で最も薬価が高い医薬品の1つとなったZolgensmaを含む3品目が現時点で承認されていますが、これらブロックバスター候補の現状についてまとめました。 原文サイトはこちらから   Earlier this year, we released the Cortellis Drugs to Watch 2019 report, which highlighted seven drugs expected to launch in 2019 and become blockbusters in 2023. We have subsequently reported on three of those drugs that have now gained approval, including Zolgensma which entered […]

急成長中のブロックバスターBiktarvyがHIV市場を牽引

2018年版Drugs to Watchで取り上げた将来のブロックバスター候補の中でも、Gilead社のBiktarvyが米国・欧州市場で成功を収めています。 この先もBiktarvyの躍進は続くのか?拡大するHIV市場と、その中でしのぎを削る競合品をレビューしました。   From gene therapies and vaccines, to combination therapies and antibodies, treatments in the Cortellis Drugs to Watch 2018 report were varied both in action and target. The Cortellis team featured 12 potential blockbusters last year which had forecasted sales of more than $1 billion by 2022.  One treatment stood out, due to […]

Cortellisレポート: 2019年第2四半期のM&A取引総額は7%減の1,053億ドル

ELISABET CRUCES PHARMACEUTICAL INDUSTRY ANALYST     Cortellis Deals Intelligence : 2019年第2四半期のグローバルでのバイオ医薬品に関するM&A取引の実態調査   In early 2019, we released an in-depth analysis of 2018 deals activity. Here, we examine more recent activities and discuss mergers and acquisitions in the second quarter of 2019.   More deals, but lower total value Total disclosed biopharma mergers and acquisitions […]

まだ見ぬ希少疾患の原因を探る

KINSI OBEROI SOLUTION SCIENTIST     膨大なNGSのデータから、病原性の変異を特定する分析は困難ですが、システム生物学のアプローチ加えることで、迅速な分析を可能にし、遺伝子変異体の背後にあるプロセスや作用メカニズムを仮説化できます。   Cortellis analysts apply a systems biology approach to identifying digeneic inheritance. Although rare diseases affect a small percentage of the population, the U.S. research organization Global Genes has estimated more than 300 million people worldwide have one of the approximately 7,000 diseases that are defined as “rare” […]

テノホビルアラフェナミドフマル酸塩が提起するジェネリック医薬品のターゲットに関する課題とは?

BENJAMIN BURCK EDITORIAL MANAGER   GileadのHIVならびにB型肝炎治療用テノホビルアラフェナミドフマル酸塩製品は、2019年11月にNCE-1の日付を迎え、もうすぐPatent Challengeに直面する可能性がありますが、ジェネリック医薬品のターゲットとしたときに何を考えるべきでしょうか。 In the race to bring generic drugs to market, Paragraph IV patent challenges are now an unavoidable fact of life. The question is no longer if there will be a patent challenge, but when and by whom. In the current hypercompetitive environment, no company can pursue all possible […]