Intellectual Property

中国の新法でオンラインプラットフォームに責任発生

中国の新法でオンラインプラットフォームに責任発生 Akino Chikada Portfolio Marketing Director, MarkMonitor   2019年1月30日 1月1日、中国で新しい電子商取引法が施行され、知的財産権者の保護が強化されました。新法の下では、電子商取引プラットフォームのプロバイダーは、権利者と協力しながら知的財産保護方針および手続きを策定することが求められています。さらに重要なことは、プラットフォームのプロバイダーが、知的財産権保護ポリシーを実施しなかった場合、罰金と法的責任を問われる可能性があります。   疑いもなく、この新しい法律は従来、企業にとって管理が困難であった中国における知的所有権を保護するのに役立つでしょう。   役割と責任 まずは疑わしいすべてのリスト、サイト、または広告からブランド保護を始めることが良さそうですが、企業は厳格なブランド保護プログラムを遂行、維持する必要があります。 中国の新法の下では、ブランドの所有者は、誤ってリスティングまたはサイトを削除し、ビジネスに損害を生じさせた場合に責任を負う可能性があります。   さらに、疑われた業者はプラットフォームへ反証を伴った著作権非侵害の陳述を出すことができます。その反証が認められた場合、プラットフォームはブランドの所有者に通知し、ブランドの所有者は15日以内に回答します。 ブランドの所有者がそれに対抗するためにタイムリーに苦情または訴訟を起こさない場合、プラットフォームはブランドの所有者のための対策を中止することができます。   注目すべきもう1つの要点: PRCの電子商取引法は、すべてのプラットフォームのプロバイダー(プラットフォーム、WeChat、さらにはライブストリーミングWebサイトなど)がビジネス登録証明書を取得し、ビジネスライセンスをわかり易い所に表示することを要求する業界ガイドラインの提供を始めました。またプロバイダーは、税金を払い、請求書を提供し、そして詐欺的な商品の販売に対して責任があるとみなされます。   オンラインブランド保護に追い風 この新しい法律から、中国政府が電子商取引の規制に乗り出し、知的財産と消費者を保護することに注力しようとしていることがわかるでしょう。オンラインブランド保護に対する体系的なアプローチを採用している企業にとって、タイムリーで正確なブランド保護戦略の実行をより確実に保証できる一助になるかもしれません。   MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

ビジネスインテリジェンスで著作権侵害対策を強化する

ビジネスインテリジェンスで著作権侵害対策を強化する Zachary Wolf Portfolio Marketing Manager, MarkMonitor   2018年9月26日 著作権侵害の情勢が劇的に変化し始めたのは、わずか2年前のことでした。   テクノロジーの発展によって仕事や社会生活が便利になる一方、著作権侵害が巧妙さを増しています。海賊版サイトまで登場し、サブドメインを使って人気サイトのブランド力を横取りし、正規のサイトからトラフィックを奪っています。   著作権侵害されたデジタルコンテンツのユーザー層も変化しています。数年前は違法コンテンツを入手するには、手間がかかりました。主に、P2Pを利用し、テレビ番組、音楽、映画のアップロードやダウンロードが行われるため、ユーザーはその中からコンテンツを検索して、適切なTorrentまたはファイルを見つけ出し、ダウンロードしたバージョンの品質に問題がないことを願うしかありませんでした。今日では、KODI(これ自体は正規品)など、オープンソースのソフトウェアによって、アドオンを追加して改ざんされ、「完全にロードされた」ストリーミングデバイスを入手できるようになりました。お使いのスマートテレビに差し込むだけで、ほとんどのコンテンツにアクセスできます。簡単で手間なく利益を得られるマーケットになっています。   情勢の変化により、権利者や放送局によるコンテンツ保護が一層難しくなってきました。しかし、適切な著作権侵害対策を行い、データ利用や分析を行い、取り組みを強化することは可能です。違法コンテンツが利用されている場所や方法を把握することも、戦略の強化に役立ちます。権利者や放送局は、収集したデータを参考に、配信戦略、新製品の早期発売、市場参入戦略の優先順位の調整などの重要な問題に関する意思決定を周知することができます。   MarkMonitorは上記機能を有し、このテクノロジーを利用して、P2Pでのファイル共有、ウェブサイト、検索エンジン、ユーザー生成コンテンツ(UGC)サイト、ライブや動画ストリーミング、KODI、OTTソースなどあらゆるチャネルで、違法コンテンツが利用されている場所、時間、方法に関するデータを収集しています。   MarkMonitorによる著作権侵害問題の解決とは MarkMonitorは、さまざまなツールを利用して、お客様が直面している問題に対処しています。   たとえば、MarkMonitorのデジタルコンテンツの著作権侵害に関するグローバル指標(Global Digital Piracy Index:GDPI)は、オンラインコンテンツへのアクセスと利用方法について、詳細なインテリジェンスを提供します。ファイル共有の情勢に基づく実際のサマリーが作成され、コンテンツ需要を把握することができます。また、Insiteと呼ばれる、業界の情勢を追跡し、KPIを予想するレポーティングダッシュボード「MarkMonitor Up-link」(MarkMonitorの著作権侵害インテリジェンスポータル)や、自動リンク検証ツール「MarkMonitor Savvy」も活用しています。   これらのツールで収集したデータに基づき、さまざまなビジネス分野に情報を提供しています。たとえば、配信やリリース戦略に関する質問への回答や、グローバルマーケティングやプロモーションにおける弱点などを調査します。また、コンテンツカタログのモニタリングや管理関連の意思決定、事業開発の推進、グローバル戦略上の問題を見つけだすサポートもします。   高度な脅威には高度な対応が求められる 権利者や放送局は、コンテンツ共有に使われているすべてのチャネルに対応する戦略を確実なものとし、あらゆる重要な意思決定の根拠となるデータへのアクセスを確保しなければなりません。さらにインテリジェンスはすぐに使えるものでなくてはなりません。   分析やビジネスインテリジェンスを活用して著作権侵害戦略を強化する方法の詳細は、MarkMonitorブランド保護ソリューションをご覧ください。     MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

侵害者の意図を特定して賢明な法的措置を

侵害者の意図を特定して賢明な法的措置を Stefanie Ellis Portfolio Marketing Manager, MarkMonitor   2018年9月6日 オンライン上の知的財産が危険にさらされていることは、ご存知だと思います。では、侵害はどのように発生しているのでしょうか。   侵害、マルウェア、フィッシングなどの脅威には、ある共通点があります。ブランドエクイティを利用していることです。このような侵害者から自社ブランドを守るためには、その攻撃意図を理解する必要があります。攻撃の狙いは、金銭を奪うことでしょうか?それとも、トラフィックを奪うことでしょうか?   ブランドそのものが狙われているのか? ブランド価値は、さまざまな要因の影響を受けます。オンラインでビジネスを行う場合、企業の評判とセキュリティに対するリスクが高まることは避けられません。評判のダメージ、収益の喪失、事業コストの増加などは、その一端に過ぎません。オンラインの脅威や知的財産の侵害は、その意図がブランド侵害なのか、あるいは悪質な脅威なのかによって、形態が異なります。   ブランド侵害とは、ブランドの「なりすまし」や偽のアフィリエイトなどを利用してトラフィックを奪うことを主な目的とした、知的財産の不正利用です。一般的にこれらの脅威は、トラフィックの流用、偽のアフィリエイト、フィッシング以外のブランドの「なりすまし」、サイバースクワッティング、ブランドやロゴの混合、パートナーのコンプライアンス、キーワードの乗っ取りなどの形態がとられます。このような脅威により、企業はトラフィックを失い、収益の喪失、ブランドの混乱、企業の評判の失墜などの悪影響を被る可能性があります。 あるいは金銭が狙いなのか? 多くの悪質な脅威は、有名ブランド企業を狙うフィッシング詐欺として現れることが確認されています。フィッシング詐欺は、金銭やデータを違法に取得することを目的とした、知的財産を不正利用する行為です。一般的に、消費者向けフィッシング、ビッシング(電話なりすまし)、スミッシング/SMSテキストフィッシング、マルウェアの配信、ビジネスメール詐欺(BEC)、従業員標的型スピアフィッシングとして現れ、認証情報、金銭、データの窃盗や、マルウェアやその他のメールの配信を目的としています。フィッシング詐欺によりブランド側が受ける主な影響は、被害に遭った消費者に伴う金銭的な損害ですが、ブランドへの信頼が失墜するという結果を招く恐れもあります。   オンライン上の脅威を検知するには、複数のソースからデータを取得しなければなりません。ドメイン関連のゾーンファイル、検索エンジン、SNS、モバイルアプリ マーケットプレイスから、多数のブランド侵害関連のオンライン脅威が見つかっています。フィッシング詐欺は、eメールのフィード、顧客ウェブサーバーのログや不正な受信トレイ、DMARCに基づき隔離されたURLのフィード、ドメイン関連のゾーンファイルで頻繁に見つかっています。   迅速で効率的な法的措置を行うには、侵害意図を特定することが最も重要です。一般的に、コンテンツやメールベースの証拠からフィッシング詐欺を証明できれば、法的措置を素早く進められます。悪質な意図がない場合は、知的財産の不正利用を根拠として法的措置を講じる必要があり、この手続きには時間がかかる可能性があります。   対策を講じればオンラインビジネスの脅威を緩和することができます。また法的処置は各国により異なります。是非MarkMonitorにお問合せください。   MarkMonitorのソリューションについてはこちらからご覧になれます。 英語原文はこちら