research trend

国別、機関別で見るノーベル賞後のiPS細胞研究動向

国別、機関別で見るノーベル賞後のiPS細胞研究動向   2020年4月  シニアプロダクト・コンサルタント 安藤 聡子   iPS細胞に関する国別の日本の論文数はアメリカに次いで二位であり、多くの論文発表を行っている有力な研究機関もアメリカ、中国についで三位と世界の中でも大きな存在感を示している。日本の論文全体の伸びが約1.1倍にとどまっているのに比較すると、8年間で2倍以上の論文発表は、日本の学術研究の中で、iPS細胞研究がより活発に行われていることを表しているとも言える。   目次 世界のiPS細胞に関する論文数の推移 国別の論文数から見るiPS細胞研究動向 iPS細胞で存在感を示す研究機関 まとめ   世界のiPS細胞に関する論文数の推移 iPS細胞の作成は、2006年にCell誌に発表された。この論文は直後から注目を集め、iPS細胞研究は2012年のノーベル医学生理学賞を受賞している。ノーベル賞後も研究は活発に行われ、2012年からの8年間で発表された論文は延べ約11,000報 に達している(図1)。この8年間で、iPS細胞研究について1年間で発表される論文数は987報(2012年)から1,834報(2019年)と倍増しており、世界全体の同期間の論文数の伸びが1.3倍であることを考えると、この伸びは、iPS細胞研究への世界の注目度の高さを表すものと言えるだろう。   国別の論文数から見るiPS細胞の研究動向 iPS細胞研究について2012年から2019年に発表された国毎の論文数を見てみよう。世界90か国以上の国と地域からの研究発表があるが、上位10か国が関与している論文だけで、全体の約86%を占めていた。その中でも米国の存在感は突出しているものの、日本は続いて二位につけている(図2)。 さらに国別の論文数の伸び率に注目すると、米国が2012年に対する2019年の論文数が1.56倍に対して、日本は2.09倍となっていた。これは日本全体の論文の伸び1.1倍の二倍近い値で、過去8年間の日本の学術コミュニティのiPS細胞研究への注目度の高さと期待の大きさが見て取れる。   iPS細胞研究で存在感を示す研究機関 特定のトピックの研究動向を把握する際には、最先端の研究をリードできる研究機関数も重要であろう。この観点から見ると同期間で50報以上論文を発表している研究機関は世界全体で145機関あった。この145機関を国別に見てみると、米国が55とやはり突出しており、中国の16、ドイツ、日本の15と続く(図3)。加えて、これらの研究機関の中でも存在感の大きい世界の研究をリードしている200以上論文発表していたのは13機関。内訳は米国が7機関と、ここでも大きな存在感を示すが、日本は4機関(京都大学、東京大学、大阪大学、慶應義塾大学)とアメリカに次いでおり、他にはフランス、中国からそれぞれ1機関となっていた(表1)。   表1 iPS細胞に関する論文を200報以上発表した研究機関 (2012-2019) 2020年3月現在   なお、研究動向を考えるときに、「実用化の段階」の一つの考え方として企業からの研究論文数の動向は一つの指標となる。この観点で見ると2012年の30報から2019年は76報と2.5倍になっていた。論文数はまだまだ少ないが、産業界からの期待がうかがえる。日本の企業からも製薬企業だけでなく味の素や日立製作所などからも論文発表があった。   まとめ 山中教授がノーベル賞受賞された2012年から2019年までの8年間におけるiPS細胞の研究動向について、国別、研究機関別の観点から見てみた。日本の研究について見ると、総論文数などの観点からはどうしても海外に比べ伸びが小さいが、iPS細胞研究については世界全体の伸びを超えた論文発表がされていた。機関別で見ると、京都大学は論文数およびインパクトの高い高被引用論文数ともにハーバード大学に次いで世界第二位として最近でも高い存在感を示していた。 ※日本経済新聞朝刊(2020年4月20日)9面で 「iPS研究 日本健闘」が取り上げられています。論文データはクラリベイトのWeb of Science core collectionのデータを使っています。   記事中のCell誌の論文は以下より読めます。 Induction of Pluripotent Stem Cells from Mouse Embryonic and Adult Fibroblast Cultures by Defined Factors KazutoshiTakahashi,ShinyaYamanaka (Cell, Vol.126, […]

スマホアプリで糖尿病や依存症を治療する:デジタルセラピューティクスとは?

スマホアプリで糖尿病や依存症を治療する:デジタルセラピューティクスとは?   2020年2月  シニア・データ・コンサルタント 安藤 聡子   アプリと医薬品の併用療法を視野にいれた、製薬メーカーとベンチャーの提携が話題になっています。デジタルセラピューティクスでは今使っているスマートフォンやタブレットが医療機器として活躍します。コンピュータサイエンスと医薬の融合技術である、デジタルセラピューティクスに関する最新の論文をみてみましょう。   目次 デジタルセラピューティクスとは? デジタルセラピューティクスの研究動向 デジタルセラピューティクスの注目論文 まとめ   デジタルセラピューティクスとは? スマートフォンのアプリなどデジタル技術を用いて疾患の診断、予防、治療などを支援したりするデジタルセラピューティクスが注目を集めており、2019年には国内でもベンチャーと製薬企業の提携が相次いで発表されました。デジタルセラピューティクスは健康アプリではなく、エビデンスに基づいた治療的介入をおこなうソフトウェアで、臨床試験で評価を受け、医師が処方します。現在(2020年1月)日本ではまだ、認可された実績はありませんが、海外ではすでに実績があり、米FDA(食品医薬品局)は、ピア・セラピューティクスの治療用アプリ「Reset」(依存症向け)と「Reset-O」(オピオイド中毒向け)を認可しています。   デジタルセラピューティクスの研究動向 デジタルセラピューティクスについて、「Digital Therapeutics」で検索すると2018年頃から急激に論文が増えていました。米国での存在感が圧倒的で、インド、イスラエル、日本からも論文が散見されます。   デジタルセラピューティクスの注目論文 日本発の3報はベンチャー企業であるCureApp(キュア・アップ)が関与している論文でした。3報ともフリーで読むことが可能です。禁煙について対面と遠隔医療を比較した論文は、Medical Informatics分野で最もジャーナルインパクトファクターの高いJOURNAL OF MEDICAL INTERNET RESEARCHに発表されていました。 Clinical Efficacy of Telemedicine Compared to Face-to-Face Clinic Visits for Smoking Cessation: Multicenter Open-Label Randomized Controlled Noninferiority Trial 著者名: Nomura, Akihiro; Tanigawa, Tomoyuki; Muto, Tomoyasu; et al. JOURNAL OF […]

Highly Cited Researchers(高被引用論文著者)2019 影響力のある注目研究者6,000名を発表。日本のHCRは昨年の13位から11位に上昇

Highly Cited Researchers(高被引用論文著者)2019 影響力のある注目研究者6,000名を発表。日本のHCRは昨年の13位から11位に上昇 2019年12月  シニアデータコンサルタント 安藤 聡子   クラリベイト・アナリティクスでは2014年から毎年、インパクトの高い、トップ1%の高被引用論文を多く発表した研究者をHighly Cited Researchers(高被引用論文著者 HCR)として発表しています。引用は世界中の学術コミュニティのピアレビューとも考えられますので、学術コミュニティが選んだ6,000人ともいえるでしょう。日本からは今年、100人が選ばれました。これは世界11位の人数です。2019年の6,000人のリストの中にはノーベル賞受賞者24人が含まれています。日本にゆかりのあるノーベル賞受賞者としては2012年に受賞した山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長、1987年に受賞した利根川進マサチューセッツ工科大学教授が含まれています。   目次 Highly Cited Researchers(HCR)とは? Highly Cited Researchers(HCR)の世界動向 日本のHighly Cited Researchers(HCR)について まとめ   Highly Cited Researchers(HCR)とは? クラリベイト・アナリティクスでは科学を大きく21の分野に分け、それぞれの分野で高被引用論文を発表した研究者を表彰しています。複数の領域にまたがって研究している研究者については、2018年以降「Cross-Field」という分野を設けてより科学コミュニティの動きを反映できるようにしています。クラリベイト・アナリティクスでは各種の分析を行っておりますが、HCRは最近11年分の高被引用論文に注目し、最近の影響力のある研究者を見つける試みです。2019年は2008-2018年の高被引用論文から、60か国の6,000人強を選出しました。この中には24人のノーベル賞受賞者、57人のクラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞の受賞者が含まれています。日本全体では世界で11位であり、昨年の13位から上昇しています。   Highly Cited Researchers(HCR)の世界動向 Highly Cited Researchers(HCR)の所属は世界60か国に及びますが、上位10か国に約85%の研究者が集中しています。特に米国には40%を超えるHCRが所属しています。続いて、新興著しい中国が英国を抜いて本年初めて2位になりました。トップ10に入る国では、現在の形式で発表を開始した2014年以来、中国とオーストラリアの伸びが著しいです。 単独の研究機関として、もっとも多くのHCRを有しているのは、2018年に引き続きハーバード大学で、200人を超えるHCRが所属しています。トップ3のスタンフォード大学、中国科学院は単独で100人以上のHCRを有しています。   日本のHighly Cited Researchers(HCR)について 日本で最も多くのHCRを輩出している分野は植物・動物学。免疫学、物理学、化学がそれに続きました。所属機関では東京大学、物質・材料研究機構、京都大学、理化学研究所など、全体で39機関となっています。日本のHCRの人数は全体では昨年より増えました。 また、企業に所属するHCRの方もいらっしゃいます。日本からは以下の2社の研究者の方がHCRを受賞しています。 株式会社ノベルクリスタルテクノロジー ヤクルト 中央研究所 お二人ともCross-Field分野で受賞されています。株式会社ノベルクリスタルテクノロジーの受賞者は代表取締役社長の倉又朗人(Akito Kuramata)氏です。倉又氏は研究者の査読・論文プロファイルツールのPublonsでも、研究成果の一覧を公表されています(倉又氏のPublonsをみる)。190の論文が計5,942回引用されていることがわかります(2019年11月現在)。各論文へのリンクも貼られていますので、世界のトップ研究者の研究成果を是非ご覧ください。   まとめ 2014年以来、クラリベイト・アナリティクスではHighly Cited Researchers(HCR)の発表を継続的に行っています。国ごとでみると単年では増減がありますが、概ね増加傾向にあります。本日は簡単な内容をご紹介いたしましたが、選出方法や2014年以降のリストは、こちらのサイトにご紹介しておりますのでご一読ください。 https://recognition.webofsciencegroup.com/awards/highly-cited/2019/     ­­【データソース】 […]

2025年の崖?デジタルトランスフォーメーションの最新の研究動向を確認して、貴社の備えの見直しをしませんか?

2025年の崖?デジタルトランスフォーメーションの最新の研究動向を確認して、貴社の備えの見直しをしませんか? 2019年12月 シニア・データコンサルタント 安藤 聡子   多くの企業が取り組んでいるデジタルトランスフォーメーション(DX)ですが、御社の進行状況はいかがでしょうか。 現行の基幹システムの老朽化やサポート等の終了が訪れる2025年は「2025年の壁」と言われており、システム部門を超えた全社的な取り組みが求められています。取り組みを具体化するための情報収集に役立つ、デジタルトランスフォーメーションの世界の研究動向や注目の論文についての情報を紹介します。   目次 「2025年の崖」とは? デジタルトランスフォーメーション(DX)の世界動向 デジタルトランスフォーメーション(DX)の注目論文 まとめ   「2025年の崖」とは? 「2025年の崖」とは、多くの企業が取り組むデジタルトランスフォーメーションに関連し、複雑化・老朽化・ブラックボックス化した既存システムの対応に遅れた場合に想定される経済損失などを指します。その規模は膨大で、年間12兆円に達すると予測されています。この状況を回避すべく、2019年7月末に、経済産業省より「DX推進指標とそのガイダンス」が公表されています。   デジタルトランスフォーメーション(DX)の世界動向 「DX推進指標とそのガイダンス」の中では、「システム部門を超えた企業全体での取り組みが必要である」とのべられています。ではデジタルトランスフォーメーション(DX)について グローバルな研究論文の発表動向をみてみましょう。 「Digital Transformation」で英語の研究論文を検索してみると、過去3年間で急激に論文数が伸びていました。現時点(2019年11月)では、2019年のデータはまだ収録途中ですが、すでに2018年の延べ論文数に迫る勢いです。最終的には2018年の論文数を大きく上回ると予想されます(図1)。 なお、論文数が増えはじめた2015から2019年について国別の状況を見ると、ドイツ、ロシア、米国などからの論文が多いです(図2)。研究機関までみてみると別で過去5年間(2015-2019年)では、ミュンヘン大学(ドイツ)や、フラウンホーファー研究機構(ドイツ)が、最も多くの研究発表をしていました。日本からは、富士通が上位に入っています。富士通は企業としては世界でもトップの論文数となっています。(図3) デジタルトランスフォーメーション(DX)の注目論文 2019年の論文に注目してみると、もちろんコンピュータ科学といった科学技術分野の論文が最も多いのですが、経済、経営やビジネスといった社会科学に関する論文の割合が増えており、全体の約1/3を占めていました(図4)。 ここ半年の間に研究者の利用の多かった論文を二報ご紹介します(注1)。両方ともクリックすると出版社サイトで抄録を読むことができます。 ① The digital transformation of innovation and entrepreneurship: Progress, challenges and key themes 著者名: Nambisan, Satish; Wright, Mike; Feldman, Maryann(抄録をよむ) RESEARCH POLICY 巻: 48   号: 8   特別号: SI     記事番号: 103773   発行: […]

MaaS(Mobility as a Service)の最新研究をリードする国は?トヨタや日立の論文も

MaaS(Mobility as a Service)の最新研究をリードする国は?トヨタや日立の論文も 2019年11月 シニア・データコンサルタント 安藤 聡子   ●● as a Service (XaaS)という表現を目にすることが増えた昨今、MaaS(Mobility as a Service)も例外ではありません。MaaSとは – いろいろな種類の交通サービスを、需要に応じて利用できる一つの移動サービスに統合する – と定義されています。しかし、研究者によっても定義が異なり、共通の定義がないというのも現状です。新聞等でもよくみられるようになったこの技術に関して、どの国や企業がリードし、世界ではどのような論文が注目されているでしょうか。   目次 MaaSの論文数の世界動向 MaaSの注目論文 MaaSの日本の注目企業 まとめ   MaaSの論文数の世界動向 MaaSの研究は2013年ころより上昇し始め、2015年から2018年にかけては急激に論文数が増えています(図1)。国別の傾向を見ると、やはり欧米中心に論文数が多く、日本は9位という順位になっています(図2)。 注:論文数は、Web of Science core collection収録のArticle,Review、Proceedings Paper (2019年8月現在)   MaaSの注目論文 「MaaS(Mobility as a Service)」で被引用数の多かった論文 2017年のMobility as a Service: A Critical Review of Definitions, Assessments of Schemes, and Key […]

実はまだ増加しているヒアリ。研究論文から世界の動向や最新の研究を知るには?

実はまだ増加しているヒアリ。研究論文から世界の動向や最新の研究を知るには? 2019年11月 ソリューション・コンサルタント 古林 奈保子   2017年の5月に初めて日本でヒアリが発見された時には大きな話題になり、私も子供に「アリは触っちゃだめだよ」と声をかけたのを思い出します。あれから時折ニュースに出るものの、忘れかけている人もいるのではないでしょうか。国立環境研究所によると、2019年10月の東京港青海ふ頭における調査で、ヒアリは「一定の規模のコロニーを形成しており、多数の有翅女王アリ(50個体以上)を含んでいたことが確認された」としています。南米大陸原産のアリですが、1930年以降北米に、2000年以降にアジア・太平洋地域に広がったと言われています。今回は研究論文から、ヒアリ研究の世界動向と最新の研究成果に迫りたいと思います。   目次 ヒアリ研究の世界動向 ヒアリ研究の注目論文 まとめ   ヒアリ研究の世界動向 ヒアリをトピック(論文タイトル・抄録・キーワードを対象)で検索すると、年々論文は増え、2000年以降急激に論文が増えています(図1)。これはちょうどアジア・太平洋地域への広がりと同時期です。その後、2015年には一度論文数は減少していますが、日本での発見の2017年の前後に、再び上昇に転じています。国別の論文数を見ると、米国が圧倒的に多く、全体の70%の論文に米国所属の著者が含まれています。日本は10位で、2017年の発見以降、論文が増えています。また、ここで特徴的なのは他の分野ではトップ10入りしないことが多い、ブラジルやアルゼンチンが上位10位に並んでいることです(図2)。   ヒアリ研究の注目論文 ヒアリ研究の注目論文をいくつかピックアップしたいと思います。1報目はヒアリのゲノムについての論文で高被引用論文に選ばれています①。こちらは、オープンアクセス論文ですので、どなたでも無料で読むことができます。2報目は日本の研究者が書いた、最近注目度が高い論文です②。ヒアリへの対応について、ワサビを用いる、という具体的な拡散防止に関する論文です。この論文は兵庫県立大学、沖縄科学技術大学院大学、台湾大学による国際共著論文です。   ①ヒアリ研究の高被引用論文(同出版年・同分野で被引用数が上位1%の論文)かつオープンアクセスの論文 The genome of the fire ant Solenopsis invicta(本文を読む) By: Wurm, Yannick; Wang, John; Riba-Grognuz, Oksana; et al. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   Volume: 108   Issue: 14   Pages: 5679-5684   Published: […]

ノーベル賞でさらに盛り上がる「リチウムイオン電池」の注目論文と最新の研究動向は?

ノーベル賞でさらに盛り上がる「リチウムイオン電池」の注目論文と最新の研究動向は? 2019年11月 シニア・データコンサルタント 安藤 聡子   2019年のノーベル化学賞の受賞テーマは「リチウムイオン電池の開発」でした。リチウムイオン電池の論文は最近急増しており、87,000報も収録されています。その中でも今回の受賞者John B. Goodenough、M. Stanley Whittinghamの最多の引用を受けたこのテーマの論文は現在被引用数でみると全分野の論文の中でもトップ中のトップの論文として目立っています。このようにノーベル賞クラスの論文は、被引用数が際立っていることが多く、成長が著しいため、論文数が多いテーマの場合も中心となる論文を被引用数からみつけることができます。   目次 リチウムイオン電池の論文数推移 リチウムイオン電池研究とクラリベイト引用栄誉賞 ノーベル賞受賞者の最も引用された論文 まとめ   リチウムイオン電池の論文数推移 2019年ノーベル化学賞のテーマは「リチウムイオン電池」でした。富士経済の報告によりますとリチウムイオン電池の応用範囲は幅広く、すでにその市場は2017年に3兆円に達しています。今後は車載電池への応用など、ますますその市場の成長が期待されており2022年には2017年の2倍以上にもなるという予測もでています。関連した研究が盛んにおこなわれているかどうかをみると、論文数も非常に伸びています(図1) 図1 「リチウム」と「電池」で検索したWeb of Scienceのレコード数推移(2019年11月6日現在)   リチウムイオン電池研究とクラリベイト引用栄誉賞 クラリベイト・アナリティクスでは毎年9月に、クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞(2016年まではトムソン・ロイター引用栄誉賞)として、引用からみた「ノーベル賞クラスの研究」とそのテーマの中心となる研究者を発表しています。2019年のノーベル化学賞受賞者3名のうち、John B. Goodenough、M. Stanley Whittinghamは、2015年に「リチウムイオン電池の開発を導いた先端的研究」で引用栄誉賞を受賞しています。このようなノーベル賞クラスの研究の多くは、引用回数が1,000回以上になっていることが多く、この二人の研究も例外ではありませんでした。ちなみに引用回数1,000回以上の論文は、Web of Scienceが収録している論文全体のわずか上位0.04%です(図2)。 図2 引用回数の累積度(Web of Science core collection Article, Review, Proceedings Paper )   ノーベル賞受賞者の最も引用された論文 John B. Goodenoughの最多被引用論文 Phospho-olivines as positive-electrode materials for rechargeable lithium batteries(全文を読む) […]

CSVとは?ポーター氏の論文からCSVの世界動向と最新の取組を知る

CSVとは?ポーター氏の論文からCSVの世界動向と最新の取組を知る 2019年10月 ソリューション・コンサルタント 安藤 聡子 2011年1月にHarvard Business Reviewにてマイケル・ポーター氏が「次世代型CSRともいえるCSV社会にとって利益となることが企業にとっての利益となる」とし、「CSV」という概念を提唱しています。CSR(企業の社会的責任)は多くの企業と取り入れられ、知名度があがっています。一方で、昨今CSV(Creating Shared Valueの略。「共通価値の創造」)が注目されていますが、みなさんはご存知でしょうか。今日はCSVに着目し、研究論文を通して世界の動向や注目企業・機関や読むべき注目論文を紹介したいと思います。 目次 CSVとは – CSRとの違い CSVの注目論文 CSVの国別動向   CSVとは – CSRとの違い CSV(Creating Shared Value)はアメリカ、ハーバード大学の経営学者マイケル・ポーターのアイデアで、次世代型CSRともいえるでしょう。CSVは「社会問題の解決と利益の創出」は両立するという考え方であり、自社のバリューが社会問題の解決に貢献してこそビジネスの発展があるという考え方です。 比較されることが多い、CSRとの違いはなんでしょうか。CSRはCorporate Social Responsibility の略で、「企業の社会的責任」と訳されます。CSRは企業の主体としてる事業と関連のない事業にも当てはまりますが、対するCSVは自社の事業活動を通じて社会的な課題の解決を目指します。   CSVの注目論文 ” Creating Shared Value” という論文は2011年1月にHarvard Business Review(巻: 89 号: 1-2 ページ: 62-77 特別号: SI)(抄録)に掲載され、これまでに1,500回以上引用されています。過去10年間に同ジャーナルに掲載された論文の中で最も引用されている非常に影響力の大きい論文です。この論文を引用している1500報の論文の中でも最も引用が多い論文は持続可能なビジネスモデルについての2013年の論文です。 Business models for sustainable innovation: state-of-the-art and steps towards a research agenda(JOURNAL OF CLEANER […]