詐欺

侵害者の意図を特定して賢明な法的措置を

侵害者の意図を特定して賢明な法的措置を Stefanie Ellis Portfolio Marketing Manager, MarkMonitor   2018年9月6日 オンライン上の知的財産が危険にさらされていることは、ご存知だと思います。では、侵害はどのように発生しているのでしょうか。   侵害、マルウェア、フィッシングなどの脅威には、ある共通点があります。ブランドエクイティを利用していることです。このような侵害者から自社ブランドを守るためには、その攻撃意図を理解する必要があります。攻撃の狙いは、金銭を奪うことでしょうか?それとも、トラフィックを奪うことでしょうか?   ブランドそのものが狙われているのか? ブランド価値は、さまざまな要因の影響を受けます。オンラインでビジネスを行う場合、企業の評判とセキュリティに対するリスクが高まることは避けられません。評判のダメージ、収益の喪失、事業コストの増加などは、その一端に過ぎません。オンラインの脅威や知的財産の侵害は、その意図がブランド侵害なのか、あるいは悪質な脅威なのかによって、形態が異なります。   ブランド侵害とは、ブランドの「なりすまし」や偽のアフィリエイトなどを利用してトラフィックを奪うことを主な目的とした、知的財産の不正利用です。一般的にこれらの脅威は、トラフィックの流用、偽のアフィリエイト、フィッシング以外のブランドの「なりすまし」、サイバースクワッティング、ブランドやロゴの混合、パートナーのコンプライアンス、キーワードの乗っ取りなどの形態がとられます。このような脅威により、企業はトラフィックを失い、収益の喪失、ブランドの混乱、企業の評判の失墜などの悪影響を被る可能性があります。 あるいは金銭が狙いなのか? 多くの悪質な脅威は、有名ブランド企業を狙うフィッシング詐欺として現れることが確認されています。フィッシング詐欺は、金銭やデータを違法に取得することを目的とした、知的財産を不正利用する行為です。一般的に、消費者向けフィッシング、ビッシング(電話なりすまし)、スミッシング/SMSテキストフィッシング、マルウェアの配信、ビジネスメール詐欺(BEC)、従業員標的型スピアフィッシングとして現れ、認証情報、金銭、データの窃盗や、マルウェアやその他のメールの配信を目的としています。フィッシング詐欺によりブランド側が受ける主な影響は、被害に遭った消費者に伴う金銭的な損害ですが、ブランドへの信頼が失墜するという結果を招く恐れもあります。   オンライン上の脅威を検知するには、複数のソースからデータを取得しなければなりません。ドメイン関連のゾーンファイル、検索エンジン、SNS、モバイルアプリ マーケットプレイスから、多数のブランド侵害関連のオンライン脅威が見つかっています。フィッシング詐欺は、eメールのフィード、顧客ウェブサーバーのログや不正な受信トレイ、DMARCに基づき隔離されたURLのフィード、ドメイン関連のゾーンファイルで頻繁に見つかっています。   迅速で効率的な法的措置を行うには、侵害意図を特定することが最も重要です。一般的に、コンテンツやメールベースの証拠からフィッシング詐欺を証明できれば、法的措置を素早く進められます。悪質な意図がない場合は、知的財産の不正利用を根拠として法的措置を講じる必要があり、この手続きには時間がかかる可能性があります。   対策を講じればオンラインビジネスの脅威を緩和することができます。また法的処置は各国により異なります。是非MarkMonitorにお問合せください。   MarkMonitorのソリューションについてはこちらからご覧になれます。 英語原文はこちら

模倣薬はオンラインブランドにとって3重の脅威に

模倣薬はオンラインブランドにとって3重の脅威に Akino Chikada Portfolio Marketing Director, MarkMonitor   2018年8月10日 米国食品医薬品局(Food and Drug Administration: FDA)によると、オンライン薬局の97%は危険な違法ストアです。   多くのオンライン薬局には、極めて高度な犯罪組織が関与しており、効き目のない薬や健康に有害な薬を販売しています。深刻な健康被害だけでなく、こうした違法なオンライン薬局の多くが、マルウェアを利用して消費者の認証情報(クレジットカード番号やIDなど)を盗んでいるため、状況は一層、深刻です。さらに、こうした模倣医薬品の脅威は、ブランドの評判やドメイン管理の問題にも及びます。   製薬会社にとって、違法なオンライン薬局の存在は深刻な問題です。オンライン製薬会社の多くは正規の会社になりすましているため、専門家ですら正規のオンライン薬局と区別することが難しいのです。当然、悪質なオンライン薬局によって危険にさらされた被害者は数えきれません。模倣医薬品は、適切に保管されていない、処方量が正しくない、不明な成分が使われているなど、さまざまな理由によって消費者に深刻な健康リスクをもたらします。死傷者が出た場合、製薬会社やブランドオーナー側の責任は飛躍的に増大します。   オンライン上でブランドや消費者の健康を守るために、以下のヒントをご活用ください。 米国を拠点としている場合は、全米薬事評議会連合会(NABP)が認可したウェブサイトであることを示す「Verified Internet Pharmacy Practice Sites(VIPPS)」マークがあるか確認してください。 処方箋の提示が義務付けられていることを確認してください。正規のオンライン薬局は、必ず有効な処方箋を要求します。「処方箋不要」 を謳うサイトには警戒してください。 オンライン薬局の出荷対応国を確認してださい。薬局は、出荷先での認可も受けていなくてはなりませんので、海外に出荷しているサイトは違法サイトかもしれないと疑ってください。ほとんどの場合、薬局が所在する管轄地と購入者が所在する管轄地の両方で認可を受けていることが義務付けられており、どこの誰にでも販売できるわけではありません。 転売品にご注意ください。多くのサイトは、製造国と出荷国が異なる場合、はっきりその旨表示しています。パッケージに記載されている言語と製品のウェブサイトの言語をご確認ください。受け取った医薬品のパッケージや記載されている情報が別の言語で書かれていて理解できない場合、不利益を被る可能性があります。 正規の薬局は、未認可の医薬品を販売していません。未規制の医薬品を販売しているサイトは、悪質なオンライン薬局である可能性があります。 正規のオンライン薬局は、必ず、免許を取得している薬剤師の連絡先を提供しています。   これらは、悪質なオンライン薬局を特定するうえでの分かりやすい特徴ですが、現実には、多くの消費者がこうした詐欺の被害に遭っています。ブランド所有者はオンラインの実情を管理し、積極的にこうした悪質なオンライン薬局サイトを摘発し閉鎖させ、消費者の安全を守る必要があります。詳細については、当社の専門家までお問い合わせください。   MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

広がるフィッシングキットのわな

広がるフィッシングキットのわな Stefanie Ellis Portfolio Marketing Manager, MarkMonitor   2018年7月10日 フィッシング攻撃による影響を見てみると、驚きのデータが飛び込んできます。MarkMonitorが実施した調査によると、2018年第1四半期のフィッシング攻撃数は、前年同期と比べ79%も増加したことが分かりました。   フィッシングが蔓延した主な理由は非常に明白です。フィッシングは成功すれば、サイバー犯罪者が違法行為に必要な顧客の機密データを手に入れる方法として、大変効果的な方法だからです。しかし、攻撃が増加した背景には、「フィッシングキット」のコモディティ化も挙げられます。このキットが登場したことで、フィッシングサイトを簡単に立ち上げることができ、サイバー犯罪者のさらなる蔓延を招いているのです。   フィッシングキットは、アーカイブフォルダー(通常は、.zipまたは.rar)で構成されています。コード、情報、グラフィックス、その他ファイルなど、必要なものがすべて含まれていて、比較的簡単にフィッシング攻撃をしかけることができてしまいます。通常は、ダークウェブ、プライベートオンラインマーケットプレイス、メッセージボードなどのどこかにあるホストにアップロードされています。   キット自体は、コーディングやフィッシングに詳しいプロのオンライン犯罪者が開発・作成していますが、ホストにアップロードされた後は、事実上、誰でも(技術的な知識がない人でも)入手でき、高度なサイバー犯罪を実行でてしまうのです。キットの普及は、今後もフィッシング攻撃が増加することを意味しています。これまで以上に広い範囲でわなをしかけ、増加するオンライン犯罪者の数に比例し、被害者の数も増えるでしょう。   MarkMonitorは、過去28カ月間で10万回以上のフィッシングキットの使用を確認しました。ひと月あたり約3,600点のフィッシングキットが見つかったという計算になります(同月内の重複を除く)。興味深いことに、サブセット内の重複を除くと、確認されたフィッシングキット数は約6万に減りました。これは、多数のフィッシングキットが使い回されていることを意味します。 サイバー犯罪者は、これらのキットが削除されたり摘発されたりしないように対策していますが、MarkMonitorはフィッシングキット関連のリスクを抑える非常に効果的な革新的テクノロジーを開発しました。MarkMonitor独自のフィッシングキット分析機能で、すべてのインスタンスを「フィッシングキットファミリー」と呼ばれる分類にまとめることで、それぞれの攻撃を特定し、フィッシングサイト閉鎖時にキットのコンテンツを除去あるいは回収する作業を容易にします。   スマートフォンのカメラで誰もが写真家になったのと同様に、フィッシングキットの登場で、悪意を持つ者なら誰もがサイバー犯罪者になることができてしまいます。世の中に出回るすべてのフィッシングキットを見つけ出すことは不可能かもしれませんが、MarkMonitorの専門知識と高度なソリューションで、貴社ブランドがマイナスの影響を受け続けることがないようサポートさせていただきます。MarkMonitorのフィッシング対策ソリューションの詳細については、こちらクリックしてください。   MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら