Web Of Science

ノーベル賞でさらに盛り上がる「リチウムイオン電池」の注目論文と最新の研究動向は?

ノーベル賞でさらに盛り上がる「リチウムイオン電池」の注目論文と最新の研究動向は? 2019年11月 シニア・データコンサルタント 安藤 聡子   2019年のノーベル化学賞の受賞テーマは「リチウムイオン電池の開発」でした。リチウムイオン電池の論文は最近急増しており、87,000報も収録されています。その中でも今回の受賞者John B. Goodenough、M. Stanley Whittinghamの最多の引用を受けたこのテーマの論文は現在被引用数でみると全分野の論文の中でもトップ中のトップの論文として目立っています。このようにノーベル賞クラスの論文は、被引用数が際立っていることが多く、成長が著しいため、論文数が多いテーマの場合も中心となる論文を被引用数からみつけることができます。   目次 リチウムイオン電池の論文数推移 リチウムイオン電池研究とクラリベイト引用栄誉賞 ノーベル賞受賞者の最も引用された論文 まとめ   リチウムイオン電池の論文数推移 2019年ノーベル化学賞のテーマは「リチウムイオン電池」でした。富士経済の報告によりますとリチウムイオン電池の応用範囲は幅広く、すでにその市場は2017年に3兆円に達しています。今後は車載電池への応用など、ますますその市場の成長が期待されており2022年には2017年の2倍以上にもなるという予測もでています。関連した研究が盛んにおこなわれているかどうかをみると、論文数も非常に伸びています(図1) 図1 「リチウム」と「電池」で検索したWeb of Scienceのレコード数推移(2019年11月6日現在)   リチウムイオン電池研究とクラリベイト引用栄誉賞 クラリベイト・アナリティクスでは毎年9月に、クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞(2016年まではトムソン・ロイター引用栄誉賞)として、引用からみた「ノーベル賞クラスの研究」とそのテーマの中心となる研究者を発表しています。2019年のノーベル化学賞受賞者3名のうち、John B. Goodenough、M. Stanley Whittinghamは、2015年に「リチウムイオン電池の開発を導いた先端的研究」で引用栄誉賞を受賞しています。このようなノーベル賞クラスの研究の多くは、引用回数が1,000回以上になっていることが多く、この二人の研究も例外ではありませんでした。ちなみに引用回数1,000回以上の論文は、Web of Scienceが収録している論文全体のわずか上位0.04%です(図2)。 図2 引用回数の累積度(Web of Science core collection Article, Review, Proceedings Paper )   ノーベル賞受賞者の最も引用された論文 John B. Goodenoughの最多被引用論文 Phospho-olivines as positive-electrode materials for rechargeable lithium batteries(全文を読む) […]

Web of Science アラート機能アップデートのお知らせ

Web of Science アラート機能アップデートのお知らせ   11月5日より、Web of Scienceのアラート機能がより便利にお使いいただけるようになりました。 主な変更点は以下になります。 ・関連度の高い上位検索結果をモバイル機器でも読みやすく配信。 ・メールアラートの設定、変更がよりわかりやすく簡単に。 ・横断検索(All Database)のアラート機能を追加。 詳しくはこちら(英文)をご参照ください。 尚、プロキシ設定にてご利用いただいておりますお客様機関におかれましては、新しくなったアラートページにアクセスが出来なかった場合、新しいURLを追加して頂く必要がございます。 お手数ですが、こちらのページをご参照のうえ、追加をお願いいたします。 ご不明な点がございましたら弊社カスタマー・サービスまたは担当営業までお知らせください。 引き続き弊社製品・サービスのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。   本件問い合わせ先 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 カスタマー・サービス E-mail : :ts.support.jp@clarivate.com トール・フリー: 0800-888-8855 電話番号: 03-4589-3107 電話受付時間: 平日午前9時30分~午後5時30分

CSVとは?ポーター氏の論文からCSVの世界動向と最新の取組を知る

CSVとは?ポーター氏の論文からCSVの世界動向と最新の取組を知る 2019年10月 ソリューション・コンサルタント 安藤 聡子 2011年1月にHarvard Business Reviewにてマイケル・ポーター氏が「次世代型CSRともいえるCSV社会にとって利益となることが企業にとっての利益となる」とし、「CSV」という概念を提唱しています。CSR(企業の社会的責任)は多くの企業と取り入れられ、知名度があがっています。一方で、昨今CSV(Creating Shared Valueの略。「共通価値の創造」)が注目されていますが、みなさんはご存知でしょうか。今日はCSVに着目し、研究論文を通して世界の動向や注目企業・機関や読むべき注目論文を紹介したいと思います。 目次 CSVとは – CSRとの違い CSVの注目論文 CSVの国別動向   CSVとは – CSRとの違い CSV(Creating Shared Value)はアメリカ、ハーバード大学の経営学者マイケル・ポーターのアイデアで、次世代型CSRともいえるでしょう。CSVは「社会問題の解決と利益の創出」は両立するという考え方であり、自社のバリューが社会問題の解決に貢献してこそビジネスの発展があるという考え方です。 比較されることが多い、CSRとの違いはなんでしょうか。CSRはCorporate Social Responsibility の略で、「企業の社会的責任」と訳されます。CSRは企業の主体としてる事業と関連のない事業にも当てはまりますが、対するCSVは自社の事業活動を通じて社会的な課題の解決を目指します。   CSVの注目論文 ” Creating Shared Value” という論文は2011年1月にHarvard Business Review(巻: 89 号: 1-2 ページ: 62-77 特別号: SI)(抄録)に掲載され、これまでに1,500回以上引用されています。過去10年間に同ジャーナルに掲載された論文の中で最も引用されている非常に影響力の大きい論文です。この論文を引用している1500報の論文の中でも最も引用が多い論文は持続可能なビジネスモデルについての2013年の論文です。 Business models for sustainable innovation: state-of-the-art and steps towards a research agenda(JOURNAL OF CLEANER […]

クラリベイト・アナリティクス、2019年の引用栄誉賞を発表

クラリベイト・アナリティクス、2019年の引用栄誉賞を発表 7か国から新たに19名に引用栄誉賞を授与。 現在までに50名の引用栄誉賞受賞者がノーベル賞を受賞。 そのうち29名は、引用栄誉賞から2年以内の受賞。   2019年9月25日(日本時間) クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社   Clarivate Analyticsの事業部門であるWeb of Science Groupは、本年度の引用栄誉賞(Citation Laureate)に選ばれた、世界7か国19名の世界的な研究者を発表しました。受賞者は皆、同事業部門のシンクタンクであるInstitute for Scientific Information(ISI)の分析によって、その研究成果が、「ノーベル賞クラス」と見なされる研究者です。ISIの分析は、引用索引データベースWeb of Scienceに収録された引用数が非常に多い論文を対象としています。ISIのアナリストは、2002年以来、毎年Web of Scienceのデータを活用し、ノーベル賞と同様に医学・生理学、物理学、化学、経済学分野において、影響力のある研究者を特定しています。1970年以降Web of Scienceに収録された約4,700万件の論文のうち、2,000回以上引用された論文は、わずか4,900件(0.01%)です。これらの論文の著者の中から、引用栄誉賞が選ばれます。これらの研究者の研究論文は頻繁に引用され、科学分野に極めて大きく貢献しており、時には社会に変革をもたらします。 2019年10月上旬、ノーベル委員会は学術分野最高の栄誉を授与するための投票を行います。世界中が注目するこの予測に、Web of Science Groupは定量的データに基づく分析と知見を提供しています。これまで、50人の引用栄誉賞受賞者がノーベル賞を受賞しました。そのうち29名は、引用栄誉賞の受賞から2年以内にノーベル賞を受賞しています。2,000回以上引用される論文はまれで、こうした論文の著者の中から、ノーベル賞の受賞者が出ています。 本年度の受賞者19名のうち10名は、北米の主要な学術機関を拠点としています。その他は、デンマーク、ドイツ、イスラエル、オランダ、イギリス、シンガポールの機関に所属しています。 2019年度の引用栄誉賞受賞者:   医学・生理学   Hans Clevers, Professor in Molecular Genetics at the UMC Utrecht and Utrecht University, the Netherlands; Principal Investigator at the Hubrecht Institute (KNAW) and […]

Web of Science Group、最新のJournal Citation Reportsをリリース

Web of Science Group、最新のJournal Citation Reportsをリリース ~世界で最も影響力のあるジャーナルが明らかに~   2019年7月1日 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社   クラリベイト・アナリティクスのWeb of Science 事業部は、最新の学術ジャーナル評価分析ツール:Journal Citation Reports(以下、JCR)を発表しました。最新のジャーナル・インパクトファクター2018をご参照いただけます。 JCRは高品質な学術誌に関して、ジャーナル・インパクトファクター( Journal Impact Factor以下、JIF)など、出版社と利害関係のないデータや数値を提供します。JCRは編集者によって厳選された唯一の包括的な引用索引データベースWeb of Scienceのデータに基づき作成されています。 JCRには、JIFの算出に使われたデータセットが完全に公開されており、学術ジャーナルの記事および引用文献情報の影響度を、論文と学術ジャーナル両方のレベルにおいて分析できます。 JCRに含まれる引用データや影響度を表す数値・指標は、学者、研究所、図書館司書、研究への資金提供者ならびに出版社にとって極めて重要な参考資料となります。出版社はJCRを使って自社の学術ジャーナルのパフォーマンスを理解し、同分野の他の学術ジャーナルとの相対評価を行えます。研究者たちは自分の論文の投稿先を決定する際の判断材料としてJCRを利用しています。 2019年の主なハイライト: 収録対象ジャーナル:– 11,877 誌に付与(新たに283 のジャーナルが追加/うち108誌がオープンアクセスジャーナル) – 64%のジャーナルでJIFが上昇(上昇率は平均9.35%) – 日本のジャーナルが3誌追加 – BIOSCIENCE OF MICROBIOTA FOOD AND HEALTH – GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY – JOURNAL OF ASIAN CERAMIC SOCIETIES 新規カテゴリーの追加: 3つの新しいカテゴリー(研究分野)が追加され、236分野に […]

G20諸国の論文分析から見える科学と経済の意外な関係

.clearfix::after{ content: “”; display: block; clear: both; G20諸国の論文分析から見える科学と経済の意外な関係   Web of Science 事業部 シニア・マネージャー 中村優文 以下の2つのグラフは非常によく似た傾向を示している(図1、2)。1980年から一貫して首位で牽引しているアメリカ、2000年代中盤から急速に増加し、2番手に位置する中国、そして90年代後半から一貫して横ばいを続ける日本。これらはG20各国の論文数の推移とGDPの推移を表したグラフである。2018年の論文数、GDPの順位を見ると、多少の差異は見られるものの、上位国の顔ぶれや、インドやブラジルのような新興国の位置づけも類似していることが分かる。 日本の論文数およびGDPの増加率・成長率はさらに興味深い。高度成長期を経た80年代、日本の経済成長は5%前後で推移し、90年代に入ると低い水準の低成長時代へと推移し、現在に至るまで続いている。一方、論文数の増加率を見ると、80年代は同様に5%を超える高い水準で成長していたが、90年代後半から低下し、2000年代にはGDPと同じく低成長時代に入っている。論文数がGDPに少し遅れて低成長時代に入っているのが特徴的である(図3)。 昨今、日本の科学研究の相対的な低迷がいたるところで取り上げられ、その大きな要因として大学の運営の非効率性などが挙げられているが、ここで例に挙げた経済指標の推移との類似性を見ると、科学のパフォーマンスは必ずしも学術界だけの問題ではなく、経済を含めた日本の社会全体の構造的な要因もはらんでいるのではないかとの仮説が浮かんでくる。 仮説の検証および要因の究明はより詳細な分析が必要であるが、このデータが日本の科学・研究力の向上の本質的な議論の一助になれば幸いである。 図1 論文数注1【左】とGDP(名目・ドル)【右】の推移(赤の太線が日本)   図2 2018年の論文数【左】とGDP(名目・ドル)【右】(アメリカを1として指数化)   図3 日本の論文数とGDP(名目・円)の成長率(増加率)の推移注2 注1:論文数の数え方には、整数カウントと分数カウントがある。整数カウントでは国際共著でも重複してカウントするため、イギリスやドイツのように国際共著論文が多い国では論文数の増加傾向が見られる。一方、分数カウントでは1報の論文を按分して数えるため、国際共著の多寡は補正され、イギリスやドイツと日本との論文数の差は縮まる。なお、本稿ではすべて整数カウントにより集計をしている。論文のカウント方法についての詳細はこちら。 注2:論文数の1996年に見られるピークは、論文数の母数となるデータベースWeb of Scienceの収録レコードが大きく増加(前年比13%増)したことによる。Web of Scienceの収録レコード数は年によるばらつきはあるものの、1980~2018年は平均して約4%で増加しており、世界のGDP成長率とほぼ同水準である。 【データの出典】 論文データ:InCites Benchmarking ・分野スキーマ:ESI ・ドキュメントタイプ:Article、Review GDPデータ:International Monetary Fund, World Economy Outlook Database ・種類:名目GDP ・通貨:USドル Web of Science Groupについて Web of Science Groupは、学術界、企業、出版社、および政府が研究のスピードを加速できるように、世界の研究情報を収集し、体系化したデータとして提供しています。出版社に中立な立場として、世界最大の引用索引・研究情報プラットフォームであるWeb of Scienceをベースに、Converis、EndNote、Kopernio、Publons、ScholarOneなどの製品を展開しています。Web of Science […]

Web of Science Group、G20参加国の研究実績を検証する新レポートを発表

Web of Science Group、G20参加国の研究実績を検証する新レポートを発表 ~主要経済国の研究業績データが示す世界的イノベーションの推進~     Web of Science GroupのInstitute for Scientific Information(ISI)は、6月28・29日に日本で開催されるG20大阪サミットに先立ち、G20各国の研究業績を可視的に比較し検証する新たなレポートを発表した。Web of Science Groupはイノベーションの加速に向けて信頼性のある知見や分析を提供する世界的リーディングカンパニーであるクラリベイト・アナリティクス(NYSE: CCC; CCC.WS)の学術情報事業部門である。 世界の経済大国は最も革新的でイノベーションが進んでいる国々でもあり、イノベーションは何よりも研究によって推進されている。研究の便益が経済、社会、文化的成果によって実現され、それが経済成長を押し上げ、進歩につながる。 「The Annual G20 Scorecard – Research Performance 2019(G20年次スコアカード-2019年研究業績)」レポートには、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、トルコ、英国、米国の研究業績の概要が文書およびグラフや図表で説明されている。また、G20参加国のうちEUを除く19カ国全体において以下の特徴が示されている: 世界人口の65%を占めている 世界のGDPのうち80%以上を産出している 世界の研究開発費の92%を支出している 世界全体の研究者の87%を雇用している Web of Scienceに収録されている論文の70%を占めている(直近3年間では500万報の論文を発表) 本レポートで示すデータは各国の研究の現状を示すものであり、政策的にも関心が高い情報に焦点を当てている。影響力のある研究に寄与する主な要素が国ごとにまとめられており、以下の情報が記載されている: 国際的関与:G20が行う研究のうち、約半数が各国間の連携によるもので、最も影響力が大きい研究が含まれる より広範な経済の中での相対的な研究資金:EUは2020年までにGDPの最低3%を研究資金に充てることを目指している 研究者のジェンダーバランス:ユネスコの報告によると、世界の研究者のうち30%が女性である 論文へのオープンアクセス:EUは公的資金による研究論文を直ちにアクセス可能にする「プランS」を推進しており、2018年にG20で行われた研究の3分の1がOAとして公表された 研究発表と被引用度のまとめと、その指標の科学・人文科学の主要研究分野別の詳細 Institute for Scientific Informationのディレクターで本レポートの共著者であるジョナサン・アダムスはこう語る:「これらのスコアカードは大規模かつ成熟した経済と、まだ小規模で研究ベース構築の途上にある経済の両方をカバーしています。レポートでは発展の進捗に焦点を当て、対象国の順位付けは有意義でないと考えています。これは相対的な実績を示すレポートではなく、これらのスコアカードは政策立案者、オブザーバー、メディアなどがG20参加国における研究の発展状況を分析・評価するために参考となるものです。」   G20諸国の論文分析から見える科学と経済の意外な関係 G20各国の論文数の推移とGDPの推移を比較すると、両者が非常によく似た傾向を示していることが分かる(図1、2)。 アメリカは1980年から一貫して首位で牽引し、中国は2番手に位置し、日本は90年代後半から一貫して横ばいを続けている。また、2018年の論文数、GDPの順位を見ると、多少の差異は見られるものの、上位国の顔ぶれや、インドやブラジルのような新興国の位置づけも類似している。 日本の論文数およびGDPの増加率・成長率の推移にも類似点が見受けられる(図3)。高度成長期を経た80年代、日本の経済成長は5%前後で推移し、90年代に入ると低い水準の低成長時代へと推移し、現在に至るまで続いている。一方、論文数の増加率を見ると、80年代は同様に5%を超える高い水準で成長していたが、90年代後半から低下し、2000年代にはGDPと同じく低成長時代に入っている。論文数がGDPに少し遅れて低成長時代に入っているのが特徴的である。 クラリベイト・アナリティクス・ジャパンのWeb of Science 事業部シニア・マネージャー中村優文は次のように述べている。「昨今、日本の科学研究の相対的な低迷がいたるところで取り上げられ、その大きな要因として大学の運営の非効率性などが挙げられています。しかし、上記の経済指標の推移との類似性を見ると、科学のパフォーマンスは必ずしも学術界だけの問題ではなく、経済を含めた日本の社会全体の構造的な要因もはらんでいるのではないかとの仮説が立てられます。仮説の検証および要因の究明は、より詳細な分析が必要ですが、このデータが日本の科学・研究力の向上の本質的な議論の一助になれば幸いです。」   […]

ResearcherIDプラットフォーム移行のお知らせ(3)

ResearcherIDプラットフォーム移行のお知らせ(3) 2019年4月18日   先般よりお知らせしておりました、ResearcherIDプラットフォームの移行が完了しました。 移行につきましてはご利用者の皆様の多大なるご協力をいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。   現在、旧ResearcherIDのサイトにアクセスしていただくと、新プラットフォーム「Publons(パブロンズ)」へのご案内をご覧いただけます。   Publonsがどのように研究者の皆様にご活用いただけるのか、ぜひこちらの動画もご覧ください。   引き続き弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。     本件問い合わせ先 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 カスタマー・サービス E-mail : ts.support.jp@clarivate.com 〒107-6119 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル19階 トール・フリー: 0800-888-8855 電話番号: 03-4589-3107 電話受付時間: 平日午前9時30分~午後5時30分

ResearcherIDプラットフォーム移行のお知らせ(2)

ResearcherIDプラットフォーム移行のお知らせ(2) 2019年4月8日   先日、ResearcherIDプラットフォームを移行する旨をお伝えしましたが、移行時期が決まりました。   プラットフォームの移行を、2019年4月12日~14日に実施する予定です。移行期間中、ResearcherIDアカウントにアクセスすることはできなくなりますのでご留意ください。   移行後は新しいプラットフォームであるPublons(パブロンズ)にて、論文業績のみならず査読や編集委員としての活動歴も一括管理できるようになります。   ぜひとも新生Publonsをお試しください!   引き続き弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。   ご参考: ResearcherIDプラットフォーム移行のお知らせ (2019年3月26日)   本件問い合わせ先 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 カスタマー・サービス E-mail : ts.support.jp@clarivate.com 〒107-6119 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル19階 トール・フリー: 0800-888-8855 電話番号: 03-4589-3107 電話受付時間: 平日午前9時30分~午後5時30分

ResearcherIDプラットフォーム移行のお知らせ

ResearcherIDプラットフォーム移行のお知らせ 2019年3月26日   2019年4月、ResearcherIDを新しいプラットフォーム、Publons(パブロンズ)に移行する予定です。 Publonsでは、論文業績登録はもちろんのこと、査読実績・編集委員歴を保存することもできます。       その他にも便利な機能がありますので、ぜひご活用ください: Web of Science、ORCID、文献管理ソフトウェア(EndNote、Mendeley、Zotero等)から論文情報を簡単にインポートできます。 Web of Science Core Collection の最新の被引用数を表示します。 論文査読歴とジャーナル編集委員歴を自動的に取得します。(Publonsは、世界中の何千もの学術ジャーナルと連携しています。) なお、今回のプラットフォーム移行に伴い、researcherid.comからPublonsへのプロファイルデータの自動移行を実施します。この移行は、ResearcherIDプロファイルを「公開」(Public) に設定されているご利用者様についてのみ実行しますので、次の点にご注意ください: 移行時点でResearcherIDプロファイルを「非公開」(Private) に設定されている場合、reseacherid.comからPublonsへのプロファイルデータ自動移行は実施されません。 ResearcherIDプロファイルデータの自動移行を希望のご利用者様は、お早めにResearcherIDプロファイルを「公開」(Public) にご設定いただきますようお願いいたします。 移行日・Publonsへのログイン方法等は、後日改めてご案内いたします。 引き続き弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。   本件問い合わせ先 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 カスタマー・サービス E-mail : ts.support.jp@clarivate.com 〒107-6119 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル19階 トール・フリー: 0800-888-8855 電話番号: 03-4589-3107 電話受付時間: 平日午前9時30分~午後5時30分