SNS

個人への攻撃 : ソーシャルメディアの脅威とその将来

個人への攻撃 : ソーシャルメディアの脅威とその将来 Akino Chikada Senior Portfolio Marketing Director, MarkMonitor 2019年6月26日 ソーシャルメディアは両刃の刀です。ビジネスやブランドの所有者がより顧客を理解し、顧客と関わり合える機会を提供していますが、その一方で、ハッカー、海賊版製造業者、サイバー犯罪者、模倣品業者がブランドを悪用し、顧客と接触する機会も与えてしまいます。   スーパーマーケットから航空会社や大手銀行まで、オンライン上の犯罪者は顧客の信用を基に、ソーシャルメディアやメッセージングアプリの信頼性の高いブランド名を悪用してユーザーを捕らえようとします。この事態を放置し、悪化すると、被害者はブランドを非難し、場合によってはブランドに対して否定的なコメントが書かれることがあります。   ブランドや個人にとっての脅威は、ソーシャルメディアのプラットフォームがパーソナライズ(個人向け)されていくことによって、ますます高まっていきます。パーソナライズが進むと、データも増え、そのためオンライン上のリスクも増大することになります。     直接的なアプローチ ソーシャルメディアには多くの機能があります。利用者は、ネットワーク化し、イベントを設定し、募金活動を行い、オンライン上で物品を売買し、仕事を探すこともできます。より多くの個人データがプラットフォームに取り込まれるにつれて、脅威は個人だけでなくブランドに対しても増大しており、予防的な監視が不可欠になっています。   このような状況を踏まえ、予防的ビジネスツールが利用可能となり、プラットフォームに組み込まれるようになりました。たとえば、Facebook Business Managerは、著作権や商標権侵害、または模倣品がないことを確認するために、Facebook Ads、Facebook Marketplaces、Instagramを監視できます。   ブランドオーナーは、ソーシャルメディアによるブランド侵害を監視するために、専用の監視ツールにアクセスできるようにする必要があります。可能であれば、プラットフォームから直接監視し、処置できるようになるのが理想です。もしブランドの所有者がすべてのプロトコルに従っていても、問題が解決されないのであれば、プラットフォーム自体と連絡を取り合い、関係を築くことも事態を進展させる一助となるでしょう。   オンライン上のブランド保護 進化するソーシャルメディアの状況に対処し、進化するトレンドに対応するためには、オンラインにおけるブランド保護戦略が柔軟かつ機敏であり続けることが不可欠です。   ソーシャルメディアのようにペースの速い世界では、契約条件、企業ポリシー、プラットフォームの所有権の変更、合併、新しいプラットフォームの出現などプラットフォームは様々な方法で絶えず進化しています。このような小さな変更や詳細を見逃したことによる影響を考えると、いかに目に見えるトレンドに迅速に適応するということが難しい挑戦であるかがわかるでしょう。   すべてのメディアチャンネルの境界が不明確になっているように、ソーシャルメディアもその機能が拡大し、マーケット、広告媒体、パブリックおよびプライベートチャットフォーラムなどになりつつあります。企業側でテクノロジーを利用し、ブランド保護プログラムの一環として、顧客がどのプラットフォームを使用しているか、またそのようなフォーラムでどのように彼らがブランドと交流するのかといった情報が入手できます。   別の見方をすると、キャンペーンの実施に注目し、マーケティングの観点から最も重要なソーシャルメディア戦略の優先順位を決定し、顧客がブランド侵害やセキュリティの脅威に最も遭遇する可能性がある場所を特定することも可能です。   サイバー犯罪者は、ブランドの侵害やソーシャルメディアを利用した詐欺に関して、注目し、関与を深めています。そのため、ブランド側はオンラインブランドの保護を優先し、ソーシャルメディアの技術とその専門知識の習得に投資する必要があります。特に新たなソーシャルメディアの傾向と脅威を乗り越えるうえでそれは非常に貴重なものとなるでしょう。     MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

SNS関連のブランド保護におけるベストプラクティス

SNS関連のブランド保護におけるベストプラクティス Akino Chikada Portfolio marketing Director, MarkMonitor   2018年5月7日   SNSにおけるブランドの不正利用に遅れず対応していくことは、終わりのない作業のように思われます。なりすましや模倣からフィッシングや偽のプロモーションに至る詐欺行為が、ソーシャルプラットフォームのあらゆる場所で発生しています。いいね、リツイート、フォローによって、メッセージは瞬く間に広まります。偽のオファーやプロモーションが山火事のように広まってしまえば、それはもう悪夢です。   ブランド側の責任 企業の責任として、状況を常にしっかりと把握しておくことが求められています。事実、消費者の86%は、ブランド所有者が詐欺行為から消費者を守るべきと考えていることをご存じでしょうか。多くの場合、消費者はSNS詐欺の被害に遭えば、必然的に(そして残念ながら)ブランド側の責任を問います。意思決定者は、今まで以上に慎重にブランド保護戦略を計画する必要があります。企業は過剰な対応を望んでいませんし、良いことも、悪いことも、酷い内容であっても、消費者がブランドについて自由に発言できる余地も十分に残しておく必要があります。   企業がブランド保護戦略の一環として検討すべき、ベストプラクティスの一部を紹介します。   「公式」SNSプラットフォームサイトを決定し、非正規のプラットフォームではなく、正規のプラットフォームのためにブランド保護戦略を実行します。正式なチャネルを優先し、こうしたプラットフォームで消費者がブランド侵害から適切に守られるようにしましょう。非正規のチャネルも完全に無視するのではなく、時々監視し、貴社ブランドに致命的なダメージを与えるリスクが発生していないか確認します。役立つテクノロジーを取り入れることで、オンラインブランド保護を確実に実行できます。   半年または1年ごとにオンラインの状況を評価しましょう。ブランド侵害が最も頻発している場所を把握し、被害が最も多い場所への対応を優先してください。   1. SNSで自社ブランドを積極的に登録する。一部のプラットフォームでは「早い者勝ち」のため、正規の商標所有者であっても、プラットフォーム上で自社ブランド名を所有できない可能性があります。なりすまし、模倣品業者、または競合企業も、貴社ブランドを先に登録し、混乱やダメージを与える可能性があります。   2. 戦略的に法的措置を講じる。消費者や批判的な人を非難せず、また過剰防衛と見られないようにしましょう。言論の自由は憲法上の権利であり、尊重するべきです。企業は、プラットフォームの利用規約を詳しく把握し、適宜、適切な対応を講じるようにしましょう。明らかなブランド侵害や被害が発生している場合は、法的処置を検討してください。   3. 社内の従業員やビジネスパートナー向けのSNS方針を確立する。貴社に代わり、製品を販売してくれるビジネスパートナーがいる場合は、確実に貴社のSNS方針に沿って行動するよう指導してください。また、社内では、すべての従業員をベストプラクティスに従わせ、あらゆる(潜在的な)ブランド侵害を報告させるようにしましょう。また強力なパスワードポリシーを導入してください。たとえば、複雑なパスワード、二要素認証、シングルサインオンの推進です。SNSアカウントのセキュリティを最大限まで強化してください。   4. 可能な限り、自社ページを検証する。プラットフォームにページを検証するオプションがある場合、企業はページの検証を適用するべきです。この検証を行うことで、消費者にそのページが正規のアカウントであることを認識させることができます。   5. 従業員や消費者を教育する。ブランド保護戦略に関する認識を共有し、これを奨励することで、消費者に優れた判断を促し、模倣や詐欺などの攻撃で被害を受ける可能性を下げることができます。     MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら