Life Sciences

Deals and Portfolio Review: 困難な年からの製薬業界への教訓

Deals and Portfolio Review: 困難な年からの製薬業界への教訓   2018年は多くの出来事がありました。たくさんの高額取引や大ヒット商品の発売が見られました。しかし、年が進むにつれ、製薬会社はますます慎重に選別して選択的な契約をし、より保有価値の高い資産への注力を強めています。   新年は不確実性から始まります。BMS-Celgeneメガマーガーが、開発トレンドのようにみえるこれまでで最大のものでした。大手製薬会社は新年、米国での薬価上昇を先導しました – 収益は政治よりも優先されるという明確なサインです。それにもかかわらず、政治的および経済的な力が、変わりやすく予測不可能な世界的な展望を後押ししています。Clarivate Analytics Deals and Portfolio Reviewは、そういった状況への対処を準備できるよう支援するためのものです。   我々は分析のプロとして、企業、治療地域、地域別などの視点から昨年の最大の取引と主要なポートフォリオ決定の背後にある戦略を掘り下げます。ライフサイエンス取引が急速に成長している地域についての洞察を行い、また、オンコロジー治療薬開発領域におけるより深い分析についても紹介します。2019年も現在のリーダーたちが引き続き優位に立ちつづけるでしょうか。   Webinarおよびレポートはこちらからご覧いただけます。   Webinarを見る