CIRS

COVID-19時代における規制の柔軟な適用

JENNY SHARPE Senior Scientific Writer, CIRS Clarivate   英語原文   Centre for Innovation in Regulatory Science(CIRS)の研究によると、公衆衛生上の緊急事態やパンデミック時に医薬品の評価や認可に使用可能な規制ルートが多数存在することが明らかになりました。まだ広く使われてはいませんが、これらの緊急時使用経路(Evaluation Use Pathway: EUPs)は、医薬品を開発し公正に評価して、危機的な状況下で最終的に患者へ提供するために必要な規制上の柔軟性をもたらしています。   緊急時使用経路の特徴 本研究の目的は、7つの主要な規制当局(米国、欧州、オーストラリア、カナダ、スイス、日本、中国)と世界保健機関(WHO)によって提供されているEUPのハイレベルな概要を提供することです。著者らは、臨床試験の承認のための緊急経路ではなく、ワクチンや治療薬の販売承認のためのEUPをレビューしました。 分析の結果、調査対象となった 7 つの成熟した法域では、多様で柔軟性のある EUP が利用可能であることが示されました。COVID-19のために特別に作成されたEUPsもあれば、非パンデミックの状況で日常的に使用されている確立されたパスウェイもあります。例としては、コンパッショネート使用、政府特令、高いアンメットニーズ医薬品のための通常パスウェイなどがあります。 特定されたEUPのいくつかは、通常の規制要件からの逸脱を認めており、特定の基準、ガイダンス、厳格な医療監視との整合性を要求することでリスクを管理しています。その他の利点としては、提出前における機関とスポンサーとのコラボレーションの増加や、申請書の一部が完了した時点で審査を受けることができるローリング提出のオプションなどが考えられます。   低・中所得国(LMICs)におけるEUPsの適用性 著者らはまた、世界的に医薬品やワクチンの登録を促進するために WHO が提供しているツールについても調査しました。これらのツールには EUP だけでなく、LMICs の規制機関内でのキャパシティの構築を支援し、LMICs 自身の規制決定を支援するための規制強化プログラムも含まれています。例えば、規制決定への依存メカニズムでは、最初の審査は他の規制機関が行い、LMIC の規制機関はその決定を利用して自国の決定をより迅速に伝えることができます。最終的には、独立した意思決定プロセスを可能にしつつ、LMIC 機関の作業負荷を軽減することができます。これらの考慮事項は、規制システムがパンデミックによって引き起こされる緊急のニーズに対応できない可能性があるLMICsにとって重要であると考えられます。   COVID-19の時代における知識の共有 このEUPsのツールボックスは、治療薬やワクチンの多くがまだ開発中であるため、現在のパンデミックでは広く使われていませんが、著者らはCOVID-19に対する世界的な協調的なアプローチをサポートするために、規制当局間における意見集約と情報共有の証拠を発見しました。開発分野では、COVID-19ワクチンに取り組んでいる多くの企業がWHOを介して集まり、重複を避けて効率を向上させるためにデータを共有し、協力関係を強化することを約束しています。また、WHOとパートナー企業は、COVID-19の有効な治療法を見つけるための国際的な試験である「Solidarity」試験を開始しました。   COVID-19のための開放的な政策 EMAのような規制機関の中では、COVID-19治療薬に対して「門戸開放方針」が制定されていることを著者らは発見しました。 Committee for Medicinal Products for Human Useで評価されるか、EMAのPandemic Task Force)または Scientific […]

2019年における新薬の承認傾向を分析

JENNY SHARPE Senior Scientific Writer, CIRS Clarivate         英語原文   Centre for Innovation in Regulatory Science(CIRS)の研究では、6つの主要規制当局による新規活性物質(NAS)の承認傾向が明らかになりました1 。本調査では、承認件数や承認までの期間を追跡するだけでなく、企業戦略、当局の審査プロセスの実施と種類、製品の種類や治療領域などの要因についても調査しています。 CIRSは、2002年から規制当局のベンチマークを実施しており、当局と共同で開発した方法論を用いてlike-for-likeな比較を行っています。2012年から毎年発表されている分析結果は、規制当局のプロセスと実務に関する独自のインサイトを提供し、改善すべき点を特定して企業と当局の戦略に情報を提供しています。   規制審査の承認時間 過去20年間では収束していたにもかかわらず、2019年には6つの機関間で承認時間に差があることが示されました(図1)。しかし、提出から科学的評価の終了までの時間を比較すると、機関間でのばらつきは少ない結果となりました(図1中、括弧内の数字)。このことは、少なくとも一部の機関では、科学的審査終了後に事務的な処理やスポンサーとの追加交渉など、全体的な承認時間に影響する活動があることが浮き彫りになりました。 図1 – 2010年から2019年までの6つの規制当局におけるNASの承認時間の中央値   承認数 著者らは6つの機関で承認されたNASの数は、過去10年間で概ね増加していることを発見しました。しかし、過去5年間だけを考慮すると、FDA以外のすべての機関による承認に伸び悩み があり、FDAにおける承認数は増加し続けていました。これは、FDAで早期承認制度 が利用できるようになったことや、FDAで承認された医薬品の中には、特に中小企業から承認されたものが国際化されないものがあることが原因と考えられます。   医薬品の国際化 著者らは2010-2014年から2015-2019年にかけて、6つの機関すべてで承認された製品の数が36%増加しており、より多くの製品が国際化していることを発見しました。しかし、この増加は2009-2013年から2014-2018年に比べて有意に小さく、国際化のペースが鈍化している可能性が示唆されました。 医薬品の国際化に影響を与えた要因は、提出時期などの企業戦略と企業規模でした。2015年から2019年の間にFDAに提出された182のNASのうち、37%はFDAでのみ承認され、そのうち75%は非トップ企業(トップ企業:2019年に30億ドル以上の研究開発予算を有する企業と定義)からのものでした。このことから、FDAで承認された医薬品の大半が国際化されることが示唆されましたが、非トップ企業が開発した医薬品の場合はより時間がかかる可能性が考えられました。   規制経路の円滑化 Facilitated regulatory pathways(FRP)は、標準的な審査ルートに代わる代替手段を提供することで、アンメット・メディカル・ニーズのある医薬品の入手、審査/承認をスムーズにするよう設計されています。2019年にFDAが承認したNASの70%が少なくとも1つのFRPの恩恵を受けていましたが、他の機関では26%(EMA)から42%(PMDA)となっています(図2)。 図2 – 2019年に承認されたNASのうち、少なくとも1つのFRPの恩恵を受けた割合(オーファンを除く)。 著者らはまた、オーストラリア・カナダ・シンガポール・スイス(ACSS)コンソーシアムが設立したワークシェアリングイニシアチブの影響についても調査しましたが、これは他の志を同じくする機関がリソースを共有し、企業間のやり取りを合理化するためのモデルとなる可能性があります。ACSS下でのワークシェアリングの取り決めの一部として、各機関は書類の異なる部分を審査しますが、医薬品の承認に関しては独立した判断を下します。2018年から2019年の間に、3つのNASがACSSのワークシェアリングを通じてカナダ保健省とTGAによって承認されました。2つの機関間で承認時間の中央値に差がありましたが、これはワークシェアリングイニシアチブのパイロット的な性質によって説明できます。   COVID-19の潜在的影響 2019年以降のデータを含む今後に関するCIRSの分析では、COVID-19パンデミックがNAS承認に与える影響や医薬品の国際化への変化が示される可能性があります。迅速審査やその他のFRPの利用可能性と利用は、アンメットニーズやCOVID-19のような公衆衛生上の緊急事態に対処するための鍵となります。 CIRSからのブリーフィング全文はこちらをご覧ください。   1The six agencies included in […]

新規活性物質(NAS)のEMAとFDAのレビュー結果は一致しているか?

英語原文   医薬品の安全性と有効性をより確実なものにするため、米国食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)は、それぞれの活動と目標を一致させるための措置を講じています。Centre for Innovation in Regulatory Science(CIRS)とサノフィは、これまでの進捗状況を評価する研究で提携しています。   世界中の規制機関の共通の目標は、医薬品の安全性と有効性を監督することで、国民の健康と福祉を守ることです。同じデータが提供された場合、規制機関間で結果に大きな差は生じないことが合理的に予想されます。この点を考慮して、米国食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)は、検査報告書や製品安全性情報の共有、並行して科学的アドバイスを提供するなど、いくつかの共同アプローチを実施することで、それぞれの活動と目標を一致させるための措置を講じてきました。 とはいえ、審査中の意思決定は依然としてEMAとFDAで独立して行われているため、結果を比較するさらなる研究により、2つの機関間で規制上の勧告が乖離している具体的な理由が明らかになる可能性があります。   結果の整合性の決定 CIRSとSanofi SA Global Regulatory Science and Policyを代表する著者らは、新規活性物質(NAS)について両機関からの審査結果が一致しているかどうかを判断するために、2014年から2016年までにFDAとEMAによって承認されたNASを評価し、審査結果の状況を2017年まで追跡調査しました。著者らは、2つの機関への「同時申請」を互いに3ヶ月以内に発生したものと定義し、Facilitated Regulatory Pathways(FRPs)とオーファン指定の使用、申請された適応症と承認された適応症との比較、承認までの時間を評価しました。   承認間の整合性 2014年から2016年にかけて115のNASがEMAもしくはFDA、またはその両方によって承認されました。これらのうち、82品目はFDAとEMAの両方によって承認されており(71%)、2つの機関の間で一般的なレベルの整合性があることを示しています。しかし、FDAがEMAよりも多くの化合物を承認している点に違いがあり、24のNASがFDAによって承認されたがEMAによって承認されず(21%)、9つのNASがEMAによって承認されたがFDAによって承認されなかった(8%)という結果になりました。承認されなかったのはEMAやFDAによる拒絶ではなく、スポンサーによる提出資料不足、提出や承認が試験期間後に発生したこと、または審査プロセスが試験の基準を満たしていなかったことに起因しています。   承認された適応症の違い EMAとFDAに同時に提出された46のNASについて、適応症情報を取得しました。これら46のNASのうち、33のNAS(72%)では同じ適応症がEMAとFDAに提出されていました。残りの13のNAS(28%)は、異なる適応症を追求するスポンサーによって提出されました。 同じ適応症が提出された33のNASでは、24のNASでEMAとFDAに同じ適応症が承認されました(73%)。興味深いことに、9つのNASでは、スポンサーが同じ適応症情報を提出したにもかかわらず、異なる適応症が承認されました。このポイントについては、例えば承認後のコミットメントやベネフィット・リスクプロファイルを検討すること等によって、さらに調査する必要があります。これにより、2つの機関がそれぞれのベネフィット・リスク分析において様々な要素に与える重要性の違いを明らかにすることができると考えられます。   Facilitated Regulatory Pathways 同時に提出された52品目については、FDAは審査を迅速化し、医薬品をオーファンに指定する傾向が強かったため、EMAの基準/定義の厳格化や指定プロセスの柔軟性の低さを示唆している可能性があります。両機関は52のNASのうち49のNASについて条件付き承認(EMAの条件付き承認またはFDAの迅速承認)に合意しました。   EMAによる承認タイムラインの延長 承認までの期間の中央値は、EMA(409日)よりもFDA(319日)の方が90日早い結果となりました。これにはいくつかの理由があります。第一に、FDAは様々な状況に対応できる幅広い迅速化プロセスを提供しています。さらに、EMAのプロセスでは、ヒト用医薬品委員会の意見書と欧州委員会の決定という2つの正式なステップが必要となります。しかし、EMAの迅速評価ガイドラインの最近の改訂とPriority Medicinesの開始により、これらの違いは緩和される可能性があります。     本研究の全文はこちらからお読みいただけます。 To what degree are review outcomes aligned for new active substances (NASs) between the […]

低・中所得国における患者の医薬品へのアクセスを改善および加速するための方法は?

JAMIE MUNRO Executive Director – CIRS Clarivate       英語原文   世界保健機関(WHO)が報告しているように、世界人口の3分の1が必要なヘルスケア製品にタイムリーにアクセスできないため、予測可能かつ迅速な評価と十分なサービスを受けてられていない患者集団への高品質の新薬とワクチンの導入は、ヘルスケアコミュニティ全体の優先事項であり続けています(1)。   各国の規制当局は、市場に投入される医薬品の品質、安全性、有効性を確保するよう義務付けられています。低・中所得国(LMIC)の規制当局は、非効率性が医薬品の長期にわたる予測不可能な審査時間につながり、結果として登録が遅れる可能性があるため、目的に合った規制システムの開発に努めています。これらの非効率性は、競合するジェネリックおよびバイオシミラー製品の認可にも影響を与える可能性があり、多くの医薬品のコストと入手可能性に影響を及ぼします。 新しい医薬品やワクチンへのタイムリーなアクセスは、付加価値のある登録プロセス、リソース、およびシステムを確立および改善することにより、登録の効率とタイムラインを強化することで対処できます。   低・中所得国で規制上のパフォーマンス指標を追跡することにより、医学的ニーズが最も高い特定分野における医薬品の患者アクセスを促進するコラボレーションを継続するために、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団からCentre for Regulatory Science(CIRS)が第2弾の助成金となる109万ドルが供与されたことをお知らせできることを誇りに思います。この独自の指標収集プログラムは、アフリカ、ラテンアメリカ、中東、アジアの機関において採用されている規制の最適化プログラムの有効性を引き続き通知、監視、評価することで、規制パフォーマンスの目標を改善し、最終的にはこれらの国における品質の高い医薬品やワクチンの登録を促進します。   経験を共有することは、規制関係者が組織効率性を改善するために重要な新しい方法を見出すこと、ならびに規制評価のベストプラクティスを構築するためのツールとプロセスを学ぶことへの近道となります。今回供与された助成金により、この目的のために新興国の規制当局がアフリカ、ラテンアメリカ、アジアの地域フォーラムに集まる機会をCIRSが提供できるようになります。   The Centre for Innovation in Regulatory Science(CIRS)は、20年以上に及ぶメトリクスプログラムを通じて、企業、規制当局、医療技術評価(HTA)機関のパフォーマンスに関する独自のインサイトを提供してきました。OpERAプログラム(規制機関の効率の最適化)を通じ、定性的および定量的な情報を組み合わせた成熟段階にある機関の規制評価活動の詳細を提供し、類似機関とのグローバルな比較を可能にする国別レポートを提供し、適切なレビュープラクティスの共有と採用を奨励しています。   一例として、南アフリカの規制機関SAHPRAと共同で、2015〜2018年のレビュープロセスにおける主要なマイルストーンとタイムラインを特定および分析した調査を昨年公開しました。これにより、マイルストーンの監視や促進された規制パスウェイの実装など、改善のためのいくつかの推奨事項が導き出されました。南アフリカは、財団からの新たな助成金が対象とするいくつかのLMICの1つに過ぎません。 詳細については、cirsci.orgを参照してください。   Dr. Jamie Munroがエグゼクティブディレクターを務めるThe Centre for Innovation Scienceは、クラリベイト・アナリティクスの中立的かつ独立系グループです。このセンターは、産業、規制当局、HTA機関、その他の医療関係者がレギュラトリーサイエンスの革新的な応用を通じ、規制および償還ポリシーに関する会議、、議論、開発のための国際フォーラムを提供しています。 詳細情報:www.CIRSci.org   (1) Keyter, A., Salek, S., Gouws, J. et al. Evaluation of […]