Deals Landscape

2019年第4四半期のバイオ医薬品のM&Aは前年同期に比べ47%増加

ELISABET CRUCES AND PAUL D’SOUZA Clarivate   英語原文ページ   2020年3月10日 開示されたバイオ医薬品のM&A総額は2019年第4四半期においては増加しました。バイオ医薬品M&Aの上位10件の開示総額は、2018年第4四半期の169億ドルから47%増加して249億ドルとなりました。 2019年第4四半期のライセンス取引は171億ドルで、2018年の同四半期の220億ドルから22%減少しました。主要な取引に関するインサイトを以下に示します。   Top Deal & Deal Maker 第4四半期におけるバイオ医薬品に関する戦略の多くは、初期臨床段階または前臨床開発段階に資産を持つターゲットを獲得することに焦点が合わせられていました(図1)。Novartisは最高額のM&A契約を結び、The Medicines Co.(TMC)に97億ドル(1株当たり85ドル)を拠出しました。TMCは潜在的ブロックバスターであるインクリシラン(プロタンパク質転換酵素スブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)遺伝子を阻害するRNAi)によりNovartisの心臓血管系パイプラインを強化しました。   さらに、アステラスは米国企業のAudentesとXyphos(AvidBioticsからスピンオフ)をそれぞれ30億ドル(1株あたり60ドル)と6億6500万ドル(前払金1億2000万ドルを含む)で買収し、遺伝子調節とがん免疫療法ポートフォリオを強化しました。Merck&Co.は、複数癌種に対する臨床AKT阻害剤であるmiransertib(フェーズI / II)およびARQ-751(フェーズI)ならびにBTK阻害剤ARQ-531(フェーズI)を持つArQuleと引き換えに27億ドル(1株当たり20ドル)を拠出しました。   ロシュは、Promediorに対して13億9,000万ドル(前払金3億9000万ドルおよびマイルストーンの10億ドルを含む)を拠出し、自己免疫疾患領域における利益を高めました。最後に、AlexionはAchillionを買収し、発作性夜間夜間ヘモグロビン尿症(PNH)およびC3糸球体症に対してフェーズIIにある第一世代ファクターD阻害剤のACH-4471(danicopan)、PNHを含む補体介在性疾患に対するフェーズIにある第二世代ファクターD阻害剤の経口薬であるACH-5228を含む複数の臨床候補を手に入れました。 図1. 2019年第4四半期のM&Aトップ10 出典: Cortellis Deals Intelligence   アジア太平洋地域のM&A活動は日本に集中 2019年第4四半期のアジア太平洋地域における顕著なM&A活動は日本企業によるものでした(取引に関与している10社のうち7社は日本に本社を置いています)。前述のとおり、アステラスは37億ドルでAduentesとXyphosを買収し、旭化成は13億ドルでVeloxis Pharmaceuticalsを買収しました。   武田は、シャイアーの買収後もリストラ活動に積極的であり、非中核資産の売却を継続しています。インドの製薬会社Lupinは、日本の子会社である協和ファーマをプライベートエクイティ企業のUnison Capital Partnersに5億2500万ドルで売却しました。日本に本拠を置く東和薬品は、スペインにおるEsteveのジェネリック部門であるPensa Unvestmentsに約356百万ドルを拠出し、欧州および米国市場での存在感を強めました。   疾患分野にまたがる高価値のライセンス取引 総取引額のトップ10をリードしたBeiGeneは、Amgenの抗体blinatumomab(Blincyto)とdenosumab(Xgeva)ならびにプロテアソーム阻害剤(Kyprolis)に対する地域販売権​​を獲得することにより、中国のがん市場におけるシェア拡大を目指しました。ロシュはトップ10(図4)の中で最大数のライセンスを保有しており、それぞれ異なる取引相手との2つのディールではバイヤーとなり、その合計予測値は46億ドルでトップ10ライセンスの全体価値の27%です。 図2. 2019年第4四半期のトップ10ライセンス取引 出典: Cortellis Deals Intelligence       編集者注:この分析に用いた全データは、Cortellis […]