Month: November 2019

テノホビルアラフェナミドフマル酸塩が提起するジェネリック医薬品のターゲットに関する課題とは?

BENJAMIN BURCK EDITORIAL MANAGER   GileadのHIVならびにB型肝炎治療用テノホビルアラフェナミドフマル酸塩製品は、2019年11月にNCE-1の日付を迎え、もうすぐPatent Challengeに直面する可能性がありますが、ジェネリック医薬品のターゲットとしたときに何を考えるべきでしょうか。 In the race to bring generic drugs to market, Paragraph IV patent challenges are now an unavoidable fact of life. The question is no longer if there will be a patent challenge, but when and by whom. In the current hypercompetitive environment, no company can pursue all possible […]

Immuno-oncology分野の最新アプローチ

CHARLOTTE JAGO, SENIOR EDITOR CORTELLIS FORECAST TEAM   今月ロンドンで開催されたGlobal EngageのImmuno-Oncology Research&Technology Series Meetingでは、免疫系を利用してがんと戦う方法に関する興味深いインサイトが公開されました。 この会議は、細胞療法、新規抗体、ネオ抗原などにおける最先端の開発をカバーする5つのセッションで構成されていました。 Cortellisチームがまとめたハイライトの一部を以下に示します。 英語版ページのフォームに記入いただく事で、完全版PDFがダウンロード可能です。 ImCheck’s ICT-01 gamma-delta T-cell activator has preclinical efficacy ImCheck Therapeutics’ CSO, Rene Hoet, discussed the preclinical development of ICT-01, a BTN3A-activating antibody that stimulates gamma-9-delta-2 (g9d2) T-cells, and which is due to enter the clinic in early 2020. ICT-01 […]