Drug Discovery

COVID-19との戦い:BIO Europe conferenceからのインサイト

ASMA AL-SHAMAHI Deputy Managing Editor, Cortellis Clarivate   英語原文 Cortellisチームは定期的にカンファレンスに参加し、ライフサイエンスの研究開発の現場で何が起きているのか、その概要や最新情報を提供しています。ここでは、春に開催された BIO Europe Conference の議事録の一部をご紹介します。   コロナウイルスCOVID-19(SARS-CoV-2)のパンデミックと世界的なロックダウンを受けて、14th Annual BIO-Europe Spring Partnering meetingは、ライフサイエンス分野で最大規模のバーチャルパートナーイベントとして装いを新たにしました。ライブパネルディスカッションでは、パンデミックが生み出した前例のない課題と、迅速なイノベーションとコラボレーションの必要性について、業界のリーダーたちがCOVID-19に対抗する診断薬や治療薬を開発するための戦略を共有しました。VP Infectious Diseases and Diagnostics Policy, BIOのフィリス・アーサー氏は、現在までに世界で86の薬剤がCOVID-19を対象に研究されており、中国ではHIVとエボラの治療薬、世界保健機関(WHO)と国立衛生研究所(NIH)が実施している試験を含め、世界各国で349の試験が開始されたことを報告しました。     Moderna 確立された成功した「rapid response platform」を使ったワクチンの開発に向けたModernaの取り組みについて、CEOのステファン・バンセルは次のように説明しました。新型コロナウイルスの遺伝子配列が発表された2日後、同社はNIHと協力してワクチン候補のmRNA-1273の配列を確定し、製造を開始しました。1月20日、同社はThe Coalition for Epidemic Preparedness Innovations(CEPI)に資金援助を求め、2月7日に臨床第1バッチの製造が完了し、2月21日にIND申請を行いました。3月16日には45人の被験者を対象に安全性と免疫原性を調査する第I相試験における最初の被験者への投与が行われました。Moderna社はリスクのある第Ⅱ相試験材料の作成を開始し、今春から第Ⅱ相試験を開始するためにFDAと協力しています。免疫原性が陽性になれば、医療従事者やその他のハイリスクの人々を守るために、2020年第3四半期にはワクチンを緊急使用することを目指しています。Moderna社は、2020年後半には第III相試験に進み、2021年のワクチンの市販化を視野に入れています。   免疫原性が陽性になれば、医療従事者やその他のハイリスクの人々を保護するために、今秋にワクチンの緊急使用を目指しています。   Janssen Janssen Pharmaceuticalのハンネケ・シューテマカー氏(Global Head, Viral Vaccine Discovery and Translational Medicine)は、中国で最初の症例が出始めて以来、同社も「厳戒態勢」で臨んでいると述べました。ヒトPER.C6細胞株とJanssen AdVおよびPER.C6技術プラットフォームを用いた組換えアデノウイルスベクターワクチンが開発されました。現在、前臨床免疫原性試験中であり、4月末までにリード候補の選定を予定しています。Janssenは、今年後半に開始予定の第I相試験に向けた臨床試験材料の製造を開始する予定です。並行して、COVID-19に対する安全性と十分な免疫原性を示す最初のエビデンスが得られた時点で、すぐに展開できるワクチンの備蓄を確保するため製造規模を拡大する予定です。     Regeneron […]