カテゴリーなし

.XXXブロックが終了: 全てのアダルトTLDをカバーする新サービス

.XXXブロックが終了: 全てのアダルトTLDをカバーする新サービス Brian King Director of Internet Policy and Industry Affaires, MarkMonitor 2019年7月17日   ブランド権利者にとって前向きな展開が起こっています。アダルトコンテンツ専用の.XXXトップレベルドメイン(TLD)を運営するICMレジストリは、新しいブロッキングメカニズムであるAdultBlockとAdultBlock +を発表しました。 新ブロッキングサービスは.XXXのみならず、アダルトコンテンツのTLDの4つ、.XXX、.PORN、.ADULT、および.SEX、すべてをカバーします。 背景 ICMレジストリは、ICANNの大規模な新gTLDプログラムに先立ち、2011年の「Sunrise B」フェーズでブロックするブランド保護を最初に紹介しました。 アダルトコンテンツとブランドの関連付けに対する懸念と、防御的登録よりも低コストでブランドを保護することができることから、多くのブランド権利者はSunrise Bブロックを利用しました。 一回の料金で、Sunrise Bブロックは、ICMレジストリが運営する.XXX TLD契約の最初の10年間有効です。 このサービスが10年を迎え、Sunrise Bの有効期限が近づいてきたことから、ICMレジストリはSunrise Bプログラムを新しいブロッキングサービスに置き換えることを決定しました。これによりSunrise Bで得られた65,000以上のブランドの成功が再び、DPMLとTRExといった今日使用可能なブロッキングサービスにより近いサービスで繰り返されることが期待されています。   何が新しいのか? どちらのブロックも4つのTLDすべて(.XXXだけではありません)をカバーし、プレミアム名を含み、さまざまなレジストラに転送できます。 さらに、最初のSunrise Bの10年間とは対照的に、クライアントは1、3、5、または10年間の期間を選択できます。 認定を受けるには、ブランド権利者は商標をブロックするためにTrademark ClearinghouseからのSMDファイルが必要です。もしくは2019年12月31日までにSunrise Bブロッキングを繰り越しすれば、追加の認証は必要ありません。アップグレードされたAdultBlock +は、商標のすべての可能な「ホモグリフ」バリエーションを網羅しています。例えば、 I & l & ĺ(大文字のi、小文字のL、アクセント付き小文字のL)もカバーされます。   何が現行サービスと同じか? ホモグラフブロックがよく知られている場合は、AdultBlock +のホモグラフブロックは、同じくホモグラフをカバーしているUniregistryのUni EPS +へのレジストリの接続を通して提供されます。多くのブランド権利者はブロッキングを単純化し、既存のブロッキングサービスと統合したいというレジストリに対するブランド保護コミュニティからの要請に、ICMレジストリが応えてくれたと、この決定を歓迎しています。   ブランドオーナーは何をすべきか? ブランドの所有者は、自分がブロックしたい商標が適格であるか確認するために、Sunrise BブロックとTMCHファイリングを棚卸しておく必要があります。   MarkMonitorのクライアントの方で、既存の防御登録の代わりとして、またはブランド保護戦略の一部として、AdultBlockまたはAdultBlock +を利用するのが妥当かどうかについて、客観的なアドバイスが必要でしたら、CSMにお問い合わせください。 […]

ICANN65:マラケシュからのドメイン最新情報

ICANN65:マラケシュからのドメイン最新情報 Brian King Director of Internet Policy and Industry Affairs, MarkMonitor 2019年7月15日 MarkMonitorは、モロッコのマラケシュで開催されたICANNフォーラムの最新情報をまとめたウェビナーを開催しました。ICANNの専門家である、グローバルポリシーおよび業界開発担当バイスプレジデントのスタットン・ハンモック(Statton Hammock)、インターネットポリシーおよび業界問題担当ディレクター、ブライアン・キング(Brian King)が詳しく解説しております。 スタットンとブライアンはEPDP(Expedited Policy Development Process)において、以前は開示されていたWHOISデータを新しい登録データポリシーに置き換える作業や、登録データへのアクセスと開示の標準化システム (SSAD: System for standardized Access and Disclosure)におけるEPDPのフェーズ2作業ステータスに関する最新情報をわかり易くお届けします。 是非MarkMonitorのICANN専門家によるウェビナー資料をご覧ください。上記メイントピックのみならず、今後のプロセス作業部会の新規gTLDについて、次のgTLDラウンドに影響を与える権利保護メカニズム作業部会、統一ドメイン名紛争処理ポリシー(UDRP)の更新など、ICANNポリシー開発におけるホットトピックもカバーしております。 主な最新情報、次のステップの予定表、ICANNのポリシー開発についてはウェビナー概要資料(日本語版)をご覧ください。   MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

ドメイン管理を野球に例えると?

ドメイン管理を野球に例えると? Akino Chikada Senior Portfolio Marketing Director, MarkMonitor 2019年7月9日 RBI:打点。すべてのチームが欲しがる打点、しかし全てのチームが打点を得られるわけではありません。貴社のドメインはユーザをホームに送れていますか?それともストライクゾーンの外なのにバットを振らせていませんか?賢いドメイン名戦略は複雑なウェブの相互作用により実現できます。ドメインの世界ではドメイン名のニーズに関して戦略的な決定を行うのに、さまざまな役割を持った担当者が協力して活動しています。あなたのチームの主要なプレーヤーを見てみましょう。   バッターアップ:ICANN The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)は、インターネットプロトコル(IP)アドレススペースの割り当て、プロトコル識別子の割り当て、gTLD、国コード(ccTLD)のトップレベルドメイン名のシステム管理とルートサーバーのシステム管理機能を担当する国際的な非営利団体です。   指名打者:レジストリ 各トップレベルドメイン(TLD)に登録されているすべてのドメインの正式なマスターデータベース(レジストリオペレーターとも呼ばれる)は、マスターデータベースを保持し、ゾーンファイルを生成します。これにより、コンピュータは世界中のトップレベルドメインとの間でインターネットトラフィックのやり取りができるようになります。.COMのVerisignやTLDの.NETなどがあります。   ピッチャー:レジストラ レジストラは、ドメイン名の登録に関する記録(連絡先や技術情報など)を管理し、登録者に代わって情報をレジストリに送信します。 MarkMonitorは、企業ドメインポートフォリオ専門のICANN認定レジストラです。   ピンチヒッター:サードパーティプロバイダ サードパーティプロバイダはドメイン登録やエリアにおけるプレゼンスなど、特定のドメインネームサービスを提供しています。 登録エリア内の連絡先/会社組織を持つことを求めるccTLDを登録するための前提条件となります。MarkMonitorが自身で現地の要件を満たせない場合に、利用することがあります。たとえばccTLDレジストリがTLDが特定の国に登録されることをレジストラに要求する場合などです。   一塁で待っている選手:登録者 ドメイン名を登録してる所有者や関係者、個人(または組織)は、打点を狙い、ホームランを待っているプレイヤーです。   プレーオフ? MarkMonitorがあなたのチームのコーチだとしましょう。企業ドメイン名レジストラおよびブランド保護のリーダーとして20年以上の経験を持つMarkMonitorは、豊富な知識を有しています。さまざまな利害関係者との包括的なコミュニケーションを通じて、困難な環境を乗り越えます。   MarkMonitorのグローバルリレーションシップマネジメント(GRM)グループは、 TLDのタイプ(gTLDまたはccTLD)によって、関連する企業や団体 – 通常はレジストリ(主にgTLDおよび一部のccTLD用)、場合によってはサードパーティプロバイダ(通常は特別な要件を持つccTLD用) – との関係を構築しています。GRMグループは、要件を決定し、エンジニアリンググループと協力して、可能な場合にはレジストリオペレータのバックエンドシステムへの自動接続を確立するために、当社のドメインオペレーションチームと連携します。これらの自動接続を介して、ポータルからドメインの登録やそれ以外の重要な作業といった、クライアントのドメイン名管理のために必要なかつ重要なコマンドを送信できます。   ピンチの時 特別な要件や自動化に適さないTLDについては、ドメインオペレーショングループのccTLDスペシャリストがレジストリや第三者プロバイダと直接連携して、日々の取引を管理します。ドメインの譲渡、連絡先の更新などの他、比較的まれですが、レジストリの機能停止やハッキングなども含まれます。レジストリおよびサードパーティのプロバイダレベルで強力な関係を維持することで、迅速かつ効果的に発生するあらゆる問題に対処し、クライアントのドメインが適切に保護され、維持されるようにします。   代表はあなたです MarkMonitorは、クライアントサービスマネージャ(CSM)またはクライアントパートナーシップマネージャ(CPM)とのEメール連絡に限らず、タイムリーな業界最新情報(例:新gTLD四半期レポート)、通常のウェビナー、クライアント訪問、など様々なチャネルで、ドメインをご登録されている方に情報提供を行っています。クライアントイベント(MarkMonitorサミットなど)において、MarkMonitorはクライアントがドメインポートフォリオを管理する際、重要となる情報を提供しながら、常に業界をリードするサービスをご提供するために、関連団体や企業と協調するようにしています。   ICANNに関しては、MarkMonitorのGRMグループがICANNコミュニティ内での業界の保護活動およびポリシー開発活動に積極的に関与しています。ドメインに関する様々な場面で、リーダーシップを発揮し、クライアントを保護しています。MarkMonitorは、ドメインエコシステム内で高レベルのアクティビティと可視性を維持しています。そして、絶えず変化する環境の中で、さまざまなエンティティと継続的にコミュニケーションを取り、連携しています。   この複雑な分野でドメイン管理戦略を立てるうえでMarkMonitorがお客様をどのように支援し続けることができるかについては、下記までお問い合わせください。 […]

Web of Science Group、最新のJournal Citation Reportsをリリース

Web of Science Group、最新のJournal Citation Reportsをリリース ~世界で最も影響力のあるジャーナルが明らかに~   2019年7月1日 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社   クラリベイト・アナリティクスのWeb of Science 事業部は、最新の学術ジャーナル評価分析ツール:Journal Citation Reports(以下、JCR)を発表しました。最新のジャーナル・インパクトファクター2018をご参照いただけます。 JCRは高品質な学術誌に関して、ジャーナル・インパクトファクター( Journal Impact Factor以下、JIF)など、出版社と利害関係のないデータや数値を提供します。JCRは編集者によって厳選された唯一の包括的な引用索引データベースWeb of Scienceのデータに基づき作成されています。 JCRには、JIFの算出に使われたデータセットが完全に公開されており、学術ジャーナルの記事および引用文献情報の影響度を、論文と学術ジャーナル両方のレベルにおいて分析できます。 JCRに含まれる引用データや影響度を表す数値・指標は、学者、研究所、図書館司書、研究への資金提供者ならびに出版社にとって極めて重要な参考資料となります。出版社はJCRを使って自社の学術ジャーナルのパフォーマンスを理解し、同分野の他の学術ジャーナルとの相対評価を行えます。研究者たちは自分の論文の投稿先を決定する際の判断材料としてJCRを利用しています。 2019年の主なハイライト: 収録対象ジャーナル:– 11,877 誌に付与(新たに283 のジャーナルが追加/うち108誌がオープンアクセスジャーナル) – 64%のジャーナルでJIFが上昇(上昇率は平均9.35%) – 日本のジャーナルが3誌追加 – BIOSCIENCE OF MICROBIOTA FOOD AND HEALTH – GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY – JOURNAL OF ASIAN CERAMIC SOCIETIES 新規カテゴリーの追加: 3つの新しいカテゴリー(研究分野)が追加され、236分野に […]

G20諸国の論文分析から見える科学と経済の意外な関係

.clearfix::after{ content: “”; display: block; clear: both; G20諸国の論文分析から見える科学と経済の意外な関係   Web of Science 事業部 シニア・マネージャー 中村優文 以下の2つのグラフは非常によく似た傾向を示している(図1、2)。1980年から一貫して首位で牽引しているアメリカ、2000年代中盤から急速に増加し、2番手に位置する中国、そして90年代後半から一貫して横ばいを続ける日本。これらはG20各国の論文数の推移とGDPの推移を表したグラフである。2018年の論文数、GDPの順位を見ると、多少の差異は見られるものの、上位国の顔ぶれや、インドやブラジルのような新興国の位置づけも類似していることが分かる。 日本の論文数およびGDPの増加率・成長率はさらに興味深い。高度成長期を経た80年代、日本の経済成長は5%前後で推移し、90年代に入ると低い水準の低成長時代へと推移し、現在に至るまで続いている。一方、論文数の増加率を見ると、80年代は同様に5%を超える高い水準で成長していたが、90年代後半から低下し、2000年代にはGDPと同じく低成長時代に入っている。論文数がGDPに少し遅れて低成長時代に入っているのが特徴的である(図3)。 昨今、日本の科学研究の相対的な低迷がいたるところで取り上げられ、その大きな要因として大学の運営の非効率性などが挙げられているが、ここで例に挙げた経済指標の推移との類似性を見ると、科学のパフォーマンスは必ずしも学術界だけの問題ではなく、経済を含めた日本の社会全体の構造的な要因もはらんでいるのではないかとの仮説が浮かんでくる。 仮説の検証および要因の究明はより詳細な分析が必要であるが、このデータが日本の科学・研究力の向上の本質的な議論の一助になれば幸いである。 図1 論文数注1【左】とGDP(名目・ドル)【右】の推移(赤の太線が日本)   図2 2018年の論文数【左】とGDP(名目・ドル)【右】(アメリカを1として指数化)   図3 日本の論文数とGDP(名目・円)の成長率(増加率)の推移注2 注1:論文数の数え方には、整数カウントと分数カウントがある。整数カウントでは国際共著でも重複してカウントするため、イギリスやドイツのように国際共著論文が多い国では論文数の増加傾向が見られる。一方、分数カウントでは1報の論文を按分して数えるため、国際共著の多寡は補正され、イギリスやドイツと日本との論文数の差は縮まる。なお、本稿ではすべて整数カウントにより集計をしている。論文のカウント方法についての詳細はこちら。 注2:論文数の1996年に見られるピークは、論文数の母数となるデータベースWeb of Scienceの収録レコードが大きく増加(前年比13%増)したことによる。Web of Scienceの収録レコード数は年によるばらつきはあるものの、1980~2018年は平均して約4%で増加しており、世界のGDP成長率とほぼ同水準である。 【データの出典】 論文データ:InCites Benchmarking ・分野スキーマ:ESI ・ドキュメントタイプ:Article、Review GDPデータ:International Monetary Fund, World Economy Outlook Database ・種類:名目GDP ・通貨:USドル Web of Science Groupについて Web of Science Groupは、学術界、企業、出版社、および政府が研究のスピードを加速できるように、世界の研究情報を収集し、体系化したデータとして提供しています。出版社に中立な立場として、世界最大の引用索引・研究情報プラットフォームであるWeb of Scienceをベースに、Converis、EndNote、Kopernio、Publons、ScholarOneなどの製品を展開しています。Web of Science […]

Web of Science Group、G20参加国の研究実績を検証する新レポートを発表

Web of Science Group、G20参加国の研究実績を検証する新レポートを発表 ~主要経済国の研究業績データが示す世界的イノベーションの推進~     Web of Science GroupのInstitute for Scientific Information(ISI)は、6月28・29日に日本で開催されるG20大阪サミットに先立ち、G20各国の研究業績を可視的に比較し検証する新たなレポートを発表した。Web of Science Groupはイノベーションの加速に向けて信頼性のある知見や分析を提供する世界的リーディングカンパニーであるクラリベイト・アナリティクス(NYSE: CCC; CCC.WS)の学術情報事業部門である。 世界の経済大国は最も革新的でイノベーションが進んでいる国々でもあり、イノベーションは何よりも研究によって推進されている。研究の便益が経済、社会、文化的成果によって実現され、それが経済成長を押し上げ、進歩につながる。 「The Annual G20 Scorecard – Research Performance 2019(G20年次スコアカード-2019年研究業績)」レポートには、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、トルコ、英国、米国の研究業績の概要が文書およびグラフや図表で説明されている。また、G20参加国のうちEUを除く19カ国全体において以下の特徴が示されている: 世界人口の65%を占めている 世界のGDPのうち80%以上を産出している 世界の研究開発費の92%を支出している 世界全体の研究者の87%を雇用している Web of Scienceに収録されている論文の70%を占めている(直近3年間では500万報の論文を発表) 本レポートで示すデータは各国の研究の現状を示すものであり、政策的にも関心が高い情報に焦点を当てている。影響力のある研究に寄与する主な要素が国ごとにまとめられており、以下の情報が記載されている: 国際的関与:G20が行う研究のうち、約半数が各国間の連携によるもので、最も影響力が大きい研究が含まれる より広範な経済の中での相対的な研究資金:EUは2020年までにGDPの最低3%を研究資金に充てることを目指している 研究者のジェンダーバランス:ユネスコの報告によると、世界の研究者のうち30%が女性である 論文へのオープンアクセス:EUは公的資金による研究論文を直ちにアクセス可能にする「プランS」を推進しており、2018年にG20で行われた研究の3分の1がOAとして公表された 研究発表と被引用度のまとめと、その指標の科学・人文科学の主要研究分野別の詳細 Institute for Scientific Informationのディレクターで本レポートの共著者であるジョナサン・アダムスはこう語る:「これらのスコアカードは大規模かつ成熟した経済と、まだ小規模で研究ベース構築の途上にある経済の両方をカバーしています。レポートでは発展の進捗に焦点を当て、対象国の順位付けは有意義でないと考えています。これは相対的な実績を示すレポートではなく、これらのスコアカードは政策立案者、オブザーバー、メディアなどがG20参加国における研究の発展状況を分析・評価するために参考となるものです。」   G20諸国の論文分析から見える科学と経済の意外な関係 G20各国の論文数の推移とGDPの推移を比較すると、両者が非常によく似た傾向を示していることが分かる(図1、2)。 アメリカは1980年から一貫して首位で牽引し、中国は2番手に位置し、日本は90年代後半から一貫して横ばいを続けている。また、2018年の論文数、GDPの順位を見ると、多少の差異は見られるものの、上位国の顔ぶれや、インドやブラジルのような新興国の位置づけも類似している。 日本の論文数およびGDPの増加率・成長率の推移にも類似点が見受けられる(図3)。高度成長期を経た80年代、日本の経済成長は5%前後で推移し、90年代に入ると低い水準の低成長時代へと推移し、現在に至るまで続いている。一方、論文数の増加率を見ると、80年代は同様に5%を超える高い水準で成長していたが、90年代後半から低下し、2000年代にはGDPと同じく低成長時代に入っている。論文数がGDPに少し遅れて低成長時代に入っているのが特徴的である。 クラリベイト・アナリティクス・ジャパンのWeb of Science 事業部シニア・マネージャー中村優文は次のように述べている。「昨今、日本の科学研究の相対的な低迷がいたるところで取り上げられ、その大きな要因として大学の運営の非効率性などが挙げられています。しかし、上記の経済指標の推移との類似性を見ると、科学のパフォーマンスは必ずしも学術界だけの問題ではなく、経済を含めた日本の社会全体の構造的な要因もはらんでいるのではないかとの仮説が立てられます。仮説の検証および要因の究明は、より詳細な分析が必要ですが、このデータが日本の科学・研究力の向上の本質的な議論の一助になれば幸いです。」   […]

個人への攻撃 : ソーシャルメディアの脅威とその将来

個人への攻撃 : ソーシャルメディアの脅威とその将来 Akino Chikada Senior Portfolio Marketing Director, MarkMonitor 2019年6月26日 ソーシャルメディアは両刃の刀です。ビジネスやブランドの所有者がより顧客を理解し、顧客と関わり合える機会を提供していますが、その一方で、ハッカー、海賊版製造業者、サイバー犯罪者、模倣品業者がブランドを悪用し、顧客と接触する機会も与えてしまいます。   スーパーマーケットから航空会社や大手銀行まで、オンライン上の犯罪者は顧客の信用を基に、ソーシャルメディアやメッセージングアプリの信頼性の高いブランド名を悪用してユーザーを捕らえようとします。この事態を放置し、悪化すると、被害者はブランドを非難し、場合によってはブランドに対して否定的なコメントが書かれることがあります。   ブランドや個人にとっての脅威は、ソーシャルメディアのプラットフォームがパーソナライズ(個人向け)されていくことによって、ますます高まっていきます。パーソナライズが進むと、データも増え、そのためオンライン上のリスクも増大することになります。     直接的なアプローチ ソーシャルメディアには多くの機能があります。利用者は、ネットワーク化し、イベントを設定し、募金活動を行い、オンライン上で物品を売買し、仕事を探すこともできます。より多くの個人データがプラットフォームに取り込まれるにつれて、脅威は個人だけでなくブランドに対しても増大しており、予防的な監視が不可欠になっています。   このような状況を踏まえ、予防的ビジネスツールが利用可能となり、プラットフォームに組み込まれるようになりました。たとえば、Facebook Business Managerは、著作権や商標権侵害、または模倣品がないことを確認するために、Facebook Ads、Facebook Marketplaces、Instagramを監視できます。   ブランドオーナーは、ソーシャルメディアによるブランド侵害を監視するために、専用の監視ツールにアクセスできるようにする必要があります。可能であれば、プラットフォームから直接監視し、処置できるようになるのが理想です。もしブランドの所有者がすべてのプロトコルに従っていても、問題が解決されないのであれば、プラットフォーム自体と連絡を取り合い、関係を築くことも事態を進展させる一助となるでしょう。   オンライン上のブランド保護 進化するソーシャルメディアの状況に対処し、進化するトレンドに対応するためには、オンラインにおけるブランド保護戦略が柔軟かつ機敏であり続けることが不可欠です。   ソーシャルメディアのようにペースの速い世界では、契約条件、企業ポリシー、プラットフォームの所有権の変更、合併、新しいプラットフォームの出現などプラットフォームは様々な方法で絶えず進化しています。このような小さな変更や詳細を見逃したことによる影響を考えると、いかに目に見えるトレンドに迅速に適応するということが難しい挑戦であるかがわかるでしょう。   すべてのメディアチャンネルの境界が不明確になっているように、ソーシャルメディアもその機能が拡大し、マーケット、広告媒体、パブリックおよびプライベートチャットフォーラムなどになりつつあります。企業側でテクノロジーを利用し、ブランド保護プログラムの一環として、顧客がどのプラットフォームを使用しているか、またそのようなフォーラムでどのように彼らがブランドと交流するのかといった情報が入手できます。   別の見方をすると、キャンペーンの実施に注目し、マーケティングの観点から最も重要なソーシャルメディア戦略の優先順位を決定し、顧客がブランド侵害やセキュリティの脅威に最も遭遇する可能性がある場所を特定することも可能です。   サイバー犯罪者は、ブランドの侵害やソーシャルメディアを利用した詐欺に関して、注目し、関与を深めています。そのため、ブランド側はオンラインブランドの保護を優先し、ソーシャルメディアの技術とその専門知識の習得に投資する必要があります。特に新たなソーシャルメディアの傾向と脅威を乗り越えるうえでそれは非常に貴重なものとなるでしょう。     MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立、 海外特許文献の調査業務を効率化するサービスを販売開始

.clearfix:after{ content: “”; display: block; clear: both;   クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立、 海外特許文献の調査業務を効率化するサービスを販売開始 ~約8,400万件の要約された海外特許情報を提供し、企業の知財戦略立案を支援~   2019年6月26日 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 株式会社日立製作所     学術情報・知的財産・ライフサイエンスに関する世界的な情報サービス企業である、クラリベイト・アナリティクスの日本法人クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社(APAC統括マネージングディレクター:David Liu/以下、クラリベイト)と、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、企業の海外事業戦略の立案に必要となる海外特許文献の調査を効率化するサービスを共同開発し、業界シェアトップクラス*1の実績を有する日立の特許情報提供サービス「Shareresearch (以下、シェアリサーチ)」のオプションサービスとして、6月26日から販売を開始します。 *1 日本国内の特許出願数上位500社におけるシェア。日立調べ。   本サービスは、世界59の特許発行機関が発行する30言語以上にのぼる約8,400万件*2の海外特許情報を高度に翻訳・要約した、クラリベイトの世界最大級*3の高付加価値グローバル特許データベース「Derwent World Patents Index (以下、DWPI)」を、シェアリサーチ上で閲覧可能とし、膨大な海外特許文献の調査を効率化するものです。 *2 2019年6月現在。クラリベイト調べ。パテントファミリー数:約4,100万件。 *3 特許情報(59特許発行機関+2技術誌)を専門家が編集し、収録しているデータベースはDWPIのみ。   2社のサービス提携により、シェアリサーチを導入している企業において、知的財産部門だけでなく、特許分野に精通していない研究開発部門も、読解が困難な海外特許文献の調査時に、高度に翻訳・要約した特許データを閲覧でき、効率的に海外特許文献を理解することが可能となります。また、DWPIのコンテンツと学術情報を搭載したクラリベイトのプラットフォームである「Derwent Innovation(DI)」も併せて利用するユーザーは、DIで検索・分析した結果を容易に取り込み、シェアリサーチ上で共有することが可能となるなど、企業全体の知財戦略立案に寄与します。   【共同開発の背景】 各企業では海外事業の進展に伴い、海外特許情報を分析した戦略立案を推進しています。一方、昨今の国際的な技術開発競争は激化し、中華人民共和国、ドイツ連邦共和国、東南アジア諸国連合など非英語圏から発行される海外特許文献が増加していることに伴い、調査量は20~40%*4増加しています。また、海外特許文献は、記載される言語が多岐に渡るほか、各国の記載ルールも異なるため、読解が非常に困難と言われています。そのため、特許分野の専門知識や外国語の習熟度にかかわらず、効率的に海外特許文献の理解を支援する新しいサービスが求められています。 *4 2018年2月~6月、日立調べ。   今回のサービス開始に先立ち、両社は、2018年11月に、知的財産分野の市場活性化を目的としたサービスの開発検討に向け協業を開始しました*5。シェアリサーチのユーザーである、株式会社ブリヂストンや株式会社村田製作所においてプロトタイプ検証を進め、高度に翻訳・要約されたクラリベイトの海外特許情報の活用により、一定時間内に読解できる件数が約40パーセント増加するなど、効率的な海外特許文献の読解に寄与することを確認しました。また、三菱マテリアル株式会社をはじめ多くの企業において定性的な評価検証を実施しています。 *5 2018年11月5日ニュースリリース:「クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立が知的財産分野の市場活性化を目的とした新サービスの開発検討に合意」 ニュースリリースの詳細はこちら >   【新サービスの特長】 (1)高度に要約・翻訳された海外特許文献による調査の効率化 特許調査時には、タイトルと抄録*6から発明内容を推測し、当該特許を検索するものの、非英語圏も含む海外特許文献の特許調査時は、原文タイトルや抄録から発明内容を推測することは困難です。本サービスでは、DWPIから引用した翻訳されたタイトルと抄録が、英語や日本語で表示されることで、発明内容の推測を支援するほか、抄録は、新規性や用途、優位性といった項目別に要約可能なため、利用者は容易に発明内容を把握でき、海外特許文献の調査時における負荷低減を期待できます。 *6 抄録:特許公報の要約など。     (2)特許関連情報の社内共有で調査業務の分担を促進 シェアリサーチは、知的財産部門のほか、研究開発部門や営業部門などさまざまな部署において利用することで、知的財産分野に精通する社員の調査結果などを関係者間に迅速に共有し、読解作業を研究開発部門と分担するなど、業務の効率化を促進できます。さらに海外特許文献に加え、学術情報なども連携したより高度な調査が必要な際は、学術情報などのデータが格納されているクラリベイトのプラットフォーム「Derwent Innovation」の検索結果も、シェアリサーチ上で共有することで、より高度な調査を可能とします。   【今後の展望】 今後、クラリベイトと日立は、両社のノウハウや技術を融合し、企業のビジネス戦略を知的財産の観点から支援することで、知的財産分野市場のさらなる活性化をめざしていきます。 […]

国内商標オンラインツールに関する重要なお知らせ

国内商標オンラインツールに関する重要なお知らせ   2019年06月21日 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 国内商標オンラインツール「Japanese Search」は今年3月以降のアップグレード改修等を経て、お客様によりご活用いただける製品へと進化いたしました。それに伴いまして、本日は「国内商標オンラインツール」に関する複数のご案内をさせていただきます。 はじめに、改めまして直近のアップグレード改修を経た「Japanese Search」を、以下の通りご案内いたします。   多彩なアプローチによる「リスク低減」 【称呼(+商標)】X【類似群コード/国際分類】に基づく同一・類似商標の自動検索及びカスタム検索 最新データベース(週単位更新)による差分検索及び結果確認(追加料金なし・回数無制限*最初の検索から1年間) 入力文字列に基づく参考称呼の自動表示や、入力類似群コードに基づく追加参考類似群コード(小売役務や備考等)の自動表示による、検索漏れの防止 特許庁称呼に加えて当社独自称呼の付与による、検索漏れの防止 国内商標検索ツールで最も充実した収録データ範囲(1992年4月1日時点の存続商標以降すべて) 国内商標検索ツールで最速のデータベース更新(特許庁比:称呼検索では約20日、マドプロでは2-3ヶ月先取り)   「業務の標準化」 検索初心者にも簡単な操作で高精度の自動検索が可能 検索手順の簡易化/効率化により個人の検索スキルへの依存度を軽減 検索結果画面及びレポート出力時の表示項目を自在に設定可能、テンプレート利用による作業効率の向上   SERION上のほかツール(SAEGIS等)との連携による「グローバル対応」 無償・無制限の日本登録簿のSAEGISカスタム検索(Japanese Search年間契約をご利用の場合) 称呼検索に加えて商標文字列による同一・類似商標を検索(アルファベットのみ)*TM go365の技術を応用 全検索結果に対する英訳の提供(指定商品・役務を含む))*SAEGISの翻訳と共有 *「Japanese Search」アップグレード改修実施のご案内(2019年3月26日付)、全文はこちら *「Japanese Search」に関連し、SAEGISカスタム検索で日本語入力が可能になりました。ご案内全文はこちら   「Japanese Search」は、たくさんのお客様にご活用いただき、長く愛される製品になることを目指しています。 そこで弊社では「Japanese Search」をご理解いただくための複数の場を創出いたしました。   フリートライアルキャンペーン より多くのお客様が「Japanese Search」を体験され、その機能とユーザビリティをご確認いただけるよう、フリートライアルキャンペーンを実施いたします。下記期間内は、何度ご利用いただいても完全無料となりますので、この機会にぜひ「Japanese Search」をお試しください。 詳細とお申し込みはこちら 申込受付期間:6月21日(金)~ 8月30日(金) 無料体験期間:6月24日(月)~ 9月30日(月) *お申し込みをいただいてから、ID発行までに5営業日前後いただいております。あらかじめご了承ください。 *お申し込みをいただいても、審査の結果お申し込みのお断りをする場合がございます。あらかじめご了承ください。   ウェブセミナー 長年日本で親しまれてきた「BRANDY」と世界200以上の国と地域をカバーするグローバル商標調査プラットフォーム「SERION」の融合により誕生した「Japanese Search」は、他のデータベースにはない多彩な機能を備えています。 本ウェブセミナーでは、「Japanese Search」の特徴と、操作方法についてご紹介します。 […]

MarkMonitor オンラインブランド保護分野で20年

MarkMonitor オンラインブランド保護分野で20年 Chrissie Jamieson Global Head of Marketing, MarkMonitor 2019年6月17日 6月、MarkMonitorはオンラインブランド保護サービス提供、20周年を迎えます。 MarkMonitorは6月17日に米国アイダホ州ボイジーに設立されました。当初、従業員はほんの一握りでしたが、この20年で企業ブランド保護の世界的リーダーとして成長し、500人以上の社員を抱える企業となりました。 企業のブランド名を保護し、インターネット上の侵害を追跡するという当初の目標に加え、MarkMonitorのサービスは2000年までにクライアントがオンライン上の脅威に対応できるようにするため、ドメイン管理分野に拡大しました。   オンラインブランド保護略史 20年前に遡ると、サイバー犯罪やブランド濫用などブランド侵害事例は顕著ではありませんでした。今日と比べ、当時はネットショッピングをする機会が少ないことを考えると、当然のことと言えるでしょう。 企業は企業ブランドの保護に焦点を当てており、MarkMonitorはドメイン名管理に焦点を当て、主に大手銀行を標的とした初期のやや初歩的なフィッシングサイト対応などのサポートを行っていました。 その後、MarkMonitorはICANN認定レジストラになりました。これにより関連ドメイン名を登録することで、クライアントの商標をさらに積極的に保護することができるようになりました。2003年には業界情報提供サービスをおこなうことで、クライアントは業界の変化に遅れずについていくことができるようになりました。   マーケットプレイスへの進出 オンライン市場(マーケットプレイス)が1990年代半ばに一般的になると、模倣品、ブランド偽造とネット詐欺は企業と消費者の両方にとって問題となってきました。 特にメディア企業は、DVD、音楽、書籍の模倣品などブランド悪用の標的となりました。また金融機関にとっては不正防止がますます重要になってきました。さらに広告詐欺が問題になり始め、金融、保険、およびSaaS事業に対するネット詐欺防止の重要性が増しました。 ブランドの悪用に対する消費者の意識は徐々に高まっています。企業はオンライン上の脅威に対応するため、包括的に管理された積極的なブランド保護サービスを取り入れる必要性を認識しています。   ウェブサイト侵害対策の普及 MarkMonitorは、ドメインスコアリングと独自のクライアント要件を活用して、クライアントがドメインポートフォリオの規模を適切に決定できるように支援します。 各ドメインが評価されることで、登録失効のための(低価値)候補および回復および/または登録のための(高価値)ドメイン名が識別され、クライアントのリスク許容度のフィルターを通して最適化の洞察が得られます。クライアントのビジネスの必要性とクライアントのドメインポートフォリオの調整をもたらす重要な決定をするのをサポートします。   ブランドの確立サポート MarkMonitorはクライアントの電子メールのフィッシング対策を支援するため、ネット詐欺防止サービスと並行して、2004年にネット詐欺防止セキュリティオペレーションセンターを開設しました。 さらに、集中的なブランド管理に対するニーズの高まりを認識して、MarkMonitorはドメイン名管理からブランド保護を独自のサービスとして分離しました。 グローバル規模のオークションサイトが拡大するにつれて、消費者はこれまで以上にオンライン上のリスクからの保護を求めるようになりました。オークションの監視は、詐欺サイトや侵害サイトを排除することで大きな成功を収め、特に消費者をオンラインで保護することを目的としたサービスの増加につながりました。 技術の進歩はMarkMonitorのサービス向上に不可欠でした。例えばAPIを使用して、ブランド所有者に模倣品や権利侵害に関するリアルタイムの情報を提供することで、常に最新の状況を把握できるようになりました。これによりオンライン上で大切な顧客をより適切に保護できるようになりました。   新しい脅威を理解する 今日、ブランドに対するオンライン上の脅威は増え続けています。違法コピー、模倣品、より広範なブランドの濫用、さらにはサイバー脅威も含まれます。 これによりブランド保護戦略も進化しました。消費者、評判、収益を安全に保護しながら、リスクに対処、軽減するためのアプローチが変わりました。 新しい脅威への対応は現在進行中の試みであり、ネット犯罪者がますますマーケティングに精通してきているため、購入者が真贋を判定することがはるかに困難になっています。 企業が自社のビジネスに対する幅広い脅威に確実に対応することで、顧客はブランドを信頼します。MarkMonitorは、gTLD時代のドメインセキュリティと管理から、ネット上の不正と闘うための消費者重視のアプローチの提供に至るまで、市場が拡大するにつれて変わっていくニーズに適応するためにサービスを対応させてきました。 ビデオコンテンツの違法ライブストリーミングも、デジタル著作権侵害の最も急成長している分野の一つです。視聴者は知名度の高いイベントをライブで見ることを好み、海賊版のストリームに標的にされることに対してあまり意識していません。MarkMonitorは、これらの違法なストリームをリアルタイムで遮断することで、視聴者と権利者の両方を保護します。   将来のニーズを予測する 今後20年間を予測するのは難しいですが、オンライン上のブランド保護の課題は複雑さを増し続けることでしょう。 企業は企業ブランドと顧客を保護する必要があり、また消費者はオンライン上の潜在的な脅威を警戒し、認識する必要があります。 オンライン上の脅威が多様化し、バーチャルリアリティ、人工知能、仮想通貨、ブロックチェーン、IoTなどの新しいテクノロジーやトレンドがより一般的になるにつれて、特に重要になります。 MarkMonitorは企業がオンライン上の脅威に先んじて対応できるようサポートしています。 現在と将来において、オンラインブランド保護を強化するために、最新の技術開発を利用しながら、サービスを進化させていきます。 ドメインとブランドの保護に関する最新の情報は、オンラインブランド保護のライフサイクルレポートをご覧ください。   MarkMonitorのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら