カテゴリーなし

世界の科学研究と特許動向を分析した『2015年 技術革新リポート』を発表。

世界の科学研究と特許動向を分析した『2015年 技術革新リポート』を発表。オープンイノベーションに牽引され、世界の技術革新は新たなステージへ ~ 「オープンイノベーション」や「Internet of Things(IoT)」に牽引され、技術革新が加速 ~   2015年9月4日(日本時間) 米国バージニア州アレクサンドリア発 *米国時間2015年5月26日に発表されたプレスリリースです。   世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、『2015年 技術革新リポート~主要12技術分野における技術革新の動向』を発表しました。本リポートは、トムソン・ロイターの分類による12の主要な技術分野において、企業の特許活動から世界の技術革新の動向を調査・分析し、技術分野ごとにアジア、欧州、北米の各地域の特許出願人上位5社のランキングを示したものです。更に、学術論文、引用数を分析し、最も活動的及び影響力のある科学研究機関を示しています。 本リポートの分析では、2014年における世界の技術革新は、前年比の成長率は低下しているものの、特許件数においては過去最高であることが示されています。日本企業は、自動車、化粧品・健康用品、食品・タバコ・発酵飲料、家電、情報技術、医療機器、半導体の7分野における世界上位5位にランクインしました。特に自動車及び医療機器分野では5社中3社を日本企業が占めるなど、高い技術力を示しています。 また技術革新史上において、最も変革的な時期であることが伺えます。本リポートに名を連ねる企業・機関は、新たな事業分野の開拓という課題を明確に意識しており、より短期でより良い結果に結びつけるため、オープンイノベーションをはじめとした知的財産戦略と積極的な新規事業への拡張を元に確実な進化を遂げています。     【2015年 技術革新リポートの調査方法】   使用データベース: トムソン・ロイター独自の手法で編集・強化された特許情報であり、50年間以上に渡り、世界で最も信頼されている特許情報のDerwent World Patents Index®(DWPISM) 、アート、人文、科学、社会科学などの分野を網羅した世界最大の科学引用データベースであり、研究発見や分の究極の判断基準のWeb of Science™、また世界有数の財務分析、トレーディング及び投資のプラットフォームで、ユニークな洞察や情報、ニュースを提供するThomson Reuters Eikon を使用しています。   調査期間と調査対象: 2014年の1年間、またはリポートに示された該当期間に取得された登録特許および公開特許データ(審査済み、未審査の両方を含む)を集計し、技術革新の動向を分析しています。 本リポートは、Derwent World Patents Index®(DWPISM) におけるファミリー(発明)を単位として分析を行っています。   分析分野: トムソン・ロイターの分類による主要な12の技術分野: 航空宇宙・防衛、自動車、バイオテクノロジー、化粧品・健康用品、食品・タバコ・発酵飲料、家電、情報技術、医療機器、石油・ガス、製薬、半導体、電気通信。 本リポートによる主な所見は以下の通りです: 前年比成長率にみる技術革新は減速: 主要12技術分野における全世界の特許数はわずか3%の増加。これは、世界的な経済低迷が2009年に終息して以来、最も低い増加率となります。また、同分野における新たな科学研究の総件数は34%減少しました。特許および科学研究の件数が最も減少したのは半導体分野でした。 全体的な特許件数は過去最高: 前年比成長率における技術革新が減速している一方で、2014年に公開された世界の発明件数は、210万件以上と過去最高でした。12技術分野のうち最も件数が多い技術分野は、情報技術(380,325 件)、電気通信(161,739 件)でした。また、最も成長がみられた技術分野は、食品・タバコ・発酵飲料(21%)、製薬(12%)、化粧品・健康用品(8%)、バイオテクノロジー(7%)でした。 オープンイノベーションの加速: あらゆる産業において「オープンイノベーション」が進んでいます。学術機関、個々の研究者、他の企業(場合により競合企業)との協業が、より現実的なものとなってきています。例として、サムスンの半導体技術の開発には、10,000件につき129.1件の特許が学術機関との共同研究によるものであり、積極的な学術機関との協業体制が伺えます。 異業種への参入: 「Internet of Things(IoT)」に牽引され、従来の業種分類や企業の専門分野の垣根が無くなりつつあります。例として、アップル、デュポン、ジェネラル・エレクトリック、IBM、サムスンは、各社の中核となる専門分野以外の複数の技術分野にて、上位出願人として名を連ねています。特にサムスンは、12技術分野のうち9つの分野で上位25位にランクインしています。   【Derwent World Patents Index(DWPI)とは】 […]

1兆ドルを超えた医薬品市場売上高

1兆ドルを超えた医薬品市場売上高 ~ 最新の調査結果による、世界の医薬品売上高予測は、2014年にすでに1兆ドルを超え、2018年までに1.3兆ドルに達する見込み ~   2015年8月18日(日本時間) 米国ペンシルバニア州フィラデルフィア発 *米国時間2015年8月4日に発表されたプレスリリースです。   グローバルな情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、バイオ医薬品業界における世界のR&Dの動向を示す代表的な情報ソースとして、2015年版製薬R&Dファクトブックの発売を発表しました。R&Dへの投資の低下が懸念されていますが、この分析は、全世界売上高が2014年に急上昇して1兆ドルの節目を達成したことを示し、2018年までに1.3兆ドルに達すると予想しています。また、新規分子化合物(NME)の分野が活性化していることが明確になり、2014年の上市はこの10年間で最高の46件にのぼっています。 本調査結果は売上高とNME上市件数の増加傾向および、R&Dパイプラインの規模と以下に挙げる結果にも表る治療分野における展開を通して業界の前向きな将来性を強調しています。 NMEの多様化による上市数の増加:2014年の上市の3分の1が抗がん剤を中心とする希少適応症を対象とするものです。65パーセント以上ががん、C型肝炎ウイルス、HIV治療の専門薬でした。 抗がん剤の大きな比重:全疾患領域で引き続き抗がん剤開発が最大の投資を集めています。最近の上市の多くが規制当局からオーファンドラッグの指定を受けました。 開発見極めの早期化および低コスト化:開発初期段階での今後の開発に関する意思決定能力の改善により、第3相のパイプラインの規模が安定して拡大し、成功の可能性が高い化合物の開発が加速しています。 2003年以来、弊社は世界の主要製薬会社と共同で製薬R&Dファクトブックの編纂を継続しております。これによってR&Dの生産性を評価するとともに、R&Dの計画と有効性を強化する業界動向に関する洞察を提供してまいりました。 ファクトブックの基本となる情報は、R&Dパイプラインの規模、成功率、サイクル時間、地域比較、治療分野、ジェネリック医薬品など、業界全体に関する主要動向を対象とする弊社独自の一次情報、競合他社情報、一般公開情報です。 「今年は医薬品業界にとり素晴らしい年です」と、トムソン・ロイターIP & ScienceのBasil Moftah社長は述べています。「ファクトブックが提供する重要な洞察は、消極的な見方を覆すだけでなく、業界にとり最大の難問と取り組むために、今後も革新的解決策を創造し従事し続けるという医薬品業界の強い決意を実証しています。」   トムソン・ロイターについて トムソン・ロイターは企業と専門家のために「インテリジェント情報」を提供する企業グループです。業界の専門知識に革新的テクノロジーを結びつけ、世界で最も信頼の置かれている報道部門をもち、ファイナンシャル・リスク、法律、税務・会計、知財・医薬・学術情報、メディア市場の主要な意思決定機関に重要情報を提供しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報はhttp://thomsonreuters.com をご覧ください。   クラリベイト・アナリティクスについて クラリベイト・アナリティクスは、イノベーションを加速できる知見や分析を提供するグローバルリーダーです。過去150年にわたる事業継続を通して、Web of Science™、Cortellis™、Derwent™、 CompuMark™、 MarkMonitor®、Techstreet™など信頼のある製品ブランドを築いてきました。これらの製品は科学と学術研究、特許調査と工業規格、商標およびドメイン名管理、ブランド保護、製薬およびバイオテクノロジーなどの分野で今日のイノベーションの様々なライフサイクルをサポートしています。クラリベイト・アナリティクスは起業家精神に基づく新しい独立した会社となり、お客様のアイディアがより速く革新的なイノベーションとなるようにソリューションを提供してまいります。 詳しくはClarivate.jpをご覧ください。     本件問合せ先 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 ライフサイエンス事業部 担当 TEL: 03-4589-3103 E-mail : marketing.jp@clarivate.com

トムソン・ロイター、過去5年に渡る“研究者による機関評価”の結果を発表

トムソン・ロイター、過去5年に渡る“研究者による機関評価”の結果を発表 ~ 過去の調査結果から、大学の評価を構成する要素と傾向を分析 ~   2015年7月31日(日本時間) 米国フィラデルフィア発 *米国時間2015年5月12日に発表されたプレスリリースの抄訳です。   世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、世界中の高等教育機関の評価のための2015年度 “Academic Reputation Survey”(研究者による機関評価)の実施と共に、過去5年(2010年から2014年)の結果をまとめた“Exploring Scholarly Trends and Shifts Impacting the Academic Reputation of the World’s Leading Universities.”を発表しました。本リポートでは、過去5年間の世界の大学への評価の変遷を俯瞰的にまとめており、世界の研究動向が大学に及ぼす影響を明らかにしています。 本調査はトムソン・ロイターが毎年行う大規模な調査で、今年が6回目の実施となります。過去5回の調査では世界6,500大学から65,000人の回答を得ており、“Exploring Scholarly Trends and Shifts Impacting the Academic Reputation of the World’s Leading Universities”ではこの回答をもとに105の研究分野において分析を行っています。 本リポートでは、地域ごとの差が顕著に表れた他、特定の大学の強みとして一般的に高い評価を得ている分野が、必ずしも実際の論文発表数と合致していない例も見て取れます。分野によって違いはあるものの、芸術・人文、臨床・前臨床・健康、生命科学、自然科学、エンジニアリング・テクノロジー、社会科学の6つの主要分野において、高い研究成果を上げていると認識されているのは、特に有名な少数の大学に集中しているという傾向が見られました。例えばマサチューセッツ工科大学には医学部がないにも関わらず、臨床・前臨床・健康分野も含めて自然科学分野全体で高く評価をされていることがわかりました。 その他の主な知見は以下のとおりです。 ハーバード大学は過去5年間を通じ、全ての研究分野をけん引しています。 ニューヨーク大学とキングス・カレッジ・ロンドンに対する評価は、この5年間で大幅に向上しています。 総合大学は単科大学に比べて、一般的に高い評価を得る傾向が見受けられます。 グローバルとそれぞれの地域において、評価の高い大学に違いがあることが明らかになりました。 例外はあるものの、一般的に大学の強みとして認識されている分野では実際の論文数も多いことがわかります。 トムソン・ロイターの“Academic Reputation Survey”(研究者による機関評価)は、この種の調査としては最大のもので、世界中の学識経験者や研究者からの回答を得ることで、教育・研究面から見た高等教育機関の全容をできるだけ正確に俯瞰する目的で実施されています。言語の違いや翻訳による偏りを調整するため、質問はアラビア語、ブラジルポルトガル語、イベリアポルトガル語、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、簡体中国語、スペイン語の9言語で行われています。 本調査の実施は6年目を迎えましたが、今後も機関評価の動向を継続的に俯瞰していくため、調査の継続が予定されています。本調査のように全世界規模で実施され、教育・研究の現場からの声を反映した客観的な調査は非常に意義深いものであり、また、研究者にとってもそれぞれの研究分野で高い評価を得ている機関に改めて注目する機会となっていると考えられます。 本調査の回答は、研究者からのフィードバック、研究アウトプット、引用パターン、資金調達レベルなどの情報と共にトムソン・ロイターのInCitesの主要データとして収録されます。研究分析プラットフォームInCitesのデータは、世界中の学術機関や政府機関でエビデンスデータ分析やベンチマーキングに利用されている他、上海交通大学の世界大学学術ランキングや、U.S. News & World […]

トムソン・ロイター、バイオ医薬品のトップディールを表彰

トムソン・ロイター、バイオ医薬品のトップディールを表彰 ~アライセンス年間ブレークスルー・ディール賞をM&A部門でジェネンテクとセラゴン、ライセンシング部門でリジェネロンとアバランチが受賞~ 2015年6月30日(日本時間) 米国ペンシルバニア州フィラデルフィア発 *米国時間2015年6月3日に発表されたプレスリリースです。 世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、ジェネンテク(Genentech) とセラゴン(Seragon)およびリジェネロン(Regeneron)とアバランチ(Avalanche)に対し、アライセンス2015年ブレークスルー・ディール賞(Allicense 2015 Breakthrough Award for Deal of the Year)を授与しました。 アライセンス(http://www.allicense.com/)は、業界全体に共通する課題について話し合い、医薬品開発の未来につながる道の開拓に向けて連携するために、医薬品・バイオテクノロジー・金融の全領域にまたがり、事業開発、ライセンシング、M&Aの関係者を結びつける場として、毎年、サンフランシスコで開催される有名なイベントです。 M&A部門では、ジェネンテク(買主)とセラゴン(売主)が、乳がん治療領域の7億2500万ドルのM&Aにより、アライセンス2015年M&Aブレークスルー・ディール賞を受賞しました。 「アライセンス2015年M&Aブレークスルー・ディール賞の受賞を光栄に思います」と、ジェネンテクのシニアヴァイスプレジデント兼グローバルヘッド、ジェイムズ・サブリー氏(James Sabry)はコメントしています。「ジェネンテクは常に、会社に変革をもたらすタイプのディールを探しており、今回のセラゴンとのパートナーシップも、腫瘍領域における次世代の治療法を前進させるという弊社の決意を強く印象づけるものです。このディールがいつの日か、ホルモン受容体陽性乳がん患者の新しい標準治療法を確立していくものと期待しています」 セラゴンの最高経営責任者、リチャード・ヘイマン氏(Richard Heyman)は、「弊社とジェネンテクのパートナーシップを認めてくれた今回の受賞を光栄に思います。セラゴンのエストロゲン依存性がんを標的とする新しい治療法の開発における初期の成功を今後さらに加速することができ、ジェネンテク がもたらす強力なコミットメントと深い専門知識は、腫瘍領域における最新治療法の進歩、特に乳がんの新薬開発において大きな力になります。このことが患者さんに対してポジティブな影響を与え、これらの革新的な治療法の開発を前進させることは間違いありません」と語っています。 ライセンシング部門では、リジェネロン(ライセンシー)とアバランチ(ライセンサー)が、眼疾患に対する遺伝子治療におけるパートナーシップにより、アライセンス2015年ライセンシング・ブレークスルー・ディール賞を受賞しました。 「眼疾患における遺伝子治療の発見と開発に向けたリジェネロンとアバランチのパートナーシップに対し、両社が共に表彰されたことをうれしく思います」と、リジェネロンの戦略担当シニアヴァイスプレジデント、マイケル・エイバーマン氏(Michael Aberman)はコメントしています。「科学を軸とするバイオテクノロジー企業として、深刻な疾患で苦しんでいる患者さんに新たな希望をもたらす可能性のある革新的なアプローチへの投資に力を入れています」 「眼科領域をリードするリジェネロンとのパートナーシップを誇りとすると同時に、両社の革新的パートナーシップに対してこの賞が授与されたことを光栄に思います」と、アバランチのビジネスオペレーションズ担当シニアヴァイスプレジデント、ハンス・P・ハル氏(Hans P. Hull)は語ります。「両社のパートナーシップは、画期的な治療法の開発と、患者さんにとり最も有効な治療の提供という、素晴らしい相乗効果を意味します。また、このことは現時点で治療が行き届かない、あるいは治療不能な眼疾患に対する次世代の遺伝子治療の開発につながると確信しています」 トムソン・ロイターのアナリストは、Thomson Reuters Recap-バイオ医薬品業界のビジネスディールを収録した分析ツールを使い、2014年に交渉が行われた何百件ものディールをレビューし、Cortellis Competitive Intelligenceのデータで裏付けを取り、両方の表彰部門でそれぞれ5件のトップディール候補を選びました。その後、トップディール候補に対してバイオ医薬品業界関係者による投票が行われ、2014年に実施された最も影響力のあるディールが決定されました。 「革新的なディールの内容とパートナーシップ関係を構築したアプローチに対し、ジェネンテク、セラゴン、リジェネロン、アバランチにアライセンス2015年ブレークスルー・ディール賞を授与すると共に、すべての候補企業を賞賛できたことを、たいへんうれしく思います。これらの企業は医薬品業界のさらなる発展の牽引役となることでしょう」と、トムソン・ロイターのライフサイエンス部門ヴァイスプレジデント、エリック・ワルカコフスキー(Eric Walczykowski)は語ります。「このイベントにおける有意義な討論が、業界における今後の多数の発展的なディール成立の助けになると自信を持っています。アライセンス2016で我々がどのような景色を見ているのか楽しみです」 情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters) 2015年6月3日 英文プレスリリースはこちら トムソン・ロイターについて トムソン・ロイターは企業と専門家のために「インテリジェント情報」を提供する企業グループです。業界の専門知識に革新的テクノロジーを結びつけ、世界で最も信頼の置かれている報道部門をもち、ファイナンシャル・リスク、法律、税務・会計、知財・医薬・学術情報、メディア市場の主要な意思決定機関に重要情報を提供しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報はhttp://thomsonreuters.com をご覧ください。 クラリベイト・アナリティクスについて クラリベイト・アナリティクスは、イノベーションを加速できる知見や分析を提供するグローバルリーダーです。過去150年にわたる事業継続を通して、Web of Science™、Cortellis™、Derwent™、 CompuMark™、 MarkMonitor®、Techstreet™など信頼のある製品ブランドを築いてきました。これらの製品は科学と学術研究、特許調査と工業規格、商標およびドメイン名管理、ブランド保護、製薬およびバイオテクノロジーなどの分野で今日のイノベーションの様々なライフサイクルをサポートしています。クラリベイト・アナリティクスは起業家精神に基づく新しい独立した会社となり、お客様のアイディアがより速く革新的なイノベーションとなるようにソリューションを提供してまいります。 詳しくはClarivate.jpをご覧ください。 本件問合せ先 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 ライフサイエンス事業部 担当 TEL: 03-4589-3103 […]

トムソン・ロイター、年間トップファーマディールの候補を発表

トムソン・ロイター、年間トップファーマディールの候補を発表 ~医薬品業界、バイオ医薬品のライセンシングおよびM&A部門のトップディールメーカーを選出~   2015年3月27日(日本時間) 米国ペンシルバニア州フィラデルフィア発 *米国時間2015年3月10日に発表されたプレスリリースです。   世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、ALLICENSE 2015ブレークスルー・ディール賞の候補を発表しました。 同賞は、バイオ医薬品のライセンシングとM&Aのそれぞれの部門において、2014年のトップディールを表彰するもので、バイオ医薬品分野の事業開発・ライセンシング向けソリューションであるThomson Reuters Recapに収録されている情報を用いて選出されます。 受賞者の最終決定は、公開投票で行い、5月5日(火)に開催するALLICENSE 2015の会場で表彰式が行われます。ALLICENSEとは、医薬品、バイオテクノロジー、金融の各分野から、事業開発やライセンシング、M&Aの専門家が一堂に会し、業界全体が直面する課題について議論するとともに、将来の医薬開発へ向けて協力してロードマップを作成する重要なイベントです。 ALLICENSE 2015に関してhttp://www.allicense.com/よりご確認ください。 候補に名を連ねているのは、ライセンシングとM&Aの2部門の各5件で、Recapの情報やその他の基準に基づき、トムソン・ロイターのディールアナリストが、2014年中に実施された数多くのディールを徹底分析の上、選定しました。 各部門のトップ・ブレークスルー・ディールの投票期限は5月5日(火)午後6時(太平洋標準時)となっておりますので、バイオ医薬品業界関係者の皆様の投票をお待ちしています。候補の詳細、投票方法については、以下のリンクからご確認いただけます。   【候補一覧】 ライセンシング部門 ライセンシングとライセンサー 案件 アッヴィ(AbbVie)とカリコ(Calico) 神経変性やがんをはじめとする加齢に伴う疾患の治療法 リジェネロン(Regeneron )とアバランチ(Avalanche) 眼科疾患の遺伝子治療 武田薬品工業とマクロジェニックス(Macro-Genics) 自己免疫疾患に関連するCD32BとCD79B を標的とするタンパク質 ファイザー(Pfizer)と スパーク(Spark) 血友病Bの遺伝子治療 サノフィ(Sanofi)とマイオカーディア(MyoKardia) 遺伝性心疾患(肥大型心筋症および拡張型心筋症)の治療   M&A部門 買主 売主 アクタビス(Actavis) アラガン(Allergan) ヤンセン(Janssen) アリオス(Alios) ロシュ(Roche)/ジェネンテク(Genentech) セラゴン(Seragon) テバ(Teva) ラビリス(Labrys) アコルダ(Accorda) シビタス(Civitas)   「アライセンス2015年ブレークスルー・ディール賞の候補を発表し、当業界発展に貢献してきた同賞候補ディールメーカーの栄誉を讃えられることを光栄に思います。もっとも果敢で革新的な2014年ディールの選定に、バイオ医薬品業界の皆さま一人ひとりの参加を歓迎します。」と、トムソン・ロイターのライフサイエンスのヴァイスプレジデントであるエリック・ワルカコフスキー(Eric Walczykowski)はコメントしています。 アライセンスは、5月5日(火)、6日(水)の2日間、サンフランシスコで開催されます。この重要な業界イベントの詳細、参加登録方法、候補の詳細については、http://www.allicense.com/をご覧下さい。 トムソン・ロイターの […]