カテゴリーなし

特許データから見る、インドのイノベーションの現在

  特許データから見る、インドのイノベーションの現在   2020年4月 グローバル企業の特許戦略上、重要なマーケットであるインドは、インド国内の組織・企業によって、イノベーションのトレンドに変化が起きています。 このたび、クラリベイトでは、インドでのイノベーションの現状に関するレポートを作成しました。レポートでは、Derwent Innovation™を用い、現地で出願された特許データを調査しています。 ダウンロードはこちら   全特許公報に対するインド優先の公報の割合は増加(2014年の23%から2018年の34%へ)し、年平均増加率(CAGR)は16%(2014年~2018年)に達しています。 インド優先特許の増加は、この国でイノベーティブなアイデアが増えており、インド国内の組織・企業などで特許権の意識が向上していることも示唆しています。   表 1. インド特許件数推移 (2014~2018年) 出典: Derwent Innovation. 近年のスマートフォンに関連するテクノロジーとその用途の急増により、通信分野が31%と最速で成長しています。これに続き、インド産業の重要な柱を形成し、経済に大きく貢献するコンピューティングと自動車と航空が続きます。機器・検査装置の年間成長率は堅実に推移しています。これは、エンジニアリング業界での検査・測定やヘルスケア分野での診断テストの重要性が高まっていることを示しています。   図2. 各技術分野における、インド優先特許件数の成長率 (2014~2018年) 出典: Derwent Innovation. 各技術分野の詳しい調査結果や、出願人について、レポート本文で詳細に解説しております。「The India Innovation Report」をダウンロードして、ご参照ください。(本文は英語になります。日本語によるレポート概要も同時に提供いたします。)  ダウンロードはこちら —————————————————————————————————————– -本件問い合わせ先- クラリベイト E-mail : Marketing.jp@clarivate.com

請求書の発行に関して

  感染症拡散防止対応に伴い、請求書は電子データにてお送りさせていただきます   2020年4月14日 弊社では、新型コロナウイルスの感染拡大が報道される中、2月初旬よりテレワークや時差出勤を推奨し、従業員とその家族の安全、取引先各所皆様の安全に配慮し対策を講じてまいりました。 東京都の外出自粛要請の発信を受け、弊社でも4月1日から全従業員を原則としてテレワークでの業務対応としておりましたが、この度の緊急事態宣言に伴い、当面この対応を継続いたします。 さて、これまでお客様への請求書は、紙の印刷物を送付しておりますが、この対応が難しい状況となってしまいました。 暫定的な対応といたしまして、特許関連(Derwent)、学術関連(Web of Science)、製薬業界関連(Cortellis等ライフサイエンスブランド群)の製品とサービスについて、請求書のpdfファイルをemailに添付してお送りさせていただくこととなりましたのでお知らせ申し上げます。     ※ お送りするpdfファイル形式の請求書が、弊社として発行する正式な請求書となります。別途紙の請求書を郵送することはございません。 ※ 予定されている日に請求書が届かない等、何か問題及びご不明点があれば、担当営業または下記の問い合わせ先まで、ご遠慮なくご連絡ください。     以上 —————————————————————————————————————–   -本件問い合わせ先- クラリベイト・ジャパン E-mail : RCS-Operation@clarivate.com

広い視点で見る:Darts-ipのグローバル知財判例データの入手が可能となりました。

商標や商標権者に関する審判決データを分析することにより、商標に関する意思決定やブランドリスク管理に役立つ価値ある知見が得られます。 このような知見を、Darts-ipのグローバル判例/訴訟データとCompuMarkTMの調査・保護ソリューションとがシームレスにつながれたことにより、お客様へお届けできるようになりました。   戦略的買収 昨年12月、クラリベイト・アナリティクスが知財判例/訴訟データの収集・分析のグローバルリーダーであるDarts-ipを買収したことで、2つの知財分野のリーダーがそれぞれのコンテンツを補完し合えるようになりました。Darts-ipとCompuMarkTMのデータと分析が統合されることによって、商標権を権利行使する際に重要な知見が入手可能となり、商標のスクリーニング、調査、保護といったあらゆるプロセスにおいて、より多くの情報に基づく戦略的な決定を下すことが可能になりました。   審査から係争まで 商標の審査・審判・訴訟の情報、権利化および訴訟に関する知見、ならびに、注目する商標のコモンローおよび大陸法のデータ、を単一のシームレスなワークフローで分析できるようになりました。また、第三者の権利行使の積極性の評価や、抵触リスクの評価、競合相手に関する知見を得ることもできます。これらは全て、SERION®のAnalysis Toolでクリックするだけで実行することができます。商標と判例の両調査を組み合わせ、ぜひ時間と労力の効率化にお役立てください。   信頼できるグローバルデータ Darts-ipは最も充実しかつ検索可能な知財判例データを揃えています。140か国を超える国の3,500か所を超える裁判所/特許庁からの330万件を超える商標判例に加え、ドメインネームや著作権の判例もカバーしています。1,300以上の欧州の法律事務所が重要な決定においてDarts-ipのデータを利用しています。これからは、日本のお客様にも同じように利用していただくことができます。   更なる統合 これは、Darts-ipコンテンツとの統合の最初のステップにすぎません。 CompuMarkのワークフロー内でさらに優れた知見を提供するために、引き続き高付加価値の機能を開発しています。     CompuMarkのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら —————————————————————————————————————– 本製品へのお問い合わせは下記までお願いいたします。 -お問い合わせ先- クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 CompuMark Tel : 03(4589)2300 Mail  

日経CNBC 『朝エクスプレス』に出演しました。― Derwent Top 100グローバル・イノベーター 2020―

日経CNBC 『朝エクスプレス』に出演しました。― Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020―   2020年3月25日(水)に、弊社IPソリューションズ日本部門代表小島 崇嗣が、日経CNBC 『朝エクスプレス』番組内、「マーケット・レーダー」のコーナーに出演しました。 「日本企業の知財戦略 強みと課題」というタイトルのもと、「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020」について解説をしました。   日経CNBC 『朝エクスプレス』 https://channel.nikkei.co.jp/m/watch/vod/?topfol=archive&topfile=202003250819 「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020」 https://clarivate.jp/top100/2020

【新gTLD】ドメイン名優先登録受付情報(2020/03/23)

【新gTLD】「.dealer」最新情報   新gTLDのサンライズ(優先登録申請)受付情報を下記にご案内いたします。 ※登録申請受付期間は異なる場合がありますので、登録をご希望の場合は、お早目にお問い合わせください。   《サンライズ登録対象TLD》 № TLD サンライズ 申請期間 ランドラッシュ 申請期間 一般登録 申請期間 プロバイダ ブロッキング 有無 1 .gay 2020/02/10 | 2020/03/27 2020/04/06 | 2020/05/01 2020/05/20 CentralNic なし 2 .dealer 2020/03/25 | 2020/06/17 - 2020/06/24 Uniregistry – INC なし   《ランドラッシュ登録対象TLD》 № TLD サンライズ 申請期間 ランドラッシュ 申請期間 一般登録 申請期間 プロバイダ ブロッキング 有無 1 .new 2019/10/15 […]

Apple社のブラウザ「Safari」のSSLサーバ証明書適用についてのご案内

Apple社のブラウザ「Safari」のSSLサーバ証明書適用について   この度Apple社は、自社で提供しているブラウザ「Safari」に関して、これまで有効期間の上限が設けられていなかったSSLサーバ証明書について、2020年9月1日より有効期間が13ヶ月未満の証明書のみが適用となる旨の発表を行いました。 これは、Webサイトの安全性を高めるために、業界全体で提唱されているSSLサーバ証明書のライフサイクルの短縮化の流れと一致するもので、そのほかのブラウザについても、今後適用される証明書の有効期間の上限が定められる可能性があります。   2020年9月1日より以前にインストールされた証明書は引き続き「Safari」でも有効となりますが、今後新規で発行するSSLサーバ証明書については、有効期限が1年間のものを購入されることを推奨いたします。   弊社では2019年7月よりSSLサーバ証明書の取り扱いを開始しております。 弊社のSSLサーバ証明書サービスをご利用いただくと、ドメイン名と同じ管理システムで効率的に管理いただくことが可能となります。 サービスの詳細内容につきましてはお気軽にお問い合わせください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ

ブルガリアドメイン名「.bg」の登録ルール変更のご案内

ブルガリアドメイン名「.bg」の登録ルール変更について   ブルガリアドメイン名「.bg」は「EU加盟国に所在する企業名義での登録が必要」というルールがございましたが、この度ルールが変更され、登録者情報に関する制限がなくなりました。   これまでは、登録に必要なEU加盟国に所在する企業情報を保有していない場合、弊社の代理登録サービス(有料)を利用いただく必要がございましたが、上記ルール変更により、代理登録サービスを利用することなく日本企業名義で登録を行うことが可能になりました。   登録ルールの制限緩和によりご登録いただきやすくなったため、この機会にブルガリアドメイン名「.bg」の登録を是非ご検討ください。   登録ルール :制限なし        ※登録申請時に公証・アポスティーユを取得した書類の提出が必要となります。   使用可能文字:ASCII文字(a~z)・数字(0~9)・ハイフン(-)・ブルガリア語   ※現在代理登録サービスを利用してブルガリアドメイン名「.bg」をご登録の場合、お客様名義に変更いただくことが可能となっております。対象のお客様には別途ご案内をお送りいたしますので、ご確認ください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ

CompuMark がWorld Trademark Review1000で商標サービスプロバイダーとして2019年に続き2度目の選出

CompuMark がWorld Trademark Review1000で商標サービスプロバイダーとして2019年に続き2度目の選出   2020年2月18日   CompuMarkは商標に特化した世界的情報プロバイダーWorld Trademark Reviewが実施したWTR1000 で商標サービスプロバイダーとして2019年に引き続き高い評価を受けました。   WTR1000は世界クラスのサービスプロバイダーを探している人たちにとって、信頼のおける情報源としての地位を確立しています。   今回の結果は商標業界の専門家たちへの、徹底した定性調査に基づいています。 今回CompuMarkへ投票いただいた企業及び、弁護士、弁理士の方からのフィードバックを下記へ抜粋いたしました。 ・CompuMarkは大変優れたサービスを内容に見合った価格で提供している ・CompuMarkはフルサーチとウッチングサービスのマーケットリーダーである。調査と保護は実施する内容によって一つ一つが異なるものであることを理解し、経験のあるアナリストと質の良いデータの元、情報を提供している。厳しい時間的制限のある、複雑な海外フルサーチの依頼も、迅速に対応してくれる。また、世の中の状況を見極め、競合にはできない情報提供を継続的に行っている。 ・CompuMarkはテクノロジーを製品にうまく活用している。特にAIについての考えた方はとても進んでいる。   CompuMarkは今回の結果を大変光栄なことだと受け止めております。 今後ともお客様のご期待に沿えるよう一層の努力をしてまいりますので、更なるご愛顧を受け賜わりますようお願い申し上げます。     CompuMarkのソリューションについてはこちら 英語原文はこちら

【新gTLD】ドメイン名優先登録受付情報(2020/02/06)

【新gTLD】「.gay」最新情報   新gTLDのサンライズ(優先登録申請)受付情報を下記にご案内いたします。 ※登録申請受付期間は異なる場合がありますので、登録をご希望の場合は、お早目にお問い合わせください。   《サンライズ登録対象TLD》 № TLD サンライズ 申請期間 ランドラッシュ 申請期間 一般登録 申請期間 プロバイダ ブロッキング 有無 1 .gay 2020/02/10 | 2020/03/27 2020/04/06 | 2020/05/01 2020/05/20 CentralNic なし   《ランドラッシュ登録対象TLD》 № TLD サンライズ 申請期間 ランドラッシュ 申請期間 一般登録 申請期間 プロバイダ ブロッキング 有無 1 .new 2019/10/15 | 2020/01/14 2020/01/14 | 2020/07/14 2020/07/21 Charleston Road Registry Inc. なし […]

「.eu」ドメイン名の登録ルール変更のご案内

「.eu」ドメイン名の登録ルール変更について   「.eu」ドメイン名は「EU加盟国に所在する企業名義での登録が必要」というルールがございますが、2020年1月31日の英国のEU離脱に伴い、「.eu」ドメイン名の登録者情報として英国内の住所を使用することができなくなります。   下記の離脱移行期間の終了日までは、暫定的に英国内の住所を使用することが認められておりますが、弊社管理外で英国内の住所を使用している「.eu」ドメインがないか、今一度ご確認いただくことをおすすめいたします。   離脱移行期間終了日:2020年12月31日   なお、弊社で管理を行っております「.eu」ドメインについては、いずれも英国外の住所になっていることが確認できておりますのでご安心ください。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい   【お問い合わせ・お申し込み先】 MarkMonitor ドメインサービスグループ