Month: September 2015

「トムソン・ロイター引用栄誉賞」(ノーベル賞予測)2015年の受賞者を発表。

「トムソン・ロイター引用栄誉賞」(ノーベル賞予測)2015年の受賞者を発表。日本からは2名を選出 ~ 京都大学大学院 森和俊氏、大阪大学免疫学フロンティア研究センター 坂口志文氏がともに医学・生理学分野で受賞 ~ 2015年9月24日(日本時間) 米国ペンシルバニア州フィラデルフィア発 *米国時間9月24日0時に発表されたプレスリリースの抄訳です。   世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を発表いたしました。本賞は学術論文の引用データの分析により、ノーベル賞クラスと目される研究者を選出し、その卓越した研究業績を讃える目的で発表されています。2002年より毎年9月の発表が恒例化され、14回目となる本年は日本人研究者2名を含む合計18名が受賞しました。 日本からは、医学・生理学分野において2名の選出が発表されました。京都大学大学院理学研究科教授の森和俊氏は、小胞体内の変性タンパク質の検出と修復によるメカニズムの独自発見により、また大阪大学免疫学フロンティア研究センター(WPI-IFReC) 教授/副拠点長、大阪大学特別教授の坂口志文氏は、制御性T細胞と転写因子Foxp3の特性と機能に関する独創的な発見において、それぞれの功績が讃えられ今回の受賞となりました。   <医学・生理学> 京都大学大学院理学研究科 教授 森  和俊(Mori Kazutoshi) 氏   「小胞体内の変性タンパク質の検出と修復によるメカニズムを独自に発見」   ■ 受賞コメント 『基礎研究者にとっての無上の喜びは、刊行された自分の論文がたくさんの研究者や大学院生に読まれ、長きにわたって引用されることですから、トムソン・ロイターより引用栄誉賞をいただくことは格別に嬉しく、また名誉なことであります。今後も、長く多数回引用される良い論文を書いて発表していくことを第一に考えて研究に邁進する所存です。ありがとうございました。』 * * * * * <医学・生理学> 大阪大学免疫学フロンティア研究センター(WPI-IFReC) 教授/副拠点長 大阪大学 特別教授 坂口 志文(Sakaguchi Shimon) 氏   「制御性T細胞と転写因子Foxp3の特性と機能に関する独創的な発見」   ■受賞コメント 『制御性T細胞の研究に携わって35年近くになります。制御性T細胞は、ここ15年、多くの研究者によって研究が活発に進み、今や自己免疫病など免疫疾患の治療、がん免疫の誘導など、ヒトの免疫応答の制御に応用されようとしています。今回のトムソン・ロイター引用栄誉賞受賞で、この研究分野への関心の高さを実感でき、今後の研究の励みにしたいと思います。』     <トムソン・ロイター引用栄誉賞とは> トムソン・ロイター引用栄誉賞は、トムソン・ロイターのデータベースを用いた論文・引用分析において、ノーベル賞クラスと目される研究者を発表するものです。世界トップクラスの研究者の功績を讃え広めることで、科学がより身近なものとして認知されることを目的に、2002年からノーベル賞に先駆けた発表を恒例化しており、本年が第14回目となります。 ノーベル賞の科学系4賞(医学・生理学、物理学、化学、経済学)と同カテゴリで構成されており、これまでに37名が実際にノーベル賞を受賞しています。   <トムソン・ロイター引用栄誉賞の選考基準> トムソン・ロイター引用栄誉賞は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基き、各分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選ばれています。主なノーベル賞の分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最も引用されたトップ200論文)から、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(医学・生理学、物理学、化学、経済学)に振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーと目される候補者を決定します。 本賞は引用分析から「近い将来ノーベル賞を受賞する可能性の高い研究者」を発表することを目的としており、その年のノーベル賞受賞者を予測するものではありません。 <選出に使用するデータベース> 本賞は、世界最高水準の学術文献引用データベース「Web of Science® Core Collection 」 を用いて、医学・生理学、物理学、化学、経済学のノーベル賞4分野において最も影響力があった研究者を分析・発表しています。当社の過去30年以上にわたる分析から、学術論文の被引用数と同分野における研究者間での高評価には、強い相関関係があることが分かっており、論文の引用頻度が高いことは、学術分野における影響度の大きさを示しています。 <過去の日本人受賞者> 過去に本賞を受賞した19名の日本人研究者については以下のサイトをご覧ください(理化学研究所の十倉好紀氏は異なるトピックにより2回受賞)。 2002-2015の日本人受賞者一覧 19名の受賞者のうち、山中伸弥氏は2012年にノーベル医学・生理学賞を、中村修二氏は2014年にノーベル物理学賞をそれぞれ受賞しています。 […]

世界の科学研究と特許動向を分析した『2015年 技術革新リポート』を発表。

世界の科学研究と特許動向を分析した『2015年 技術革新リポート』を発表。オープンイノベーションに牽引され、世界の技術革新は新たなステージへ ~ 「オープンイノベーション」や「Internet of Things(IoT)」に牽引され、技術革新が加速 ~   2015年9月4日(日本時間) 米国バージニア州アレクサンドリア発 *米国時間2015年5月26日に発表されたプレスリリースです。   世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、『2015年 技術革新リポート~主要12技術分野における技術革新の動向』を発表しました。本リポートは、トムソン・ロイターの分類による12の主要な技術分野において、企業の特許活動から世界の技術革新の動向を調査・分析し、技術分野ごとにアジア、欧州、北米の各地域の特許出願人上位5社のランキングを示したものです。更に、学術論文、引用数を分析し、最も活動的及び影響力のある科学研究機関を示しています。 本リポートの分析では、2014年における世界の技術革新は、前年比の成長率は低下しているものの、特許件数においては過去最高であることが示されています。日本企業は、自動車、化粧品・健康用品、食品・タバコ・発酵飲料、家電、情報技術、医療機器、半導体の7分野における世界上位5位にランクインしました。特に自動車及び医療機器分野では5社中3社を日本企業が占めるなど、高い技術力を示しています。 また技術革新史上において、最も変革的な時期であることが伺えます。本リポートに名を連ねる企業・機関は、新たな事業分野の開拓という課題を明確に意識しており、より短期でより良い結果に結びつけるため、オープンイノベーションをはじめとした知的財産戦略と積極的な新規事業への拡張を元に確実な進化を遂げています。     【2015年 技術革新リポートの調査方法】   使用データベース: トムソン・ロイター独自の手法で編集・強化された特許情報であり、50年間以上に渡り、世界で最も信頼されている特許情報のDerwent World Patents Index®(DWPISM) 、アート、人文、科学、社会科学などの分野を網羅した世界最大の科学引用データベースであり、研究発見や分の究極の判断基準のWeb of Science™、また世界有数の財務分析、トレーディング及び投資のプラットフォームで、ユニークな洞察や情報、ニュースを提供するThomson Reuters Eikon を使用しています。   調査期間と調査対象: 2014年の1年間、またはリポートに示された該当期間に取得された登録特許および公開特許データ(審査済み、未審査の両方を含む)を集計し、技術革新の動向を分析しています。 本リポートは、Derwent World Patents Index®(DWPISM) におけるファミリー(発明)を単位として分析を行っています。   分析分野: トムソン・ロイターの分類による主要な12の技術分野: 航空宇宙・防衛、自動車、バイオテクノロジー、化粧品・健康用品、食品・タバコ・発酵飲料、家電、情報技術、医療機器、石油・ガス、製薬、半導体、電気通信。 本リポートによる主な所見は以下の通りです: 前年比成長率にみる技術革新は減速: 主要12技術分野における全世界の特許数はわずか3%の増加。これは、世界的な経済低迷が2009年に終息して以来、最も低い増加率となります。また、同分野における新たな科学研究の総件数は34%減少しました。特許および科学研究の件数が最も減少したのは半導体分野でした。 全体的な特許件数は過去最高: 前年比成長率における技術革新が減速している一方で、2014年に公開された世界の発明件数は、210万件以上と過去最高でした。12技術分野のうち最も件数が多い技術分野は、情報技術(380,325 件)、電気通信(161,739 件)でした。また、最も成長がみられた技術分野は、食品・タバコ・発酵飲料(21%)、製薬(12%)、化粧品・健康用品(8%)、バイオテクノロジー(7%)でした。 オープンイノベーションの加速: あらゆる産業において「オープンイノベーション」が進んでいます。学術機関、個々の研究者、他の企業(場合により競合企業)との協業が、より現実的なものとなってきています。例として、サムスンの半導体技術の開発には、10,000件につき129.1件の特許が学術機関との共同研究によるものであり、積極的な学術機関との協業体制が伺えます。 異業種への参入: 「Internet of Things(IoT)」に牽引され、従来の業種分類や企業の専門分野の垣根が無くなりつつあります。例として、アップル、デュポン、ジェネラル・エレクトリック、IBM、サムスンは、各社の中核となる専門分野以外の複数の技術分野にて、上位出願人として名を連ねています。特にサムスンは、12技術分野のうち9つの分野で上位25位にランクインしています。   【Derwent World Patents Index(DWPI)とは】 […]