Month: March 2015

トムソン・ロイター、年間トップファーマディールの候補を発表

トムソン・ロイター、年間トップファーマディールの候補を発表 ~医薬品業界、バイオ医薬品のライセンシングおよびM&A部門のトップディールメーカーを選出~   2015年3月27日(日本時間) 米国ペンシルバニア州フィラデルフィア発 *米国時間2015年3月10日に発表されたプレスリリースです。   世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、ALLICENSE 2015ブレークスルー・ディール賞の候補を発表しました。 同賞は、バイオ医薬品のライセンシングとM&Aのそれぞれの部門において、2014年のトップディールを表彰するもので、バイオ医薬品分野の事業開発・ライセンシング向けソリューションであるThomson Reuters Recapに収録されている情報を用いて選出されます。 受賞者の最終決定は、公開投票で行い、5月5日(火)に開催するALLICENSE 2015の会場で表彰式が行われます。ALLICENSEとは、医薬品、バイオテクノロジー、金融の各分野から、事業開発やライセンシング、M&Aの専門家が一堂に会し、業界全体が直面する課題について議論するとともに、将来の医薬開発へ向けて協力してロードマップを作成する重要なイベントです。 ALLICENSE 2015に関してhttp://www.allicense.com/よりご確認ください。 候補に名を連ねているのは、ライセンシングとM&Aの2部門の各5件で、Recapの情報やその他の基準に基づき、トムソン・ロイターのディールアナリストが、2014年中に実施された数多くのディールを徹底分析の上、選定しました。 各部門のトップ・ブレークスルー・ディールの投票期限は5月5日(火)午後6時(太平洋標準時)となっておりますので、バイオ医薬品業界関係者の皆様の投票をお待ちしています。候補の詳細、投票方法については、以下のリンクからご確認いただけます。   【候補一覧】 ライセンシング部門 ライセンシングとライセンサー 案件 アッヴィ(AbbVie)とカリコ(Calico) 神経変性やがんをはじめとする加齢に伴う疾患の治療法 リジェネロン(Regeneron )とアバランチ(Avalanche) 眼科疾患の遺伝子治療 武田薬品工業とマクロジェニックス(Macro-Genics) 自己免疫疾患に関連するCD32BとCD79B を標的とするタンパク質 ファイザー(Pfizer)と スパーク(Spark) 血友病Bの遺伝子治療 サノフィ(Sanofi)とマイオカーディア(MyoKardia) 遺伝性心疾患(肥大型心筋症および拡張型心筋症)の治療   M&A部門 買主 売主 アクタビス(Actavis) アラガン(Allergan) ヤンセン(Janssen) アリオス(Alios) ロシュ(Roche)/ジェネンテク(Genentech) セラゴン(Seragon) テバ(Teva) ラビリス(Labrys) アコルダ(Accorda) シビタス(Civitas)   「アライセンス2015年ブレークスルー・ディール賞の候補を発表し、当業界発展に貢献してきた同賞候補ディールメーカーの栄誉を讃えられることを光栄に思います。もっとも果敢で革新的な2014年ディールの選定に、バイオ医薬品業界の皆さま一人ひとりの参加を歓迎します。」と、トムソン・ロイターのライフサイエンスのヴァイスプレジデントであるエリック・ワルカコフスキー(Eric Walczykowski)はコメントしています。 アライセンスは、5月5日(火)、6日(水)の2日間、サンフランシスコで開催されます。この重要な業界イベントの詳細、参加登録方法、候補の詳細については、http://www.allicense.com/をご覧下さい。 トムソン・ロイターの […]